キャッチライン、キャッチエリアと呼ぶことに。

ここ最近のレンジの狭さはトレードしにくいです。
無理せず、トレードしているため、ここ最近は1桁~ぎりぎり2桁pipsの微益です。
プラスで終われれば良いと思っているので利益の多少は気にしてません。
そこを気にしてしまうと焦ったり、メンタル的に平静ではいられなくなる。
それはつまり、マイペースでのトレードができない、ポジポジ病になるという負の連鎖に迷い込んでしまうので。

さて、私のルールのメインである3本の移動平均線(15分足21EMA[黄]、MTF1H5EMA[赤]/5SMA[白])について、今後は「キャッチライン」「キャッチエリア」と呼ぶことにしました。
MTFの移動平均線を「げじげじ君」と呼んでた人がいたので、そのまま使ったりしてましたが、3本のラインをまとめて説明するときに簡単にと思い、命名しました。(笑)
ということで、今後、ブログの中でキャッチライン、キャッチエリアと書かれているのは、この3本のことだと思って読んでください。
20171018_01.gif

catch_area02.gif
(塗りつぶされている部分は見やすくするために塗りつぶしています。実際には塗りつぶしはありません)

3本をまとめてキャッチライン、3本の順番に関係なくその範囲内をキャッチエリアと呼ぶことに。
キャッチラインは私の命綱。トレンド方向とエントリーのタイミングを見るのに最も重要視しているライン。
キャッチエリアは、押し目、戻りの目安にするというエリアです。エリア内、あるいはエリアから跳ね返ったと確認できたあと(その場合、エリア内からはずれることもある)エントリーする、というようなことを目安にする範囲です。

ADXシグナルとの組み合わせでエントリーする場合、キャッチエリア外でエントリーすることがほとんどですが、できるだけキャッチエリアから離れすぎていない状態でエントリーのタイミングを判断してます。
関連記事
タグ: #テクニカル #インジケーター #移動平均線 #押し目/戻り
プロフィール

fxdetaku3

Author:fxdetaku3
管理画面

タクと申します。
常に淡々とトレードするほうが楽チン♪
普段取引している通貨ペアはユーロ円、ユーロドル、オージー円、オージードルの4通貨でデイトレ、FX専業です。
ファンダは苦手。システマチックにテクニカル重視の順張り。
とにかく、FXを楽しみましょう!




メールフォームはこちらをクリック。

メールはgmail.comのドメインを受信できるようにお願いいたします。


【ガチンコFX】
FXライター高城のFXの儲けの極意は勝者に訊け」で、私のことが紹介されました。
高城さんの最新の記事はコチラ。
「ガチンコFX」では、奈那子さん西原さん羊飼いさんのコラムもあります!

1000 min trade: black


【ご注意】当ブログの内容に関し、その正確性、有用性、確実性その他いかなる保証もするものではありません。ご利用により万一何らかの損害が発生したとしても、私は一切責任を負いません。真似をしようとせず、考え方が参考になれば幸いです。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
タグ
月別アーカイブ
リンク