順張りにこだわります!

昨日は、とても素敵な贈り物が送られてきました。感謝感激!いつも身につけて一生大事にします!
それのおかげで毎日が楽しくなりそうです!

さて、プロフィール編は終わり、トレードに対する考え方を中心にいろいろ書けたらいいなと思ってます。そこから皆さんの「楽チントレード」達成に役立つようであればとてもうれしく思います!
ということで、その路線で行きたいと思います(笑)。

私の基本的な取引方法ですが、それは今も昔も変わってない部分があります。
それは「デイトレードでやる!順張りでやる!」。この基本的な考え方はずっと変わってません。
変わってる暇がなかったというか、ルールがそもそも順張りでしか考えてなかったので、それ以上の変化はなかっただけの話です。。。(苦笑)

デイトレにこだわった理由は、昔、株を始めた頃、バブルもとっくにはじけ、「今は経済が不透明で中長期の投資はリスクが大きすぎる」と、何かで見て、それなら短期でということでデイトレにしました。その延長上でFXを始めた時もデイトレでやろうと決めてました。
スキャルという選択肢もありましたが、あまり忙しいのもいやだなと。。^^;
ゆっくり楽しみながらトレードしたい。とにかく楽に。。。。

また、テクニカル派、ファンダメンタルズ派で分けるとすれば、私はテクニカル派です。
ファンダメンタルズは基本的に気にしてませんが、中長期的な取引をするとなるとファンダメンタルズも必要になってくると思います。
逆に短期であればあるほどテクニカルが大事になってくると思います。また、順張りなら素直に流れに乗ればいいだけだから楽チンじゃん!エントリーポイントさえしっかり見極められるルールがあり、長い時間足で全体の流れ(テクニカル的な相場観)を判断すれば大きな利益は望めなくても小さなリスクでできる!
と考えたからです。
もちろん負けることもあるわけでそれはどんなやり方でも同じです。

順張りですから逆張りのようにピンポイントでエントリーする必要はないので、あとはクローズのタイミングさえうまく判断できれば利益は取れますし、逆の流れになりそうな時もうまく対応できます。

たとえば、4時間足の相場観としては上昇していると見ている場合。
ロングロングで攻めたいところですが、1時間足では少し反転の兆しがあって、短時間かもしれないが、ここはショートだ!と判断してエントリーしたとします。その場合は、大きな流れ(4時間足)に逆らわないように、早めにエグジットするか、小さな損切りで済ませるように考えます。

これはテクニカル的に判断するというよりも、相場をどう判断し、どういう取引の仕方をするのか、ということを考えます。それを考えるようになると、テクニカル的なエグジットポイントをどこにしたら良いか、どこにする!という考えが逆にできるようになると思います。
全体な相場観(流れ)を持ちつつ、押し目買いや戻り売りのポイントまで待つのか、それとも逆張り的にトレードしていくのか、その場合エグジットポイントは早めにするのか、それともまるっきりこれから逆トレンドになっていくという判断でいくのか。そのへんの態度、考えをハッキリさせながらトレードに臨むと良いと思います。
希望的にポジションのある方向に行くだろう、行ってほしいという考えでは、流れを読めていないので、そういうトレード、考えはやめた方が良いですよね。



-------- コメント一覧 --------
Commented at 2012-10-01 15:16 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by fxtaku at 2012-10-01 16:17
■鍵コメ 15:16さん、こんにちはー!
そうだったんですかー。でも、プラスな面もあって良かったですね!
いろいろ大変だと思いますが、楽しみなこともあるでしょうから、何事もポジティブに元気にいきましょー!(^0^)
関連記事
タグ: #考え方

プロフィール #12 「利益を伸ばそう作戦」編

遂にやりました!!!
今月、毎日プラスで終わることを目標にトレードしてきましたが、昨日の昼間はマイナスを抱え、やっぱり、ダメかーと思っていたのですが、最後の最後に禁断の逆張りでプラスにすることができました!!
とはいえ。。。最後は自分のルール通りではないので後味悪いです。。。が、とにかくやりきった!ということで良しということにしたいと思います!(笑)
毎日プラスといっても、+0.7pで終わった日もありますけどね!(笑)

さて~~、プロフィール編は最終回です!

私は同時に複数の通貨ペアを持つやり方はめったにせず、ユーロドル、ユーロ円、オージードル、オージー円のいずれかから一本釣りがほとんどです。
一時、複数通貨を持つやり方をしてみたのですが、あまり効果は出なかったのでやめました。その分、枚数は一カ所にかけるというやり方にしてます。
結果的に「あああ、あっちの通貨のほうが良かったかな」とか思う時はありますが、それは、数ある取引の中でわずかな回数だということがわかり、気にしないことにしました。

また、分割決済やナンピン、両建て、売り増しや買い増しなどといったやり方もしません。
一度エントリーしたら決済までそのままです。それが片付くまでは別のトレードもしません。
ですが、いずれ2通貨ペアぐらいは本格的にとは思ってますが、今は1本で集中してがんばります!

今のやり方で利益は、一日平均40pips取れればOKで、月トータルでは800pips/1通貨あたり取れれば幸せです。(笑)

ここ数年はOCOでほったらかしを基本にできるだけコンスタントに+50pを取るようなやり方をしてきました。OCOでほったらかすのはとても楽なのですが、本当は利益を伸ばせるところはもっと伸ばすやり方をしたいとは常々思ってたんです。
ただそれをするには相場観とターゲットをどこにするかの目安が無いと長く持つことがなかなかできないと思うんですね。それが苦手でした。。。

それまでは注文と同時にOCOでストップを-30p、リミットを50pにしてほったらかし、時には流れしだいで40pで決済したりしてたんですが、今年になってFXの税制が変わり、ストップを-20p、リミットを40pにするようにしました。リミットを下げることでよけい楽にはなりました。

しかし、もっと利益を伸ばして取れた時の醍醐味を味わいたくなり、今年の初めぐらいから伸ばせるときは伸ばそう!というやり方に変えました。

OCOで楽チンにトレードしてきたので特に変える必要もなかったのですが、
今年になり、ひょんなことから「FX友の会」のアイドル的存在の奈那子さんから、友の会の方たちと交流できる機会をいただき、一日中スカイプで複数の方と音声でお話しさせていただくことがあったり、いろんな刺激を受け、利益を伸ばせるところでは伸ばそうというやり方に変えて行くことにしました。

そして、今現在は、「伸ばせるところは伸ばそう作戦」を実行中です。
その分、OCOでほったらかしていた時よりは、やりにくくなっていて、逆に利益が取れなくなってる!状態でしたが、ここ最近はいい感じになってきました。

プロフィール最終回は以上です!

次回からはマイルールネタを書こうかな。。。


-------- コメント一覧 --------
Commented by KMA at 2012-10-01 16:36 x
はじめまして,福島県のKMAと申します。fxtakuさんは宮城でFXなさっているのですか?近くにトレードしている方がいなので,もしや東北の方かと思い,コメントを残しました。これからもブログを楽しみにしております。
Commented by fxtaku at 2012-10-01 16:45
■おおおおお、KMAさん、初めまして!そして、ようこそおいでくださいました!
福島の方なんですねーー!そうなんですよねー。東北でFXをされてる方ってなかなかいらっしゃらないんですよね。。。
いた!と思ったら、アフィリだったり商材の紹介が中心だったり。。。東北のまともなトレーダーさんは私もまだ知り合いがいません。。。
是非仲良くしてやってください!
よろしくお願いいたします!
Commented by KMA at 2012-10-01 17:44 x
早速のお返事ありがとうございます。
東北の方が見つかってうれしいです。
こちらこそよろしくお願いいたします。
ブログもやっていますので。
暇な時に覗いてください。
Commented by fxtaku at 2012-10-01 20:23
■KMAさん、またまたお越しいただきありがとうございます!
先ほど、そちらのブログにコメントさせていただきました!
とても素晴らしい濃い内容ですね!少しずつ読ませていただきます!
関連記事
タグ: #エントリー #手じまい #考え方 #トレード

プロフィール #11 「順張りとOCOで楽チン」編

昨日もレンジの狭いやりにくい相場でしたね。
私は昨日もオージー日和でわずかな利益。夜にスペインの予算案なんたらかんたらで動いた時にちょっとのっかってみましたが、建値で終わりました。アハハハ
いずれにしてもプラスで昨日も終えて一安心。今日もプラスで終われれば、初の一ヶ月毎日プラストレード!
かといって、守りに入ったら慎重になったりせず、普通にやります!

さて、プロフィール編もいよいよ終盤・・・

FX歴3年目ぐらいから毎月コンスタントにプラスで終われるようになったわけですが、
日々ベースで見たら、それはそれは負ける日もあるし、ということで普通なトレードでした。
そして、その間にいろんなインジも使い、手法も試したことは何度も書きましたが、逆張りは私には向いてないなということはハッキリしました。。。(笑)

順張りでとことんやる!これはずっと守り続けていて、たま~~にちょっとお試しで逆張りすることもありましたが、チャートを眺めていると、順張りで慣れてる私にとって逆張りはハラハラドキドキものです^^;。15分足を見ていれば、移動平均線やらいろんなものが「上だ上だ」とチャートが語りかけてきているにもかかわらず、そこでショートを入れる。。。
これは。。。私のノミの心臓では耐えきれませんでした。。。(笑)

「早く下がれ~~~。。。。あ。。。やっぱり上がるのか??・・・・・・」

こんなことを考えながらチャートを眺めていたのではとてもとても冷静になんてできないなと。。。
やはり、チャートを安心して見ていられる、我慢していられる、そういう状態で取引をし、チャートを眺めていられたらとても楽だなと。

あとはOCOでほったらかし。これは楽チン♪
そんなこんなで、だいたいの楽チントレードが出来上がりました。

ただ、OCOでほったからすというやり方は、楽チンではあったが、ターゲットを見つける方法がよくわからず、ヘタクソのクソバカだったのでOCOにしていたというそんな理由ですけどね。。。(下品ですみません)
ターゲットがわからない人は、OCOでこれぐらい取りたい、あるいは取れると思っているならそれでほったらかしにするか、欲張らず5~10pでクローズしてしまうようなやり方もありかと思います。

私の場合は、運よくOCOで放置するというやり方でも意外とコンスタントに利益を取ることができました。
エントリーポイントは常にルールを意識して。

そして、今年になり、ふとしたことから自分のルールを見直すことになります。
OCOからの脱却です。

次回はプロフィール編の最終回です!!
関連記事
タグ: #手じまい #考え方

プロフィール #10 「我慢強く!」編

今日からネタは小出しにします(笑)。
昨日の昼間は出かけてたのでトレードはできず、午後からチャートを眺めてましたが、なかなか入りどころがなく、3回ほどちょこちょこトレードして微々益で終わりました。とりあえず、プラスで終わったので一安心。
今日は今のところオジ円ロングしてます。まだ下げ目線もありますが、今の動きに素直についていってる感じです。また、ドル円の動きやら介入やら気になりますが・・・。

さて、前回からの続き・・・

ファンダや逆張りが苦手な私にとってはテクニカルでシステマチックに順張りで行う方法がベストと考えていたので、エントリーポイントやエグジットポイントをどういうルールにするのか、どんな方法が一番激アツなのか、とにかく確率の高いポイントで順張りエントリーすれば、利益は小さくとも勝てる確率は高いと考えました。

それは人それぞれ利益の取り方やリスクの取り方、短中長期のトレード、などなどいろんな思惑があるので一概にここが一番いいというのはないと思います。

ただ、そのタイミングになるまでとにかく待つこと。
ガチガチのルールでは息苦しくなったり、勢いのある時に乗り切れなかったりするので、
ある程度曖昧な部分は残しておいて、基本的なエントリー、エグジットのポイントは抑えておこう、そう思いました。そして、じっくりそのタイミングになるまで待ち続けること。
それでなければ検証と同じ結果、全く同じにはならないが、良い方向の結果にならない。
とにかく我慢我慢でした。

「我慢強く!次がある!」

それが身に着くまでは、ずっとチャートを眺めてると、ちょっとした雰囲気や値ごろ感でそろそろ上がるだろう、下がるだろうで手を出した時もありました。
しかし、それではせっかく考えに考えたルールが意味のないものになり、失敗トレードに終わったら無駄な投資、無駄な時間になってしまうだけですよね。
それなら、本を読んだり、テレビ見たり他に好きなことをしてたら有意義に過ごせます。(笑)
「無駄に資金を減らすことはない」

為替市場がいきなり本日限り!なんてこともないわけですから、一年を通して取引できる時間はたくさんあるわけで、その日だけの負けにこだわって取り戻そうと考えたりするのは愚の骨頂だと自分を戒めました。
負けは負けでも納得した想定内の負けなら、普通に取り戻せるチャンスが必ずあると自分を信じ。。。

そして、だんだんとルールも内容が更新され、心得も書いたりと言った日々がまだまだ続きました。。。

続きは次回!
今回はこれにて!
関連記事
タグ: #トレード #考え方

プロフィール #9 「想定外のことが起きたら」編

(9/26-4/4p)

最大連勝数や最大連敗数、そのことも踏まえることができれば、ある意味安心です。
たとえば、バックテストでは最大連敗が6連敗あったとします。実際に取引している時に6連敗しても、それは「想定内のことだと思えば良いのだ!」と思うだけです。
実際には7連敗、8連敗するかもしれない。想定外のことが起きたらその時点で無理せず取引をその日はやめればいいのだ、そう割り切るようにしてました。
想定外というのはそういう連敗だけでなく、迷ったりはっきりしない苦手な相場なども含みます。

そして、ルール通りにやれば、必ず資金は増えるという確信を持ちながらトレードすれば、負けよう勝とうと淡々とできるようになるはず。。。
そのためにもテクニカル派の人は特に検証が必要だと思います。
なんとなく勝ってなんとなく負けていたのでは、何が良くて何が悪いかの判断基準がないですから。

負けても想定内(ルール)のことは想定内として受け入れ、淡々と取引することができれば、トレードはやりなすくなると思います。
そのためには検証も必要だし、それが資金管理、リスク管理を考えるきっかけになると思います。

もっと具体的な資金管理については、近々バカラ村さんが資金管理についてセミナーをされる予定ですし、その後、DVDも出される予定なので、それが出たら買ってください(笑)。

そして、FXを始めてから3年目。
とりあえず、月単位では利益の大小はあるものの、毎月プラスで終われるようになりました。
この頃には、QQE、VQとはおさらばして独自のルールを模索しながらのトレード期間になりました。
インジの組み合わせ方もいろいろ変えたり、どこをどう見たらいいのか勉強したり。
いろいろ変えるといっても、一日二日ですぐ変えたりせずに最低でも1カ月お試しです。

ただ、シグナルがあったほうがいいな、というのは今でも変わらず。。。(笑)
余所見してたり、テレビ見てたり、本を読んでたりしても音やメールで知らせてくれたら、
チャンスを見逃さずに済みますからね^^;

しかし、この頃はまだまだ考えることがいっぱい。

今回はここでおしまい!
また次回!

※一度の記事がちょっと長すぎたので分割しました^^;
これで短時間に区切って読みやすくなると思います!
関連記事
タグ: #考え方

プロフィール #8 「損切りを考える」編

(9/26-3/4p)

検証結果から考えると、自然に資金管理やリスク管理に結び付いていきます。
たとえば、平均利益(1取引あたりの利益):平均損失(1取引あたりの損失)を比べてみれば、損小利大なのか損大利小の方法なのかがわかりますし(リスクリワード)、ストップ幅をちょっと小さくしてみたらどれぐらいの利益が改善されるか、そんなことも考えてみたりしました。
小さくしてみたら・・・という部分については、単純にそれだけでは判断できません。逆にストップ幅を広くしてれば、ストップにかからずに儲かっていた時もあるかもしれませんから。
しかしながら、そんなふうに考えたのではキリがなくなってしまい、中長期でポジションを持つ手法に変えないといけなくなるので私はスパッと切る方を選びました。
ストップで切られても入りなおすチャンスがあるのであれば、入りなおして、チャレンジして良い結果が出るのであれば、そのやり方を考えた方が良いと。
要は損切りしても、それを挽回できる範囲におさめること。それが大切だと感じました。
また、最大損失や最大ドローダウンも知ることにより、資金管理、リスク管理の役に立ちます。
自分のやり方ならどれぐらいの含み損を抱えたらロスカットになる、そういうことも想定しておくと安心だと思います。私の場合はドローダウンはあまり気にしてませんでした。理由は、よっぽどのへまをやらかさない限り、ロスカットになる確率はゼロに近く、デイトレなのでストップ幅も狭かったですし、注文と同時に常にストップとリミットは入れていましたし、連敗したとしても、ある程度連敗したらその日はやめて次のチャンスを待ち、そんなやり方をしている限り、大きなドローダウンは無いと想定できたので。
スイングトレードの人は特にドローダウンは意識しておくべきだと思います。

ではでは次回へ!
関連記事
タグ: #リスク管理 #考え方

プロフィール #7 「リスクリワード」編

(9/26-2/4p)

さて、引き続き検証は続けてました。
その中で、それが資金管理、リスク管理に自然につながってることに気づきます。
当時はレバレッジ250倍という高レバでやってました。
何も知らない怖いもの知らずの時期でした(笑)。
その分、始めた頃の資金の減り方が早かったわけですが・・・^^;
今は実効レバで2~3倍ぐらいです。

検証することによって、自分のストップ幅が適正なのかどうか、平均利益がどれぐらいかがわかり、そのことが、資金を減らすだけのものなのか、少しでも増えて行くものなのか考えることができました。
また、リスクをどれぐらいのものを常に抱えて取引しているのか、それが目に見えてわかります。
リスクが大きい割に利益が小さいのでは効率的にあまり良くない。
リスクが小さくて利益を大きく狙えるような取引であればそれが一番いいわけですよね。
リスクが大きくても勝率がよっぽど高ければそういうやり方もあるとは思いますが、取引してる中で楽に淡々とできるのは、リスクが小さければ安心してチャートを眺めていられます。

たとえば、1カ月の収支で見た場合、

Aさんは、総利益が100万円、総損失が90万円、差し引き10万円の利益。
Bさんは、総利益が20万円、総損失が10万円、差し引き10万円の利益。
Cさんは、総利益が3,000万円、総損失が1,500万円、差し引き1,500万円の利益。
Dさんは、総利益が3,000万円、総損失が2,500万円、差し引き500万円の利益。

ここで皆さんに質問。誰が効率良いと思いますか?あるいは誰のようなやり方が良いように見えますか?(複数回答可)
あえて答えは言いません。客観的に見て明らかだと思うので。(プロフィットファクター)

今回はここまで。また次回!
関連記事
タグ: #リスク管理 #考え方

プロフィール #6 「得意なパターンを探す」編

(9/26-1/4p)

昨日(9/25)は、深夜にずいぶん下げましたねー。そして、今日は出かけてて今のところノートレードですが、ユーロがまた急に下がってますね。日本株、アジア株の下落、スペイン、ギリシャの債務不安などによるものみたいですが、この時間にこの動きは珍しいですよね。
昨日のトレードは朝方にユーロ円、ユーロドルロングでちょこっと取って、その後、オージードルショートでちょこっと損切りして、午後にはユロ円ショートで挽回。夕方から夜にかけてユロ円Lでおしまい。昨日は下も上も素直に流れに乗れました。今月は今のところ毎日プラスなので、このまま毎日プラスで終われば初体験。過去にも毎日プラスの日があったんですが、最後の日にやらかしてしまい記録ならず、という月がありましたが、今月はなんとか達成できたらいいなと思ってます!

さて、前回の続き。
ルール通りに取引はしてみたものの、やはり、バックテストのようにはうまく行かない。
そりゃそうですよね。相場は毎日違う動きをしますし、ボラやレンジ、レンジでも広めのレンジだったり、狭いレンジだったりするわけで、相場を見極めつつ、自分の得意なパターンや苦手相場をうまく切り分けないと負けっぱなし!もっと頭使え!と自分に言い聞かせ・・・(笑)

基本的に私はトレンドフォロー型なので、順張りオンリーです。
なので、インジもそれに見合ったものをいろいろ使ってみました。
MACDは2本線がよなよなからみあってるようで見た目が良くないし、
ストキャスティクスは逆張りではいいんだろうが苦手だし、押し目、戻りのポイントで使おうか・・・、でも理由はわからないが、なんとなく使いずらい。
ボリンジャーバンドはなんとなく見てるだけであまり活用してないな。。。とか(笑)。
ただ、いろんなものを使ってみると、似たようなインジを見つけた時に、こんな使い方すればいいんだなとか、こんな見方をすればいいんだなとか、それだったらこっちの方がわかりやすいな、とか、自分に合ったものを探すようになりました。
たとえば、移動平均線もただトレンドの方向を見るためのものではなく、組み合わせしだいで別の使い方や見方があったりするなと思ったり。
ただ、いろいろ入れすぎると逆に迷ったりすることになるのであまり入れすぎても良くないですよね。邪魔なものはとっとと削除し、シンプルに判断できるものだけにしてしまった方が良いと思います。
それから、使い分けるのもいいと思います。たとえば、エントリーはこれとこれの組み合わせで判断、クローズはこれで判断とか。
テクニカルだけの場合は、長い時間足で相場観を持つことも大事だと思います。

続きは次回!
関連記事
タグ: #考え方

プロフィール #5 「何か方法があるはず」編

(9/25-2/2p)

ですが、凹むことは意外と無かったです。なぜかというと、前回書きましたが、
とにかく、「何か方法があるはず、何かをどうにかしよ。」

それでやはり思ったことは、「ルール通りに取引していれば、6割強の勝率でできるわけだから、その通りやればいいじゃないか。その通りにやっていれば利益はもっと増えてたはず・・・」
バックテストで検証し、それをフォワードテストという形で実際の取引ができなければ検証の意味がないわけですよね。
とにかくとにかく、凹まずに勝てる方法を模索するだけでした。
悪い取引があっても、それはやらなければいい、ルール通りに良い取引があればそれはそれでOK。
だが、もっと良い方法を見つけたい。
そんなこんなで凹んでる暇はなかったんです。というか、凹むことより考えてる時間が楽しかったんですよね。
相場相手に凹んだり熱くなったりするのは無駄な時間であり、無駄なことだと今でも思います。それよりもうまくやれる方法を探す方が先決。
ちなみに私はメンタル論とか騒ぐほど、メンタル論は必要ないと思ってます。
とにかく考える、とことん考える。そしたら凹んだり熱くなってる時間はなくなると思います。
負けても負けても何がいけないとか考えてしまうと、凹んだり、ネガティブになったりしますし、、とにかくどうすればいいのかということだけを考えてました。
タラレバも禁止。
他人にタラレバの話しをするなんて論外。そんなこと言っても結果がだめだったわけで、それをしないためにどうすればいいのかということを考えなくてはいけないと。
どうすればタラレバを言わずに負けても勝っても自分を納得させられるだろう・・・。

結果論でいろいろ言ってもあとの祭り。それも無駄な時間ですからね。
とにかく無駄な時間、無駄なことはしたくない。
とにかく前に進まなければもったいない。

あの時こうやってたらとか、こうやってればとか考えるより、
あの時、このインジはこうで、こっちのインジはこうなってたが、そういう時はどう判断すべきか、ローソクの形がああなってる時はこうしよ、などなど、チャートから読めることをどう理解するか、どう使いこなすか、難しい問題ではありますが、確率的に高い判断の仕方があるはず。
「オレはクジ運は強いんだから、あとは精度を上げるだけだ!」なんて、
意味不明なことをぶつぶつ言いながら自分に納得させたりしてました(笑)。
この頃の肩凝りが一番ひどかったかな。。。^^;
パソコンのモニターに前のめりでしたからね。。。(笑)

そして、どんなインジを使って、どんなパラメーター設定にして、どんな組み合わせでダマシを発見し、どう取引していくのか、そんなふうに考える時間を増やすことで、メンタル的にも負担にならずに、しんどい時間ではありましたが、テクニカルを勉強したり、考えてる時間が楽しかったです。

さて、頭をリセットし、改めてルール通りに取引を行うようにしました。が・・・・。

続きは次回!

-------- コメント一覧 --------
Commented by ともか at 2012-09-28 21:21 x
楽しい・・・お盆前後から、自然と思えるようになりました。失敗した直後に「落ち込む」という時間がなくなり、振り返ったりする意味で依然と同じ本を読んでも入ってくるものが違うというか・・・うまく説明できませんが、なんとなく違う感覚です。今月もおつかれさまでした、来月(前半ネット環境が厳しいかもしれませんが)もがんばりましょうね!   
Commented by fxtaku at 2012-09-29 00:11
■ともかさん、こんばんはー!
今日は楽しい時間過ごせましたかー?
少しずつ、いろんな意味で成長していきたいですよね!
来月もがんばりましょ!!
とはいえ、しばらく落ち着かないと思うので無理しないように~(^0^)
関連記事
タグ: #考え方

プロフィール #4 「トレード検証」編

(9/25-1/2p)

昨日(9/24)のトレードは、オージー円をショートしたり、オージードルをショートしたりとオージー日でした。23時前にはスクエアにし、チャートをしばらく眺めてましたが、入りどころがなくオネンネしましたよ~。
今日も素直についていきます。
ちなみに今朝はユロ円、ユロドルロングでちょこっと利食い。今は、オジドルロング中です。

さて、私の検証方法ですが・・・。
当時、検証したExcelのファイルを探したんですが、削除してしまったようで見つからず。。。
なんとなくうろ覚えですが、こんな感じで集計してましたという画像です。

a0289380_1562972.jpg

画像のように日付、売買区分、エントリーレート、エグジットレートを入力し、あとは自動計算で損益を出します。
その結果がたとえば、-80p以上であれば、「-80p」のところに「1」、70p以上の利益であれば「70p」のところに「1」、10p以上の利益は「10p」のところに「1」というふうに数字を自動で表示させ、どれぐらいのpips損益がそれぞれ何回ぐらいあったのか、その合計を出しました。
この集計結果は、平均利益、平均損失と合わせて見ることで、自分に適度なストップ幅、利益幅の目安となりました。
それ以外に以下のような項目を算出しました。

取引回数、勝数、負数、勝率、損益合計、総利益、総損失、平均利益、平均損失、最大利益、最大損失、最大連続勝数、最大連続負数、Prfofit Factor、Risk Reword

この項目はMT4のStrategy Testerで表示される項目を参考にしました。項目の細かい説明は後日ということにして。。。(どの項目をどう活かすかはなんとなく想像できると思いますが。)

これら半年分のデータを入力し、その結果から、当時はストップが-30p、リミットが+50pというやり方をしました。
実際に検証してみたら、こんなもんかぁぁぁってショックでしたね。。。。^^;
自分ではもっと勝ってるつもりでいたんですが、完全な気のせいでした(笑)。

その頃使ってたインジケーターは、QQE、VQ、移動平均線、ボリンジャーバンド、一目均衡表だったと思います。
15分足、5分足を見ながらのトレードで、1時間足以上のチャートは朝に確認する程度でした。
また、時間軸での考えとかもこの時点では全くしてませんでした。(今は考えますが。)

基本的にはシグナルが出た時に移動平均線、一目均衡表、ボリバンのセンターラインを確認しつつエントリー、あとはOCOでほったらかしというやり方でした。
ただし、このやり方は完全な短時間の順張りルールだったので、その後、レンジ相場だと判断できるような時はあえて避けるようにしました。その分、勝率は若干上がったと思います。

それでもルール違反をしたり、設定したストップにかかる前に損切りしたり、早食いしたり、待たなくてはいけないところを待てずにという取引があり、毎月コンスタントに利益を出すのはなかなかできませんでした。
「もっと淡々とやらなくては・・・」

既にこの時・・・、FXを始めて1年半以上経過してました。。。

今回はここまで!
続きはまた次回!
関連記事
タグ: #エントリー #手じまい #考え方 #ツール
プロフィール

fxdetaku3

Author:fxdetaku3
管理画面

タクと申します。
常に淡々とトレードするほうが楽チン♪
普段取引している通貨ペアはユーロ円、ユーロドル、オージー円、オージードルの4通貨でデイトレ、FX専業です。
ファンダは苦手。システマチックにテクニカル重視の順張り。
とにかく、FXを楽しみましょう!




メールフォームはこちらをクリック。



【ガチンコFX】
FXライター高城のFXの儲けの極意は勝者に訊け」で、私のことが紹介されました。
高城さんの最新の記事はコチラ。
「ガチンコFX」では、奈那子さん西原さん羊飼いさんのコラムもあります!

【ご注意】当ブログの内容に関し、その正確性、有用性、確実性その他いかなる保証もするものではありません。ご利用により万一何らかの損害が発生したとしても、私は一切責任を負いません。真似をしようとせず、考え方が参考になれば幸いです。

カレンダー
08 | 2012/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
カテゴリ
タグ
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
訪問者数
TOTAL: 無料カウンター
TODAY: 電話占い YESTERDAY: パワーストーン

本日のPV数