久々のRSIネタ。

朝晩、まだ寒いですが、皆さんのところはいかがですか?
温暖の差が激しいので体調を崩さないように気を付けましょう。

最近、バイナリのルールがだんだん明確になってきて、やりやすくなってきました。
ただ、今のルールだと1分期限がメインなので疲れ気味です。(笑)
5分期限だと、今の相場では難しい時間帯もあったりで、1分の方がやりやすいです。
ま、その辺の話はまた後日ということで。

今日は久しぶりにRSIのネタで。

以前、ダイバージェンスや隠れダイバーについて書いた記事があります。
ここをクリック

その中で、「隠れダイバーはトレンドの継続」と書いてました。
その記事を書いたころにもその件についてお問い合わせいただいてたのですが、
「隠れダイバーは、なぜトレンドの継続なのか?」というお問い合わせでした。最近になって、またその点についてご質問があったので補足しておきます。

その記事を読まれてない方は、先にその説明を読んでから、そのあとでこちらを読まれたら話がわかりやすいかもしれません。

「隠れダイバーはトレンドの継続」という話の前提として、トレンドが出ている時に押し目買いや戻り売りをするポイントになるので「トレンドの継続」という見方ができるという意味で書いたわけです。
「トレンドの継続=押し目買い/戻り売りのポイント」ということです。

たとえば、下降トレンド中に一旦戻しがあり、その戻しのあったところが隠れダイバー出現となった場合、戻り売りのチャンスになるという意味です。
上昇トレンド中であれば、一旦押しがあり、その押したところで隠れダイバーが出現となった場合、押し目買いのチャンスになるということです。

それはつまり、下降トレンド中に一時的に上昇してるとしても、そのまま上昇するかどうか判断するときに、下降トレンドに対しての隠れダイバーが出現すれば、そこからまた下がるかもしれない場面であり、「下降トレンドの継続」と判断し、そこからショートエントリーする、というような目安になるということです。
上昇トレンド中はその逆ですね。

レンジ相場であれば、ダイバージェンス同様、隠れダイバーの出現で逆張りロング、逆張りショートの場面でも考え方としては同じです。
ただし、ダマシにはもちろん注意です。が、エントリーポイントとしての判断をするには一つの目安になります。

ダイバージェンスも隠れダイバーも反転するかもしれないという形です。
ダイバージェンスは、トレンドが弱まっている状態。
隠れダイバーは反転するかもしれないという状態です。なので、押し目買い、戻り売りを考えられるポイントになるので、トレンド中に逆の動きがあったら、隠れダイバー出現で狙うのも一つの方法ということです。

ダイバージェンスも隠れダイバーも、値動きとオシレーター系のインジケーターがマッチングしていない状態です。
それは、何か変化が起こる兆しかもしれないということになるので、どちらも反転する「かもしれない」状態です。
そして、ダイバージェンスや隠れダイバーは一時的なものであったり、継続的なものであったり、その後の動きを判断するのは難しいですが、トレンドに沿った使い方をするのが良いと思います。

単純に書きましたが、隠れダイバーが出現したポイントに戻り売り、押し目買いとしての重なる条件が重なれば、なお有効的ということになりますので、興味のある方は以前の記事や右側メニューのRSI関係のタグから読んでいただければと思います。
関連記事
タグ: #テクニカル #RSI #押し目/戻り

時は金なり。(先人から学ぶ#24)

最近、やっつけ仕事のせいで、なかなかトレードができませんでしたが、この土日でがんばって片づけました!
ということで、今週はFXに、バイナリに専念したいと思います。

先週の金曜日の午後に、日銀の関係者という方の記事で相場が大きく動きました。
私がポイントにしていた110.50はあっさり抜け、110.80手前で少し動きが鈍りましたが、結果的にさらにその上、ドル円はあっというまに111円台後半まで上がりました。次は114円台前半まで目指すのかという感じで見ています。
全体的にドル買い/円売りの状況で、クロス円は上がり、ドルストはどちらかという下降気味の形になってきました。
月曜日はどんな動きになるのか楽しみですが、あまり思い込まずに押し目や戻りを狙っていきます。

またリバモアネタです。

20160425.jpg
リバモアの言葉では「株取引」となっていますが、為替取引でも同じですね。
「時は金なり」という諺がありますが、まさにその通りですね。
このことわざには時間を大切にするという意味もありますが、トレーダーにとっては、特に「待つ」ということ、時間の経過と値動きを重ね合わせて見ることで、自分のイメージ通りの動きになっているのか、なっていないのか。
イメージ通りになっていないとしたら、逆方向への動きになったと判断できる状態なのか、まだ曖昧なところなのか。
その時間の経過とともにメンタル的なプレッシャーを感じずに、淡々とチャートを見て判断する必要があります。
考えをめぐらすことはトレードを始める前に分析をするという意味では必要なことですが、あとは、そのイメージ通りのタイミングまで待って、ポジションを持ったら、時間の経過に身を委ねてしまいましょう。
覚悟を決めて臨むことがシンプルなトレードをするきっかけになると思います。
上がると思うから買う、下がると思うから売る。
あとは時間が経つのを待つだけ。その後、どこかの時点でチャートを確認し、イメージ通りの形になったままなのか、想定外の形になり始めているのか。曖昧なところなのか。それ次第でどうするか判断基準を決めるだけです。

今週もがんばりましょ~!

【4/25~ 今週の主な指標など】
内容は変更される場合があります。
下記以外にもありますが、個人的に注意するものだけ掲載しています。
赤文字は、あとから追加や修正した内容です。

4/25(月)
休場:豪、NZ
17:00 独)IFO景気動向
23:00 米)新築住宅販売件数
23:30 米)ダラス連銀製造業活動指数

4/26(火)
21:30 米)耐久財受注
22:45 米)非製造業PMI
23:00 米)消費者信頼感指数
23:00 米)リッチモンド連銀製造業指数

4/27(水)
7:45 NZ)貿易収支
10:30 豪)消費者物価指数、中)工業利益
15:00 独)GFK消費者信頼感調査
17:00 欧)マネーサプライM3
17:30 英)GDP
20:00 米)MBA住宅ローン申請指数
23:00 米)中古住宅販売
27:00 米)FOMC金利

4/28(木)
6:00 NZ)RBNZ金利
8:30 日)失業率/全国消費者物価指数
8:50 日)鉱工業生産
10:30 豪)輸出入物価指数
12時前後? 日)日銀政策
15:00 英)ネーションワイド住宅価格
16:55 独)失業者数/失業率
18:00 欧)消費者信頼感
21:00 独)消費者物価指数
21:30 米)GDP/新規失業保険申請件数

4/29(金)
休場:日
7:45 NZ)住宅建設許可
8:05 英)GFK消費者信頼感調査
10:00 NZ)ANZ企業景況感
10:30 豪)生産者物価指数
12:45 豪)RBAデベル総裁補講演
14:30 仏)GDP
15:00 独)小売売上高
15:45 仏)消費者物価指数
17:30 英)住宅ローン承認件数
18:00 欧)失業率/消費者物価指数/GDP
21:30 米)個人所得
21:30 加)GDP
22:45 米)ミシガン大学消費者信頼感指数
関連記事
タグ: #先人から学ぶ

やっつけ仕事が入ってしまい。

最近、もみ合いだったり、上げ方向、下方向のいずれかとしても素直な動きがあまり見られませんね。
ターゲット、利益幅を適度に決めて、エントリー、利確、損切、どの場面でも落ち着いて待ち、判断しなければならない、腕が試される相場でもあるような気がします。

私は、FXの方は最近はお休みしていまして、バイナリを少しやったりする程度です。
というのも、パソコン関係のやっつけ仕事をどうしてもということで頼まれてしまったので、なかなかトレードができません。

チャートの方もチラチラ見る程度ですが、ドル円は、日足で下降フラッグのような形になってきました。このまま上昇していくという判断にはまだ早い段階かもしれません。ただ、4時間足は一目均衡表の上限の雲を抜け始めました。110.50を抜けていくようであれば、まだ上もあるかもしれませんが、日足の20SMAが上にあるのでそこでもう一度下値をトライに行くようなイメージもあります。勢いよく抜けていくようであれば、110.50。110.80あたりがポイントになりそうに思います。

ユーロ円、オージー円はもみ合いですね。
オージー円に関しては、上げてきていますが、オージードルが今の段階では勢いもそれほどなく、迷ってるような相場に見えるのでオージー円単独で動くというより、オージードルがもたもたしてる間にドル円についていくという感じに思います。

ユーロドルは方向感がわかりませんが、デイトレであれば、タイミング次第でうまく取れそうに思います。

先日、勉強会の場所についてアンケートを取らせていただきましたが、やはりという結果で・・・。
東京でという希望が多かったので、東京で行うことにしました。
詳細は、まだ先になると思いますが、決まり次第、メールやブログで案内いたします。
前回、ディスカッション形式で行いましたが、意外と楽しくおもしろくやれたので、今回もまたそんな感じでできればなあと考えてます。
いろんな話をしたり、聞いたりする中で気づきがあったり、友達になったり、懇親を深める機会になると思います。もちろん、飲み会も予定してます。(笑)
人数が多くなると、誰と話したら良いのかというきっかけもなかなか作りにくいと思いますので、「こじんまり」というスタイルは続けていきたいと思ってます。

今日もがんばりましょー!
関連記事
タグ: #考え方 #お知らせ #チャートパターン

大変な地震でしたね。

金曜日は、FXでマイナス、バイナリでプラス。トータル若干のマイナス。
バイナリは賭け金を下げましたが、8連勝したところでやめました。
チャート見てると、FXの方がやっぱり楽ですね。時間の制限があるというのはやっぱり難しい。
遊びでやる分には楽しいです。

先日は、熊本や大分で大きな地震がありました。私も早速、振り込みで募金をしました。
余震の数や大きさは、東日本大震災の比ではないぐらい大きく多いです。
マグニチュードの大きさで回数を比較したら、東日本大震災の方が多いらしいですが、海溝で起きた分、体感する震度はたいしたことなかったですからね。
大きな余震はありましたが、今回ほど多くはなかったと思います。

亡くなられた方には心からお見舞い申し上げます。また、避難されてる方の苦労も、私も避難生活をしましたのでよくわかります。
地震がおさまってから、元の生活に戻るにはかなり時間がかかると思いますが、それまで、お体には気を付けてがんばってほしいと思います。

それでは、今週もがんばりましょう!

【4/18~ 今週の主な指標など】
内容は変更される場合があります。
下記以外にもありますが、個人的に注意するものだけ掲載しています。
赤文字は、あとから追加や修正した内容です。

4/18(月)
7:45 NZ)消費者物価指数
8:01 英)ライトムーブ住宅価格
10:30 豪)新車販売台数

4/19(火)
10:30 豪)RBA議事録
17:30 香)失業率
18:00 欧)ZEW景況感調査、独)ZEW景況感調査
21:30 米)住宅着工件数/建設許可件数

4/20(水)
9:30 豪)ウエストパック先行指数
15:00 日)工作機械受注
17:30 英)失業者数推移/ILO失業率
20:00 米)MBA住宅ローン申請指数
23:00 米)中古住宅販売件数

4/21(木)
15:45 仏)企業景況感指数
17:30 英)小売売上高
20:45 欧)ECB政策金利
21:30 米)新規失業保険申請件数
23:00 米)住宅価格指数/景気先行総合指数、欧)消費者信頼感

4/22(金)
13:30 日)第三次産業活動指数
16:00 仏)製造業PMI
16:30 独)製造業PMI
17:00 欧)製造業PMI
22:45 米)製造業PMI
関連記事
タグ: #できごと #トレード

バイナリのざっくりルール

今朝は、ドル円が再び107円台に突入。まだまだ下がありそうですが、ストップを入れるのを忘れずに。
トレードの方は、今朝、9:15過ぎに81.68からオージー円をショートし、+50pでやめて今はスクエアです。
まだまだ下がりそうでしたが、あとはバイナリでその分を損しないように適度にやります。(笑)

バイナリの最近のやり方をざっくり書いてみます。
取引の期限は1分、又は5分でやってますので、その使い分け方について。

チャートは、1/5/15分足を表示させ、通貨ペアはユーロ円、ユーロドル、オージー円、オージードルを表示させ、たまにドル円を見てます。
今までのところ、FXの取引通貨ペアと同じで、私の場合、ドル円を除いた4通貨の中からやりやすい通貨ペアを選択してます。
15分足の流れに合わせて、1分、又は5分で取引します。
1分でのトレードは、15分足、5分足の流れに合わせてトレードします。5分足だけに合わせてトレードはしません。

流れに合わせるというのは、15分足の中期MAより下にあるか上にあるかということも気にしますが、気にしないときもあります。たとえば、下降トレンドからの反転しそうなサポートがあって、そこから15分足が上げてきた場合に、5分足も上げに転じ始めたら取引することもあります。

たとえば、15分足で下げ方向だとした場合。

5分で行う場合は、5分足チャートを目安にし、必ず、00,05,10,15,20・・・・というように5分足チャートで新しい足が始まるあたりで次の足も陰線で終わりそうだと思えるところで買います。
買うタイミングは遅くても新しい足が始まってから15秒以内を目安に。早い場合は、新しい足が始まる1~2秒前。

1分足も基本的には5分足同様、新しい足が始まるあたりで買います。
1分で行う場合、勢いからの判断や新しい足が始まってから動きを確認しつつ買うこともあります。その場合、新しい足が始まってから15秒以内などの制限はしてません。
1分も5分も勢いが出たときは、連続で買います。が、1分で連続で買う場合はよっぼど勢いがあるとき、あるいは1分足の5SMAが一度上向きになったあと、再度下向きになったあとローソク足がブレイクしたり、下向きになると同時に勢いが出た瞬間買います。つまり、5SMAが反転したタイミングで良い形になれば連続買いします。
特に、トレーダー仲間とよく隠語的に使う「まる3(リバーサルと呼んでます:ラリー・ウィリアムズの言い方)」の形になって、5SMAをブレイクしたときはよく狙います。
※リバーサル=下げ方向で狙う場合、高値安値を切り上げて行ったあと、前の高値を更新せず、安値を更新したとき。詳しくはここをクリックして見てください。

また、5分できりの良いところで取引しない場合で、1分足や15分足で上げ方向に変わりそうだと思ったときや、底の方でLOWを買ったりするとき、微妙なときなども5分で取引します。

1分足や5分足で前の足の安値を更新、ブレイクしたら、次もLOWで狙いますが、次の足が前の足の終値より高く始まったり、前の足の安値を更新しなかったり、前の足の高値を更新した場合は、しばし様子を見ます。
また、1分足の5SMA、3SMAから乖離してる場合は戻りを待ちます。特に3SMAから乖離してる時はやりません。
5SMAの傾きが横向きになったり、角度が緩い時も様子見です。
15分足のサポレジや中期MAを気にしつつ、様子を見たりもします。
あとはRSI、DMI、RSXで天井、底を気にしてます。
それから、動きがまったりする時間帯は無理して取引しません。チャートは見てますが。
他にも細かい部分を見たりしますが、省略します。

ここまで、下げ方向の例として書きましたが、上方向での考え方ももちろん同じです。

ごちゃごちゃっとざっくり書きましたが、やり方が頭の中に入るとシンプルなやり方です。
短時間勝負なので、基本はよく動いてるときだけ取引するということです。
注意すべきところを注意し、あとは形になればやる!というだけです。当たり前ですが。(笑)

てな感じでやっていて、勝率は調子が良い時は10回10勝ということもありますが、そこから調子こいて取引すると、どんどん下がっていき(笑)。。。6割ぐらいが平均的なところ。
なので、勝数-負数=+8回ならやめる。勝数-負け数=-3回になったらやめる。プラスの目標金額に達したらやめる。
そんな感じでいます。

バイナリ初心者なので、まだまだ試練中という自覚を持って励みたいと思います。(笑)

1000 min trade: city scape
関連記事
タグ:

タイミングよく(先人から学ぶ#23)

金曜日は、午前中でバイナリを終えたあと、夕方からオージー円をショートしてましたが、21:30頃、ほぼ建値で終わってしまい、そのあとは、チャートが汚かったのでやる気も失せて終わりにしました。

バイナリはここぞという勢いがあるときだけ1分や5分の期限でやれば苦労せずに短時間で儲かるので、今後は勢いがつきそうな場面だけ選んでやろうと思ってます。
私的には見慣れた15分足でここからならという場面を選んでやったほうが、やりやすいです。

今日はリバモアネタ。
20160410.jpg
これは見た通りのことですね。
FXにしろ、バイナリにしろ、タイミングは大事。特にバイナリの場合は、時間の制約があるのでタイミングしだいです。
あとは、そのことをどれぐらい意識して待てるか、待てないか。
待つことは本当に大事ですね。

さて、金曜日の時点で、ドル円、ユーロ円、オージー円は下げ下げ。ユーロドル、オージードルは日足でレンジを抜けきらない状態。
ただ、オージードルについては4時間足が下げ方向にも見えますが、日足のレンジを抜けていないということも気にしつつ。

そして、今週は豪の雇用統計とBOEの金利が気になります。

【4/11~ 今週の主な指標など】
内容は変更される場合があります。
下記以外にもありますが、個人的に注意するものだけ掲載しています。
赤文字は、あとから追加や修正した内容です。

4/11(月)
8:50 日)機械受注
10:30 中)指標車物価指数/生産者物価指数、豪)住宅ローン約定件数

4/12(火)
10:30 豪)NAB企業景況感指数
15:00 独)消費者物価指数
17:30 英)消費者物価指数コア
21:30 米)輸入物価指数
27:00 米)財政収支

4/13(水)
7:45 NZ)食品価格
8:50 日)マネーストックM3/国内企業物価指数
9:30 豪)消費者信頼感指数
11時前後? 中)貿易収支
15:45 仏)消費者物価指数
18:00 欧)鉱工業生産
20:00 米)MBA住宅ローン申請指数
21:30 米)小売売上高/生産者物価指数コア
23:00 加)カナダ中銀政策金利
27:00 米)ベージュブック

4/14(木)
10:30 豪)雇用者数/失業率
18:00 欧)消費者物価指数
20:00 英)BOE政策金利/BOE議事録
21:30 米)新規失業保険申請件数/消費者物価指数コア

4/15(金)
11:00 中)GDP/鉱工業生産/小売売上高
13:30 日)鉱工業生産
21:30 米)NY連銀製造業景気指数
22:15 米)鉱工業生産
23:00 米)ミシガン大学消費者信頼感指数
関連記事
タグ: #先人から学ぶ

規律を守る。

昨日、書くのを忘れてたことがありました。
深夜のFOMC議事録公表の時間にオーストラリアハイローでバイナリをしようとしたら、いきなりCLOSEDになりました。
深夜3時で終わりみたいです。せっかく起きてたのに無駄でした。(笑)

ドル円は、一気に107.66付近まで落ちましたね。
今朝から戻しの動きで昨日の安値から100pips以上の戻しが早くもありましたが、私は寝坊したせいで、すっかり出遅れました。
トレーダー仲間の一人は今朝からオージー円のロングでホックホクでうらやましかったです。(笑)

ドル円は今のところ109円で跳ね返されてますね。
どこかのタイミングでもう一度安値トライ(107円台)に行くように思うので、ここからクロス円のロングもしにくい気がしてます。
ただ、オージー円は82.30まで、もう一度トライに行くようにも思うので、頭の中が整理しきれていません。
が、自分の形になれば、ロングエントリーもチャレンジするつもりではいます。
オージードルが日足の20SMAを下に抜けてはいるのですが、完全な下げトレンドになってるという状況には見えないので、オージードルの動きも気にしつつという感じでいます。
ユーロ円もオージー円と同様。ユーロドルはまだ上の方でもみ合ってるだけの状態なので、トレードは避けたいと思ってます。

で、今のところ、バイナリをしてまして。。。12勝7敗中。荒れてます。今日のバイナリはもうやめときます。
久しぶりにFXでチャンスがあれば、やりたいと思ってます。
ちなみに、昨日のバイナリは、14勝6敗。終盤の4回が無駄に負けた感じでした。(笑)
FXは昨日もしませんでした。(汗)

昨日の続きで、勝てなかった頃の話。

私はFXを始める前に株もやっていたことがあり、何もわからずの状態だったので怖くて、必ず、ポジションを持ったあとは逆指値を入れてました。
逆指値にささるばかりでしたが。(笑)
怖いので逆指値を入れるのは当たり前だと思ってますが、ポジションを持ったあと、逆指値を入れていない人の考え方が理解できません。
何が起こるかわからないのに。
リーマンショックで大損した人の中にも、耐えて耐えて結局強制ロスカットになったりした人もいますよね。
私からすれば、考えられなかったです。
リーマンショックのときは、私は普通に負けてた時でしたが、リーマンショックのせいで負けたとかそんな記憶もないぐらいです。(笑)

FXを始めてからも同じように逆指値は必ず入れてました。単純に-20pipsとか-10pipsとか試してました。
そして、逆指値にささるばかり。(笑)
そんなこんなをしつつ、検証してました。

そして、含み益が出たあとの手じまいのタイミングがわからず、結果的に損切になり。。。
適度なところで利確できなかった。いつでも伸びると思ってたんですね。(笑)
それと、損切の的確なポイントを意識していなかった。単純に-10pipsとか-20pipsだけでしたから、直近の高値安値なんて知ったこっちゃない。そんな感じでした。(笑)
もみ合っていても、この方向に「抜けるだろう」という発想しか持てず、結果的に、もみ合ってる天井、底での損切。
「それを抜けたら・・・」という考え方もわからなかったんです。
最初から抜けることを期待してただけなんですね。(笑)

勝てていない人は同じような経験をしたり、考え方がわからなかったりしてると思います。

悪いところをとにかく改善するだけなので、深く悩みすぎても時間の無駄になってしまいます。

私の負けてたころの話を簡単に書いてみました。もっといろいろ原因はあるのですが、これまで書いたことを改善するにはということで、私なりに考えたことを簡単にまとめてみました。

  • インジケーターに頼りすぎてた→ローソク足を見よう(値動き、チャートパターン)

  • 天井掴み、底掴み→押し目、戻りを待とう。(小さい時間足でタイミングを見たり、トレンドライン、サポレジ、移動平均線など反転しそうなところ)

  • 反転のタイミングを狙うことを知っていながらできなかった→チャンスが来るまで待とう

  • 5分足だけでやっていた→大きな流れに乗ろう(大きな時間足を見たり、相場観を持とう)

  • オーバートレード、ポジポジ病(やけくそになったトレード含む)→回数が少ない方がリスクは小さいし、儲かる。楽ちん。連敗したら休む。その日の最大損失を決め、それ以上トレードしない。

  • 損切のポイントを意識してない、わからない→直近の高値安値を意識したり、トレンドライン、水平線、移動平均線など、逆に抜けたら危険というポイントを意識してからエントリーする。狙う利益に対して、リスクが大きくならないように。
    例:20pipsの利益を狙うのに、-50pipsのリスクを負うのは時間の無駄であり、非効率的。であれば、-50pipsの覚悟をして+20pips狙うより、早めに損切し、逆の方向で20pipsの利益を取った方が効率的。狙う幅や金額によって、損切のポイントとエントリーのポイントが最低でも「損益:利益」が1:1、1:2のリスクになるところでエントリーするように考える。

  • 利確のタイミングがヘタ→いつも同じ流れとは限らない。それまでの値動き(ローソク足)がレンジかトレンドか。場面場面で微益でやめたり、やめる理由がないのであれば伸ばす。やめる理由を自分なりに理解し、決める。ターゲットの目安をチャネルラインや水平線、PIVOT、フィボナッチなど、なんでも良いので目安を想定する。

他にも資金管理(枚数管理)など、考えなくてはいけないことがたくさんあります。場面場面によって、枚数を変えたり、儲かってきたからと言って、枚数をいきなり倍にしたりしないことであったり。
それだけでも、リスクを小さくする、マイナスが膨らまないように工夫することができます。

簡単にまとめるとこんな感じですが、それを規律として守ることが大事です。守れないときは負けるだけです。
これを読んで、待てないんだよなー、守れてないなー、と感じる人は「待つ、守る」ということをよくよく考えてみてください。
儲けたい、負けたくないという欲を持ったり、考えたりせずに、常に淡々とチャートに向き合ってみてください。

自分の悪い行いのせいで負けてるトレードもあると思います。
それに気づかずにいたり、気づいていても改善しようとしないでいると、いつまでも勝てません。
気づいたことはすぐにメモするなり、Evernoteに書くなりしましょ。(Evernoteは便利)
関連記事
タグ: #考え方 #リスク管理

勝てなかった頃の話。

昨日は15分足のクロス円がヒゲだらけでやる気が起きず、バイナリをしようとしましたが、どれも好きな形、タイミングがなく、昼間はできませんでした。
夜はオジドルをやって、トータルでは8戦8勝、いい流れに乗れました。

今日もバイナリ三昧。7戦7勝中です。
なんとなくバイナリのコツがつかめてきたな?という感じですが、自信を持てる感じまではまだ行ってません。ここらで調子こくとやられますからね。(笑)

ドル円があっという間に108円台突入。やっと、明確なドル売りの状況になってきたような。。。
ドル円はドル売り円買いですが、ユーロドルやオージードルは際立って、ドル売りの動きでもなく、上げきらない状況でした。
今はとにかく素直に流れに乗ってた方が良いですね。って、いつもですが。(笑)

さて、たまーにメールでお問い合わせをいただく中で、私と同年代の方もたまーにいらっしゃいます。
がんばっている同年代の方は特に応援したくなります。
そして、老若男女問わず、FXの経験が3~6年経つのにまだ勝てないというメールもよくいただきます。

そこで、私が勝てなかった頃のことを思い出しつつ、今日は書いてみようと思います。

5年以上、勝てないのにまだやろうとしてる方のことは、ある意味すごいと思います。
よっぽど負けてなくて、続ける気力があれば、そのまま続けても良いと思いますが、やはり、人間。性格などからFXとの相性もあると思います。
あきらめも肝心。

私がコンスタントに勝てるようになったのは3年目。丸々2年は負けっぱなし。
細かい経緯は、右側にあるカテゴリの「プロフィール」を読んでいただければ。
あ、ついでですが、「億トレーダー」とも言われますが、私の場合は一年に「億」を稼いでるわけではありません。積み重ねてそうなってるということですので誤解のないように。(笑)

その負けっぱなしの2年を振り返ると。。。
「プロフィール」にも書いてますが、とにかくインジケーターに頼りすぎて聖杯探しをしてた。簡単に言うとそんなことになると思います。
それと、一番の原因は、リスクを考えたトレードをしていなかったということです。

天井掴み、底掴み。ただ勢いにあるところについ乗っかってしまった。その直後は想像できるようにエントリー方向とは逆に動きまくり、損切の嵐。(笑)
それでうまく行ったときもありますが、それは単純にビギナーズラックですね。
結果的には勝てなかったという事実。
押し目、戻りを待つという発想自体なかったです。(笑)
ただ、反転のタイミングを狙えば勝てそうというイメージだけはありました。が、そのタイミングまで待てなかった、大きな流れを意識するということもなかった。
上だろうが、下だろうが、「すぐ儲かる」と思ってたんですね。それが、その時には知らなかった「オーバートレード」「ポジポジ病」という単語。
そのころは、5分足だけでやっていたので、特にそういう傾向になってました。
今思うと5分足だけでやってたから負けっぱなしだったんですね。。。
スキャルピングのやり方を知っていたなら、それなりにやり方を考えたのかもしれませんが。
基本的に「楽に大きく」儲けたいというのがあったので、スキャルピングは考えもしませんでした。
「楽に大きく」と言っても、一発狙いではなく、それなりに。(笑)

今日はこの辺でやめておきます。続きはまた明日。(笑)
関連記事
タグ: #考え方 #リスク管理

短期バイナリをするときに。

ついに、ドル円が111円割れ。夕べは一瞬でしたが、110円も割れてました。
堅かった111円をこれだけ明確に割ったとなると、本格的な介入もしばらくはないかもしれませんね。私の感覚的には107円台に入ってくるまではなさそうに思いますが、ストップを忘れずに入れておくよう心がけましょう。
私は、成り行き新規注文と同時にOCO決済も自動的に入るようにしてあるので忘れることはないので、逆にそんなふうにできない取引システムは私としては使いにくいです。

相場の方は、昨日書いたように想定内の動きになってます。
それぞれのポイントとなる場所を全て抜けたような感じなので何事もなければ、いずれも下げ下げ。この状態であれば、クロス円は狙い目ですね。

今日も短期バイナリに集中してますが、やはりタイミングが大事で目が離せず、疲れます。(笑)
オーストラリアハイローにかかわらず、バイナリオプションのパソコン版取引システムはブラウザで取引するのがほとんど。
時間をかけてじっくりやるのであれば、ブラウザの窓をいくつも展開することはないですが、短期バイナリの場合、できるだけタイミングを逃したくないので、私は二つの窓を開いて使い分けてます。
下の画像はデモ版で、Internet Explorerを並べてみました。(普段はFirefoxを使ってます)

20160406.jpg
左は、スプレッド ON DEMAND/5分/AUDJPY。
右は、ON DEMAND/1分/AUDUSD。
というような感じで窓を別々に開いてうまく使い分けるのも良いと思います。(ログインした状態で新規ウィンドウを起動すれば、このような形で取引できます。)

今日は週のまんなか水曜日。サラリーマン時代は「毎週水曜日は定時退社日」でした。(笑)
バブルがはじけてからそんなこともありました。強制ではなかったですが、経費節約の一環でどうしてもそうなってしまいましたね。今はどうなんでしょうね。

ということで、また!

1000 min trade: city scape

関連記事
タグ: #バイナリオプション

バイナリの試練は続く。(笑)

先週の雇用統計以降、ドル売りが活発化してますね。
昨日の私は、バイナリだけしてました。回数はかなりこなしました。(笑)
62勝48敗。金額的にはそれほどでもなかったんです。なぜかというと、5分のシステムでトレードしたのが多く、途中で売却することが多かったので。今回もいろいろと勉強になる部分が多かった日でした。
まだまだ試練は続いてます。(笑)

相場の方は。。。
(画像は左が4時間足、右が日足)
ドル円

下方への勢いがつきそうに思いますが、日足ではレンジをはっきりとブレイクしたわけではないので、今日以降の動きに注目してます。

20160405_us.jpg
ユーロ円

日足では、一目均衡表の雲の上限に跳ね返された形。20SMA付近にいますが、ドル売りの強さがユーロドルに影響されるか、ドル円に影響されるか、単純についていくのは判断がなかなか難しいように思います。
4時間足的には下方向ですが、一目均衡表の雲に突入しており、日足の20SMA付近の動きということも考えると、ユーロドルの上げに影響されてまた上に向かう可能性も十分考えられます。
デイトレのショートポジションは利食いのタイミングが悩みどころかもしれません。

20160405_ej.jpg
ユーロドル

4時間足では、高値圏でもみ合ってますね。日足ではローソクの形があまり良くないように見えますのでロングをしかけるのもタイミングが難しい場面。勢いが今は少しないように思います。
が、もみ合っていることも考えつつ、ポジション取り、手じまいのタイミングをうまく判断したい場面。

20160405_eu.jpg
オージー円

下げの勢いが4時間足、日足でも見て取れます。ただ、オージードルがもみ合っているので、その影響がどこまであるか。オージードルの強弱にも注目しておきます。

20160405_aj.jpg
オージードル

4時間は、20SMAを下抜けして、下降してます。ただ、すぐ下には一目均衡表の雲があったり、120SMAがあったりでその辺に注目。日足ではRSIがダイバーになってます。20SMAが下に構えてます。ここを下抜けしていくかどうか注視しつつ、ショートポジションであれば、その辺で手じまいするかどうかを考えるイメージでいます。RSIがダイバーになっていること、20SMAの角度が変わり始めていることも考えると、一旦20SMAを下抜けするイメージもあります。

20160405_au.jpg

さて、今日はお昼頃にRBAの政策金利が発表されます。FXのほうはそれまで様子見。バイナリでチャンスがあれば楽しんでおこうと思います。(笑)

今日もがんばりましょ~!
関連記事
タグ: #バイナリオプション #テクニカル #考え方
プロフィール

fxdetaku3

Author:fxdetaku3
管理画面

タクと申します。
常に淡々とトレードするほうが楽チン♪
普段取引している通貨ペアはユーロ円、ユーロドル、オージー円、オージードルの4通貨でデイトレ、FX専業です。
ファンダは苦手。システマチックにテクニカル重視の順張り。
とにかく、FXを楽しみましょう!




メールフォームはこちらをクリック。



【ガチンコFX】
FXライター高城のFXの儲けの極意は勝者に訊け」で、私のことが紹介されました。
高城さんの最新の記事はコチラ。
「ガチンコFX」では、奈那子さん西原さん羊飼いさんのコラムもあります!

【ご注意】当ブログの内容に関し、その正確性、有用性、確実性その他いかなる保証もするものではありません。ご利用により万一何らかの損害が発生したとしても、私は一切責任を負いません。真似をしようとせず、考え方が参考になれば幸いです。

カテゴリ
タグ
最新コメント
最新記事
月別アーカイブ
リンク
訪問者数
TOTAL: 無料カウンター
TODAY: 電話占い YESTERDAY: パワーストーン

本日のPV数