エグジットのタイミングを考えてみよう#3

昨日も昼間の利益を夕方から夜にかけて減らしてしまい、深夜の上げに乗っかっり、私の営業時間は深夜1時で終了なので1時ぴったりに利確して寝ました(笑)。
今月も今日と明日でおしまいですね。東京時間はおとなしい動きになっており、明日もこんな感じかな。
欧州時間からまったりチャンスを狙おうと思います。

今日は、CCIでのエグジットについて書いてみます。
チャートの画像は15分足、パラメーターはデフォルトの14です。

a0289380_13581348.jpg

CCIを使った時、エグジットのタイミングはある程度把握できるが、難しいところもあるなーというのが最初の感想でした。基本的なエグジットのタイミングの見方としては、レベルの±100を基準に考えるのが一般的なようですが、たとえば、画像の赤い色で囲んだ部分ですが、上昇方向の場合、一度+100を上抜けして、そのあと+100を下に抜けた時、エグジットするというのが目安になると思います。
下降方向の時は、-100を下抜けし、その後、-100を上抜けした時がエグジット、というような感じになります。
ただ、画像の四角で囲んだ部分のように+100をはさんで行ったり来たりすることもあるので、あくまで目安であり、他のインジケーターとの組み合わせや大きな時間足などで全体的な流れを見ながらということが必要になりますね。

レベル±200や±300を表示させ、そこから反転した場合もエグジットかなと考えたこともありましたが、結果的にはその後さらに下降してるとこも画像で見えます。
で、結局は±-100を逆に抜けた時に手じまうのが良いようなことがわかると思います。
±100をはさんで上下しない限りは使いやすいように見えますが、上下した場合の対象方法をどう考えるか、たとえば、単純に±100を逆に抜けたからと言って一旦手じまうよりは、ある程度流れができたあとなら、CCIで判断するのも有効かなと思います。

このCCIの±100ですが、ボリンジャーバンドのσ1と関連があるように思います。
上の画像にボリンジャーバンド(20)でσ1を表示させ、CCIのパラメーターをボリバンと同じ20に設定してみました。

a0289380_142237.jpg

そうすると、CCIの±100のところとボリバンのσ1の付近とCCIの±100付近の動きが似ていることがわかります。
ということは、ボリバンσ1をローソクが逆にブレイクした時点で一旦エグジットするという考え方もできると思います。
が、それだけで判断してしまうとCCI単独で判断するのと同様に、大きなトレンドに乗っているにもかかわらず、早めのエグジットということにもなりかねないので、やはり、CCIだけとかボリバンσ1だけでエグジットのタイミングを考えるのは難しいです。

普段、ボリバンを表示させていて、CCIをエグジットのタイミングとして使おうと考えるなら、このことからボリバンσ1を表示させることで、チャート画面もスッキリするのであえて両方入れることはないということはハッキリしました(笑)。

【14:04現在の直近ターゲット】※TP1=第1ターゲット
今日は小さいレンジを作ってしまってるので、ターゲットは決めにくい状況です。なので、今日はちょっと書き方を変えてみます。
基本的にはユーロ円、ユーロドル、オージー円、オージードルは上げ目線です。

ユーロ円は、今日の高値を抜け、上昇方向に強まったなら106.58あたりがTP1。逆にここから下降した場合は105.73あたりがTP1になりますが、そこでまた反転上昇するかもしれません。それをさらに下に抜けるようであれば、昨日の安値あたりがターゲットになってくると思います。

ユーロドルも上げ目線ですが、同じように今日の高値を抜けて強まった場合は1.2973あたりがTP1。下降した場合は、1.2932あたりを下に抜けて行かない限りはまた上昇に反転するかもしれません。さらに下がるようであれば、1.2913がTP1になります。

オージー円も今日の高値を抜けて上昇が強まった場合は、86.22がTP1。逆に下方向は85.58あたりがサポートとなり、さらに下抜けした場合は85.49がTP1。

オージードルも今日の高値を抜けて上昇が強まった場合は、1.0487あたりがTP1。下方向は1.0454あたりがサポートとなり、さらに下がった場合は1.0427あたりがTP1となります。

これらは全て私オリジナルのテクニカル判断ですので、お取引は自己判断にてお願いいたします!
関連記事
タグ: #考え方 #テクニカル #トレード #CCI #ボリンジャーバンド #手じまい

エグジットのタイミングを考えてみよう#2

昨日もそれなりに良いトレードができたのですが、深夜のトレードでターゲットまで待てず利確してしまったトレードがあり、ちょっと悔やんでしまいました。最近、私なりにターゲットの決め方を発掘したのですが、それが意外や意外、結構効いてる感じなので信じようと思ってたのですが、ゆうべは自分から裏切ってしまいました(笑)。

今日からテクニカル的なエグジットのタイミングについて思いつくままに書いてみようと思います。
概要的な話しになりますが、参考になればと思います。

今日はまずオーダー情報でのエグジットのタイミングについて。

ニュースなどでも当日のオーダー市況とかオーダー状況とかメガオーダー状況とか、いろんな言い方で配信されてますが、ここではオーダー状況という言い方にしておきます。ポジション情報ではなくオーダー状況です。指値とか逆指値のことですね。

ついこの間まではオーダー状況は気にしたこともありませんでした。ところが。。。FX友の会の方々とお話をさせていただいてる中で、その情報を元にトレードされているという方を知りました。
友の会の中でもその情報の話がちょくちょく出てくるので皆さんが意識されてるものだとよくわかりました。
で、オーダー状況を元にトレードされている代表的な方は、りょさんという方で、りょさんのブログに手法や活用の仕方などが書かれてますので詳しいことはそちらをご覧になってください。
りょさんはアンドロイドのスマホ用にオーダー状況を見れるというアプリも作られました。
私としてはiPhone版ができるのを首を長くして待ってるという感じです(笑)。
Meatrader4にもそのオーダー状況を表示させるようにインジケーターも作ってます。(非配布/非売)

りょさんの場合は、エグジットだけというより、トレードそのものをオーダー状況を参考にトレードされてます。
簡単に言うと、ストップ狩りを相場の中で感じ取り、トレードするというような手法です。

具体的な手法は真似しようと思ってもなかなかできないので、オーダー状況でエグジットのタイミングを考えるとしたら、どんなふうに見るのか。

私は参考に見ているだけなので、私が意識して見ていることを書きますね。
たとえば、下記のようなオーダー状況があったとします。

80.50円 売り・超えるとストップロス買い、OPバリア観測
80.10円 売り・超えるとストップロス買い
80.90円 売り・超えるとストップロス買い大きめ
80.60円 売り

79.80-90円 断続的にストップロス売り
79.50円 買い厚め・割り込むとストップロス売り
79.20円 買い
79.00円 買い厚め・割り込むとストップロス売り
79.85円 割り込むとストップロス売り
79.70-80円 買い・ストップロス売り混在
79.40-50円 厚めの買い・ストップロス売り混在

私が特に注意して見ているのは、「大きめ」「厚め」「OPバリア」の単語があるところです。
それ以外は、あまり気にしてません。(気にしてる人もいます)
その3種類の単語があるところについては特に跳ね返されたりする可能性が高いと思っているので、その辺で値動きが鈍くなったり、跳ね返されるようならエグジットします。
トレンドが強ければ、それも抜けてしまう勢いになりますが、その時はその時考えて乗っかれそうなら乗っかっちゃえ~と思ってます(笑)。

なかなかエグジットの決断ができない時、シンプルにこういったもので値動きを見ながら判断できるということは、手っ取り早くて良い情報なので、気にしたことが無い方は是非気にして見てみてください。

※上記の中で、専門用語的な「OPバリア」とは何かということですが、オプション取引と言われているもので、最近流行りの何分後、何時間後とかに今のレートより高くなっている安くなっているのとは全然違うもので、個人単位よりも例えば大企業や投資会社の大口の大きな金額を動かす人たちによるものの影響が大きいです。その人達がそのレートには行かせないように売ったり買ったりします。
そのレートがオプションバリア(OPバリア)と呼ばれ、大きな抵抗となったり、支えとなったりします。

【13:55現在、直近のターゲット】
ユーロ円:下 105.11、上 106.60
ユーロドル:下 1.2917、上1.2953
オージー円:下 85.125、上 86.043
オージードル:下 本日安値、上1.0476


-------- コメント一覧 --------
Commented by ともか at 2012-11-29 10:11 x
タクさんは常に進化(記事でいうところの”発掘”)を求めていて、年下の私が焦るほどw・・・大事なことですよね。トレーダーも学者や将棋棋士と共通するところありますね、個室に籠って延々と今以上を探り続ける・・・今週もあと2日、がんばりまーす!
Commented by fxtaku at 2012-11-29 13:53
■ともかさん
ともかさんももうある程度ルールが出来上がったし、あとは精度を上げるだけですね!今週はもう無理せず、がんばりましょ~!

関連記事
タグ: #考え方 #テクニカル #トレード #手じまい

エグジットのタイミングを考えてみよう#1

昨日は、金曜から持ち越したオージードルロングのプラス分のおかげでぼちぼちなプラスで終われました。
オージードールを決済したあとは、なかなかタイミングが無く消極的に1pips、3pipsなどと結果的にスキャルのようなトレードでした。今週は投資会社系は決算月が多い上に月末の週となるので難しい相場になりそうですね。
消極的に、やりやすい形になった時だけ行こうと思います!

さて、今日から何回かに分けてエグジットのタイミングについて考えてみようと思います。
損切りはなんとなくできるとしても、利確のタイミングは難しいですよね。
そんなこんなで思いつく限り書いていきますので、その中で何かヒントになればと思います(笑)。

今日はとりあえず、私のクローズの考え方について書いてみます。今日は久しぶりに長文です^^;
まずは損切りの話し。

既に何度も書いてますが、私は-20pを損切りの目安にしてます。-20pの根拠は私のトレード手法を検証した結果、-20pなら損切りされても当たり前、損切りされなくても当たり前、損切りされても連敗しても挽回できる範囲、という理由からこの幅に設定してます。
その範囲内で、MAや高値安値などにぶつかるところがあれば、-20よりももっと少ない設定にすることもありますが、それを広げることはありません。広げてしまうようなことを一度でもそれを自分に許してしまうと、ルールの見直しをしない限りはキリが無くなってしまいます。が、このやり方で何年も利益を出せているのでこれを変えることは今後も無いです。

また、私はエントリールールとして、打診買いや一時的に枚数を減らしたり増やしたりすることもありません。打診買いをしないというのは、その背景として検証した結果から決めたルールがあるからです。そのルールにはまってるからエントリーするので、打診買いをすることがないわけです。常に自分のルールに自信を持って、思い込みも余計なことも考えずにルール通りにトレードする、ただそれだけのことです。
ただし、重要指標時のトレードは枚数を減らすことはあります。

また、当たり前ですが、資金が増えればそれなりに枚数は増やしていきます。なので、常に同じ枚数、同じ損切り幅内で常にやることで資金管理を考えるのも楽です。
いくら損したからいくら儲かればいいというのも金額ではなく常にpipsで考えるので、枚数が増えても減っても、ポジション中にマイナスの金額がいくら大きくなってもびびったりしません。それもある意味メリットだと思ってます(笑)。

資産が増えればいいのでどうしても金額に目が行ってしまうと思いますが、金額よりもpipsで考えた方がトレード自体を楽しめる、それが一番で、その結果金額が増えたら喜んでいられればいいと思いますし、トレード中にいくら損してるとか儲かってるとか考えてしまうと、伸ばせるところも伸ばせなくなったりして変なプレッシャーがかかり、楽しめなくなります。(金額で慣れてる人はエライ!と思います)
ただ、考え方として、枚数が増えてきて5pipsや10pipsでも資産を増やしたい、そう考えるなら別です。それが一番大事なことですからね。儲けの大小にかかわらず、自分の思った通りにトレードをできた時が一番うれしいと思います。

次に利確の話し。

まず基本的な考え方として、順張りであるが故に「頭とシッポは相場にくれてやれ」の言葉通り、天井や底を狙った逆張りトレードはしません。
が、天井や底を狙うようなチャネルラインやトレンドライン、サポート、レジスタンス、高値、安値などはエグジットのタイミングになりますよね。
ただ、私はここだと決めてエグジットするのはどうも苦手で。。。もうこれ以上伸びないよ!ってチャートに言われない限り持ち続けてしまいます(笑)。それが良い時もありますし、悪い時もあります。
以前はOCO注文でリミットとストップを設定してほったらかしにしてた頃もありました。
最近は、伸ばせるところは伸ばそうというやり方に変えていて、それはインジケーターを使って判断するようにしてます。
「そのやり方で儲かるの?」と聞かれたら「そうでもない(笑)」という答えをすると思います(笑)。一日平均40pipsが目標ですから。
ただ、以前に比べたら、伸ばせるところは伸ばせるようになったと思います。

あとは、それほど動かない時の判断をどうするか、ですね。上下激しい時や急に逆にドカドカッと動かれたりしたら、躊躇せず手じまいますが、そうではなく、徐々に下がったり上がったりしてるような時の判断はいかに。ってところが皆さんも悩ましいところだと思います。
テクニカル的な判断は次の回にするとして、私のやり方としては、伸ばせるところは伸ばすということを基本に考えたいので、多少儲けそこないがあったとしても「頭とシッポは相場にくれてやれ」の考え方であきらめることにしました。それでもプラスで終われれば良いと思ってます。今回はこれしか利益は取れなかったが、また大きく取れる時がある、楽しみはあとに取っておこう。そんな感じです(笑)。

ただし、ターゲットは目安として決めます。決めておくことで、そのターゲットに到達したあとどうするかということを考えられるからです。あるいは到達する前にこうなったらやめようとか考えられるからです。
その到達後、儲けそこないがあったりするわけですが、そういうことを考えておけば、その時点で大きく取れているのに決済しなくてもそれほど大きな儲け損ないにはならないからです。
ターゲットも第1から第5ぐらいまであります。一つずつクリアしていったら、その次のターゲットを狙いつつ、次のターゲットに到達する前にこうなったら・・・とか考えてます。

また、15分足でエントリーしているわけですが、1時間足の流れも見ながらエントリーしているので、1時間足と逆の流れでエントリーした場合でも、ある程度伸びたという状況になったとして、たとえば、1時間足のボリバンのセンターラインあたりで跳ね返されたりしたら、その時点で一旦エグジットするということもあります。
あるいは、チャネルラインや水平線、高値、安値などのあたりも注意して見ます。
いずれにしてもぶつかった瞬間に手じまうのではなく、ある程度動きを見ながら判断してます。

こんなやり方が良いとか悪いとかはありませんので、自分で納得のいくタイミングで冷静に判断して手じまうのが一番だと思います。細かく取って行くやり方の人もいれば、ターゲットまで我慢する方もいます。
その判断をどのようにして行うか、ざっくりでも目安となる手じまうタイミングを自分なりに発見すると楽しくなると思います。

私は資産を増やすことはもちろん最大の目的だと思っていますが、その増やすためのトレードを楽しみたい、その結果にお金はついてくる、ただそれだけのものと考えるようにしていて、金額の大小はあまり気にしないようにしてます。
お金の亡者よりFXの亡者でいたいと思いますし、その方がFXを楽しめるので。


今日の直近のターゲットですが、今のところレンジ相場の様相なのでターゲットは決められません^^;
こんな時は我慢我慢しておきます。(笑)

【16:19現在の直近ターゲット】
ユーロ円=上:107.13、下:本日安値
オージー円=上:86.37、下:本日安値
ユーロドル=上:1.3023、下:本日安値
オージードル=上:1.0511、下:本日安値
関連記事
タグ: #考え方 #テクニカル #トレード #手じまい

今日は特に何もなく。

金曜日から寝てしまって持っていたポジションは午前中のうちに手仕舞いし、今はスクエアです。
クロス円、ドル円は下げ下げで動いてますね。欧州時間までは様子見しようかと思ってます。
ギリシャ問題の会議も今日改めて開かれるようなのでそれも注目ですね。

私のまわりにも昼はサラリーマンやOL、夜はトレードをされる方もいらっしゃいます。
ある方は、しっかりしたルールがあり、そのルールにはまらない限りはその日はトレードしないという考え方で相場に向き合ってます。
とにかく我慢強い方です。その方は専業を目指してますが、将来はきっとすばらしい専業トレーダーになると思います。自分の得意な形、自分がこうだと思うタイミングが無ければとにかくトレードしない。
無駄に資産を減らさない有効な考え方だと思います。

自分の得意なパターンをルールとして作ることも大事ですが、自分の不得意なパターンの場合、ポジポジ病にならないようにするのも一つのルールだと思います。

その方のように、一日ぐらい全くトレードしない日があっても、それが賢いやり方だと思います。
目的は資産を減らさず、増やすことですが、その減らさずという部分で損切りを躊躇したり、先延ばしにしたりしたくなりますが、一時的に減ったとしても、それが自分の納得のいくトレードであれば、それはまたあとで挽回できる範囲内になると思います。その結果は次の前向きなトレードにするためのものであり、資金を効率よく使うための結果であると信じて、損切りを躊躇することは逆に資産をさらに減らす結果になりかねない、そう思えることも大切だと思います。

15:35現在の直近のターゲット
ユーロ円=下106.10、上107.13
ユーロドル=下1.29340、上1.2977
オージー円=下85.7385.61、上86.43
オージードル=レンジ
※私のターゲットの決め方を知ってる方から、ご指摘があったのでオージー円を訂正しました。

16:32現在
ユーロドル=下1.2944、上1.3004
※上記レートを抜けたり、抜けなかったり、トレンドが変わったりしたらターゲットは変わりますよ!
「上下」方向のターゲットに到達したら、全体のターゲットを見直します。
取引は個人の判断で!

逐一更新するのは結構大変だということに気づき。。。ということで、基本的には直近のターゲットだけ気が向いたら書きますね^^;
関連記事
タグ: #考え方

MT4、スケール調整の続き

金曜日もなんとなくやりにくい相場でしたが、夜にオージードルのロングを入れっぱなしにしてそのまま寝てしまいました。。。持ち越しのルールは私には無いので、たまたま寝てしまった結果なんですが、そういう意味では大失敗です(笑)。ストップとリミットは入れてあるので良いのですが、土曜の昼間に思い出してポジションを見たら、やっぱり残ってたという私にとっては大事件でした^^;
とりあえず、上がってるのでこのまま月曜日を迎えようと思いますが。。。
ちなみにポジションは1.04207。ストップは1.0439あたり。とりあえず、プラスで終われるようにしてます。リミットは全然上の方ですが。。。

先週、MT4のスケール調整のことを書きましたが、その続きです。
チャート上で右クリックをしてからプロパティの画面を表示させて、「全般」タブをクリックすると左下に「スケールの固定」と書かれたところがあります。ここにチェックを入れて上限、下限のレートを設定するとその範囲内で固定されて表示することができます。どのチャートでもそうだと思いすが、値幅の大きい時や小さい時でローソク一本の長さの見た目で惑わされることがありませんか?長いローソクが出たと思って目盛りで確認したら、意外とそうでもなかったとか。(笑)
そんな方はスケールを固定させて常にローソクの値幅を一定の感覚で見れるようにした方が使いやすいということもあるかもしれません。私は固定させてませんが^^

a0289380_12262382.jpg

また、下の画像はレートの目盛りを10pipsごとに表示させるインジケーターです。

a0289380_12263911.jpg

※画像内の文字はインジケーターのものではなく、説明用に記入したものです。

節目のレートで「ダブルゼロ」「トリプルゼロ」などといういい方も一般的なぐらいに意識されるかと思います。そんな部分を常に見たい方はこういうインジも良いかと思います。私は使ってませんが^^

スケール固定もインジもどっちも私は使ってない話ですが、参考になればと思います^^


-------- コメント一覧 --------
Commented by りょ at 2012-11-25 23:03 x
タクさん、こんばんは

ブログのリンク貼ってくれてありがとうございました ^ ^

画像つきの解説、わかりやすいですね
今後ともよろしくどうぞ!
Commented by fxtaku at 2012-11-26 08:49
■りょさん、おはようございます^^
あ、勝手にリンク貼っちゃいました^^;
こちらこそ、よろしくお願いします!

関連記事
タグ: #MT4

上下に振られる相場

昨日は米国が完全に休場ということもあり、12月のような相場でしたね。方向感はなんとなくあるんだが、その間の動きが上下に結構動くという。
世の中、寒くなってきてますし、昨日のような相場を見てるともう今年のトレードも終わりだなーという雰囲気を感じながらチャートを見てました。昼も微益で終わり、夜も微益、微損、微益などと、スキャルは苦手なんですが、時間的な感覚で言えば、結果的にはスキャル的なトレードで終った感じでした。

今日は日本が祝日。千葉国際駅伝を見ながら書いてます(笑)。千葉は雨なんですねー。寒そう。と書きつつ、日本がケニアを抜いて1位に!!!

さて、今はユーロ円のショートを持ってます。今日の午前11時ぐらい前にポジションを取ったのですが、全然動いてないですね。

ユーロ円がもし、ここから下がるなら105.65がターゲット#1。ここから上昇トレンドになった場合は106.64。という感じで見てます。さらに伸びてくれたら良いですが、レンジ相場になれば当然これも修正しながらシナリオを立て直すことになります。

ちなみに他の通貨ペアも書いてみましょうか。今までこんなこと書いたことないですが、どんな感じで見てるか書いてみるのもたまにはいいですよね。
とりあえず、ターゲットも第1から第5まであるんですが、その日の中でも時間軸によって変える時もあります。あるいは第2ターゲットまでしかなかったりとかですね。その辺の判断は流れを見ながら判断してます。

とりあえず、第1ターゲットまでは下のような感じで見てます。
ユーロドル 下=1.2845、上=1.2905
オージー円 下=85.15、上=85.80
オージードル 下=1.0350、上=1.0415


-------- コメント一覧 --------
Commented by 奈那子 at 2012-11-23 20:14 x
昨日はおつかれさまでした~
毎日ターゲット書いてほしい~^^;
Commented by fxtaku at 2012-11-24 00:10
■おおお、奈那子さん、こんばんはー!
コメントしていただいてたんですね^^;ありがとうございます!!
昨日は奈那子さんの方がお疲れさまでした!(笑)
風邪気味なのに大変でしたよね^^;もう治ったのかなー。

私のターゲットは、決めるタイミングが難しいんですよぉ。。。今日はわかりやすかったんですが。。。ブログ更新するときにタイミング良ければ書くようにしようかなあ。。。でも、私のターゲットはころころ変わることもあるのであてにならないですけど。。。(笑)
関連記事
タグ: #トレード #手じまい

昨日は楽しい相場でしたね

昨日はオージードルショート、オージー円ロングで取れ、最後にお遊び程度でユーロ円に乗っかって微損でやめました。
ユーロでトレードした人は昨日はホクホクですね。私は普通な感じでした(笑)。
今朝は、オージー円ロングを入れた瞬間、ユーロが上がりだし。。。で、先ほど微益で手仕舞い。
東京時間はオージーをエントリーする癖がついてしまったような気がしてきた。この辺は修正していかなきゃいけないなー。

今日は米国が休場。日本は明日が祝日で調整的な動きもあると思いますが、素直に乗ります(笑)。今は様子見中です。欧州時間までは消極的に。。。
とりあえず、今日の高値安値をどちらかに抜けるまでは控えめに行こうかなと。

昨日みたいな流れの時、反転した良いタイミングで入れなくても、とりあえず乗っかるのがいいですね。あとは利確のタイミング。これが難しいところですが、節目のレートで判断する人もいれば、オシレーター系の売られすぎ、買われすぎで判断する人もいるでしょうし、フィボナッチやその他いろいろな自分なりの考え方で手じまいますよね。
長く持ちすぎてもダメなときもあるし、良いときもあるし。どこで切るかというのは本当に難しいと思います。
冷静にチャートを見て判断するだけならきっとうまく行くと思うのですが、そこは人間。欲が出たり、思い込みが出たりします。
なんにしても、チャートに素直になることが大切なので、こんな形になったらやめる、あるいはテクニカル的にこれがこうなったら一旦手仕舞いするとか、「一旦手仕舞い」というやり方も時には必要ですよね。
そして、また入りなおせるチャンスがあれば入りなおせばいいわけで。ただ、入りなおした後、反転していったりすることもあるので、その辺の判断は枚数調整したり、ストップ幅を狭くしたりするとか工夫すれば良いと思います。
ちなみに私はどんな時も枚数は同じです。損切りされたらされたでいいから思った通りのことをします(笑)。

ストップ幅は狭くすることはありますが、最近は広くすることはなくなりました。たまに目安となるレートが見えてる時、ストップ幅をそこまで広げたりすることもありました。が、広げることはやめました。
自分のルールでエントリーし、その結果、損切りされたことで相場の流れを早めに見直すことができる、そう考えることにしました。
単純に上下が激しいだけで方向は間違いなさそうなのかどうか、それとも完全なレンジ相場なのか。
損切りされることで、すぐにまたトレードせず、ちょっと考える時間をおいて仕切り直す方がそのあとやりやすくなると考えたからです。

損切りされてもへこたれず、損切りされた理由を考えて、同じようなパターンになった時、どうすれば良いか。。。トレードしないということも選択肢の中に入れて、そのあとのトレードに活かすことを考えるようにした方が楽しいですね。

最近、私のトレーダー仲間の知り合いに私を紹介されたということで話すようになった方がいるのですが、とにかく熱心ですね。熱心な方には熱心に対応してあげたくなりますね~~。というか、そう対応しないといけないですよね^^;
関連記事
タグ: #考え方 #手じまい

予想は禁物。

昨日もばたばたトレード。2日連続して東京時間、欧州時間と小さなレンジ相場でやりにくかったですね。
プラスで終ったものの、トレードの内容としては自分としては良くなかったです。
スキャルが得意な人であれば何十回と回転させて100pipsとか稼げてしまうんでしょうけど、私にはそれだけの体力もないし根性もないし、めんどくさいのでやりません(笑)。
もっと若い時からFXやってればなーと思うことがたまにありますが、私の若いころはネットでFXの取引なんてない時代でしたからね。。。アハハハ

さて、FX取引においては、予想は不要だと思ってますが、予測はある程度必要だと思います。
言い方の問題もありますが、みなさんがたとえば、テクニカル分析やファンダメンタルズ分析でこうなるだろうとか言うのは、しっかりした分析のもとで言うのであれば、それは「こうなるだろう」ではなく、「こうなる」という時に限って言えるはずのことだと思います。「だろう」といういい方は、それを見てる人に対して誤解をさせないようにあくまで個人の判断で取引してほしいために、謙虚に書いてるのだと思った方が良いと思います。
なので、予測してるような言い方に見えるものが根拠がしっかりしたものであれば、それは予想ではなく断定的な考え方でトレードすることによりそれは予測になるのです。

事実で売るとか、よく聞くと思いますが、テクニカル分析にしろファンダメンタルズ分析にしろ、テクニカル的に見て、こうなってるから上がる、だから、買う。こうなってるから下がる、だから売る。

もう少し、具体的な例で言うと、たとえば、テクニカル的にはMACDがゴールデンクロスしたから買う。ボリンジャーバンドがエクスパンションしたから買う、というようなこと。
ファンダメンタルズ的には、アメリカ経済の先行きが不透明であったり、雇用統計がおもわしくない。だから、ドルを売る。というようなこと。

ここでは、下がるだろうとか上がるだろうではないんです。だから、買う、だから、売る。という根拠が必要なんです。

下がるだろうとか上がるだろうとかTwitterやブログに謙虚に書いてる方の中でも、しっかりした根拠があれば、それは予想しているのではなくハッキリしたトレードに対する意思の表れで、だから下がる、だから上がると言っているのだと思います。

トレードに必要なのは予想ではなく、あくまで今の状況の分析から上がる下がるという判断(予測)だけが必要で、それに対して買ったり売ったりするのがうまいトレードだと思います。

順張りにせよ、逆張りにせよ、値ごろ感などではなく、根拠があってこそうまくいくものです。
たとえば、逆張りでもトレンドラインやサポートライン、レジスタンスライン、チャネルラインなど節目になるレートが見えているなら、そこから逆張りもできます。あるいはオシレーター系のテクニカルで売られすぎ、買われ過ぎのところから逆張りしたり、根拠があってできるものです。

単純に動きに惑わされてついていくのではなく、根拠を作り、それに対してトレードすることが大事です。
関連記事
タグ: #考え方

損切りも笑ってすまそう

昨日はバタバタトレードでしたが、プラスです。
が、毎日プラスの記録は先週の金曜日にくずれてしまいました(笑)。1カ月半ぐらいの記録でした。。。残念。

今日は、損切りされた時の反省のしかたについて(笑)。

自分がここだと思ってエントリーしたトレードが結果的に損切りされた場合、すぐにこのやり方ではダメなのかとか思ってしまう人もいるかと思います。
一回一回の取引の結果はもちろん大事ですが、そのやり方がたまたまその時、その日に合わなかっただけなのかもしれないし、エントリーポイントがほんとにダメダメだったのかもしれません。

が、そのエントリーポイントが客観的に見てダメダメだったのなら、それは改善していかなくてはいけませんが、そうではなく、ここぞと入れたのにたまたま損切りされてしまったことについてはダメダメトレードと混同してはいけません。

たとえば、ロングエントリーしました。

ストップを-20pに設定しておきました。

結果、損切りされてしまいました。

が、そのあと、また上がって行きました。

ここで感情的に考える人は、2つのショックがあります。

まず、損切りされてしまったこと。そして、そのあと結局エントリーした方向に伸びてしまったくやしさ。
損切りされた段階でくやしいのに、さらにそのあとその方向に伸びてしまったことでさらにくやしい感情に拍車をかけ、そこからまた感情的にトレードするか、だめだなーとか考えてしまうと思います。

しかしながら、ちょっと視点を変えてみます。
そこで感情的にならずに、そのトレードがなぜダメだったのかということを考えます。
また、損切りされたあと、結果的にその方向にまた伸びたとしたら、方向の判断は合っていたわけなので、そこは正しかったのですから、そこは思い切り自信を持つべき部分だと思います。

とすると、何がいけなかったのか。方向の判断は間違っていなかった。
では何か。
エントリーポイントが悪かったのか、そのため損切りのポイントが悪かったかもしれない。
たまたま何かの影響で逆に動いたのかもしれない。
ちょっとタイミングが早かったのかもしれない、遅かったのかもしれない。

とことん原因を考える時間を持つようにして、その改善をしていくことにより、感情的になるヒマなんてなくなります。

原因がわかったなら、あとはチャートをどう見て改善するか。
あるいはインジケーターの見方を変えたら良かったり、パラメーターをいじってみたり、さらに補助的なものとしてインジケーターを加えたり、逆に迷う原因になっているものがあれば削除したり。
とにかく考えて考えて考えまくります。
感情的になるより冷静にそんなことを考えて行くと、どんな時も冷静に淡々とできるようになります。
その敗因がわかって納得できるようにとことん探り、それが改善できるものなのか、あるいは自分ではどうしようもないたまたま逆に動いた要因があったなら、それはそれでしょうがないトレードだったとあきらめれば良い。

メンタル的な敗因であれば、そんな悪いメンタルの時にトレードしないという我慢強さを持つだけでいいと思います。

メンタル論はあまり必要ないと思っていますが、あえてそこを言うなら「我慢」の一言です。

あとはどんな結果になっても、その結果に対して考えていくことが大事です。

先ほどの例とは違い、もし、損切りされたあと反転して行ったとしても、その敗因をとにかくなぜなんだ、どうしたらいいんだろう、何か方法があるはず、ということを考えることが大事です。

一回一回の取引の結果は素直に受け入れ、その時に改善しなくてはいけない感情的なトレードならすぐやめればいいですが、毎回毎回やり方を変えたりはせずに、同じやり方を最低でも1カ月継続して行い、その結果どうだったのかということで最終的な判断をすべきです。
その結果を見て、改善すべきところがあれば考えていくようにするのが時間はかかっても、それがうまいトレードへの一番の近道です。
関連記事
タグ: #考え方

ナンピンも良し悪し。

今日は主な指標もなく淡々とトレードする日ですね。
今朝はオージードルのロングで、先ほど微益で一旦手仕舞いました。
しばらくまったりしておこうと思います!

今日はナンピンのお話。

私はナンピンは絶対しないルールですが、理由の一つとして、一件のトレードでそのまま完結するというのが私のルールなので、途中で分割決済もナンピンすることもないからです。

ナンピンをするのはよっぽどその相場の流れを見極めているか、中長期的に見てナンピンすると初めから決めてトレードしている方が多いと思います。

短期トレードにおいては、ナンピンはかなりリスクがあるように思います。
特に短時間でナンピンするのはよっぽどの自信が無い限りはリスクが大きいと思います。

中長期的に見れば、たとえば、20pipsぐらい逆に動いた時にナンピンするとか、あるいはもっと動いて50pipsとかそれ以上の値幅が動いた時にナンピンするというのはまだ良いと思っています。

しかしながら、ナンピンというのは、含み損を抱えた状態で買い増し、売り増しをすることになるので、その分、資金的なリスクは大きくなります。
考え方としては、ナンピンすることでポジションの平均値を有利にすることにはなるのですが、そこだけ見てしまうととても良さそうに見えます。が、逆にその分、含み損が増えるペースも早くなるので、資金管理と一緒に考えたり、自分のトレード方法に合っているかどうか、リスクリワードを考えてトレードする必要があります。

もし、自分のリスクリワードがそれほど良くないのであれば、あえてナンピンしてリスクを抱えるよりは、一度損切りしてから、そのあとの流れを判断してトレードしても遅くないと思います。

トレードのタイミングが早ければ良いというものでもないので、じっくり相場を眺めて、自分のトレード方法を理解しながら、ナンピンするかしないか決めて行けば良いと思いますし、自信がなければしないほうが無難です。
関連記事
タグ: #考え方 #資金管理
プロフィール

fxdetaku3

Author:fxdetaku3
管理画面

タクと申します。
常に淡々とトレードするほうが楽チン♪
普段取引している通貨ペアはユーロ円、ユーロドル、オージー円、オージードルの4通貨でデイトレ、FX専業です。
ファンダは苦手。システマチックにテクニカル重視の順張り。
とにかく、FXを楽しみましょう!




メールフォームはこちらをクリック。



【ガチンコFX】
FXライター高城のFXの儲けの極意は勝者に訊け」で、私のことが紹介されました。
高城さんの最新の記事はコチラ。
「ガチンコFX」では、奈那子さん西原さん羊飼いさんのコラムもあります!

【ご注意】当ブログの内容に関し、その正確性、有用性、確実性その他いかなる保証もするものではありません。ご利用により万一何らかの損害が発生したとしても、私は一切責任を負いません。真似をしようとせず、考え方が参考になれば幸いです。

[PR]

¥1000 min trade: city scape

カテゴリ
タグ
最新コメント
最新記事
月別アーカイブ
リンク
訪問者数
TOTAL: 無料カウンター
TODAY: 電話占い YESTERDAY: パワーストーン

本日のPV数