ATRで今の足の値幅を知る

久しぶりに平日の更新です。(汗)

ドル円は、すっかり調整モードという感じですかね。
12月までは、短気短期のトレードできっちり取っていくようなトレードの方が無難な気がします。
あるいはユーロ円、オージードルあたりはおもしろいトレードができるかもしれません。

さてさて、MT4をお使いの方も多いと思いますが、MT4を使っていて気になるのがローソク足の長さ。
値幅が広くなったり、狭くなったりすると、レートの高値安値を固定にしていない限りは、
自動的に上下の窓の範囲が調整されます。
そうすると、ローソク足の長さが同じ長さでも、実際には値動きが大きかったり、小さかったりという錯覚を起こしてしまいますよね。
長い足の割には実際はそれほど動いてなかったり。短い足の割にはかなり動いていたり。

それを解決するためには、プロパティで高値安値のレートを固定させるというシンプルな方法があります。
また、便利なインジケーターもいろいろありますね。
ローソク足の上や下にその足の値幅を数字で表示させるものや、
10pips単位で水平線を表示してくれるもの。
そういうものは逆に見にくくなったりしたり。

私のオリジナルインジケーターで、ATRx_nsというものがありますが、
これは一般的なATRの値をメインウィンドウに数字を表示させるものです。
(詳しくは、こちらの記事をご覧ください

一般的には、ある期間の値幅の平均値を知るものとして、それにより、値動きの大きさを判断したり、
ボラが大きくなってきた、少なくなってきた、それを元にトレードの判断に役立てたり。

私は、それを一本のローソク足の値幅を知るために、パラメーターを「1」にして表示させることがあります。
そうすると、自動で高値安値の上下の窓の幅を調整されたとしても、
値幅を一目で確認できるようになるので錯覚が減ります。(笑)

a0289380_21485578.jpg

上の画像の右側に表示されているものがATRの数値です。
「Curr ATR」=現在の足の値幅
「Prev ATR」=1本前の足の値幅
「Prev2 ATR」=2本前の足の値幅
(黄色、水色、赤色で表示しているラインはわかりやすくするために描いたもので、実際には表示されません)

ATRをそんな使い方で足の値幅を知ることができます。


明日で今月も終わりですね。
来週からは12月。早いもので今年も終わります。
と、決まり文句ですが、ほんとに日の経つのは早いですね。
もっと時間と若さがほしいです。(笑)

来月になると、トレードしやすい動きも少なくなります。
取れるうちに取れるよう、慎重にがんばりましょう!(笑) タグ: #インジケーター #ATR

MT4 RCI 配布

今日の午後、気仙沼に初めて天皇皇后両陛下が来られるということで、お迎えに行ってきます。
というか、ただ見に行って旗振りするだけですが。(笑)
昭和天皇が崩御されたとき、東京の八王子でお葬式(皇室の正式な言い方忘れました)のため、車の行列があったのですが、その時、今の天皇陛下、皇太子なども見たことがありました。
それ以来ということなので。。。今は平成26年なので。。。25年ぶり。25年!!!
って、もう平成になって26年目なので驚くことでもないのですが。。。そうやって数字を考えてしまうと年を感じますね。(笑)

さて、昨日のトレードは、ユーロ円を16時過ぎにショートし、22:30過ぎに利確しました。
エントリーはルール通りで、手仕舞いのタイミングはタイムサイクルを意識してやってみました。結果的にはグッジョブでした。
途中、20時過ぎの上げているところでは手仕舞いしたくなりましたが、RSIや21EMAを見て我慢してました。
値幅もそれほどの動きではなかったですしね。

と、ブログを書いてる間にオージーが大変なことに。。。Q2CPI発表でオージードルのレートが急上昇!
当然、乗れてません。。。

どうしようもないので、しばらくチャートは放置して、ブログ書きます。(笑)

てことで、今日の配布インジケーターはRCIです。これが最後です。
RCIのインジケーターは作って、しばらく試してはみたものの、私は結局使わなくなりました。
が、結構使われてる方多いですね。

RCIのインジケーターは、以前、西原さんのセミナーやZaiでひろぴーにも紹介していただきました。

以前、西原さんのセミナーや現在もZaiのひろぴーのところからダウンロードしてるインジケーターだと、ニコちゃんマークが表示されるところが文字化けするような現象があるかもしれません。これも、MT4のアップデート後に出始めたような感じです。
で、今回は、それを修正したインジケーターの最新版です。その現象が出ていなければ、そのままお使いいただいて大丈夫だと思います。

インジケーターの配布につきまして、下記の記事に配布方法や注意事項がございますのでご確認ください。
http://fxdetaku3der.blog.fc2.com/blog-entry-196.html

RCIのインジケーターは、1本版~4本版まであります。さらにその中で、アラート機能付(サウンド/メール)とアラート機能無しの2種類あり、合計8種類あります。
ご要望をいただく際は、「何本版、アラート付き、アラート無し」、を必ず書いていただくようお願いします。
お送りするのは1種類のみです。

アラート付と無しに分けているのは、アラート付にするとプログラムが大きくなってしまうためです。そのため、ローソク足の過去何本分まで表示させるかという設定もできるようになっています。

a0289380_11112864.jpg

RCIのパラメーターの設定方法については、かなり細かくなっていますので、PDFファイルにて一緒に送らせていただきます。 タグ: #インジケーター #MT4 #RCI

MT4 RSI_Alert_ns 配布

昨日は、トレードはしませんでした。
今日はドル円、クロス円が動いてますが、このネタを書いてる間にタイミングを逃してしまい、今のところノートレードです。

さてさて、インジケーターの配布で、RSI_Alert_nsです。

インジケーターの配布につきまして、下記の記事に配布方法や注意事項がございますのでご確認ください。
http://fxdetaku3der.blog.fc2.com/blog-entry-196.html

a0289380_11124232.jpg

これも普通のRSIで、値を見やすくし、アラートレベルを超えると爆弾マークが表示されます。(笑)
レベルのラインは、パラメーターでメインとサブの2種類を表示できます。
たとえば、通常の70/30のところにライン。それ以外にもう一種類、60/40とか。
サブのラインは表示/非表示の設定ができます。
また、レベル50のラインも表示/非表示の設定ができます。
アラート機能として、音とメール通知ができるようになっています。
(メール通知はMT4のオプションの中にあるメール設定が必要です。)
音は、好きなアラート音を設定できます。
通知機能については、足の確定前/確定後のいずれかで設定ができます。



【パラメーターの設定について】

a0289380_11125688.jpg

■RSIPeriod = RSIのパラメーター
■AlertHigh = アラートレベルHigh側
■AlertLow = アラートレベルLow側
■Level50line = レベル50のラインを表示/非表示。(true=表示、false=非表示)
■SubLevelLine = レベルのサブラインを表示/非表示。(true=表示、false=非表示)
■SubLevelHigh = レベルのサブラインHight側
■SubLevelLow = レベルのサブラインLow側
■useMail = メールアラートを使用する/使用しない(true=使用する、false=使用しない)
■useSound = サウンドアラートを使用する/使用しない(true=使用する、false=使用しない)
■soundFile = サウンドアラートを使用する場合のサウンドファイル名
■AlertPrio = アラート通知のタイミング。(true=足が確定後、false=足が確定前)
■SoundIntervalMin = サウンドアラート、メールアラートを使用し、足が確定前の設定にした場合、一度音が鳴ったら(メールが送られてきたら)、ここで設定した時間内は音を鳴らさない、メールが送られてこないようにする。(分単位)
■※MarkCodeHigh = AlertHighのレベル以上になった時に表示させるマークのコード。
■※MarkCodeLow = AlertLowのレベル以下になった時に表示させるマークのコード。
■upColor = RSIの値がレベル50より上の時の色
■downColor = RSIの値がレベル50より下の時の色
■alertUpColor = AlertHighのレベル以上になった時の値の色
■alertDownColor = AlertLowのレベル以下になった時の値の色

※MarkCodeHigh、MarkCodeLow
デフォルトでは爆弾マークが表示されますが、MT4で使えるコードを使用すれば、他のマークに変えることができます。(ニコちゃんマークなど)
マークコードは、MQL4のcommunityサイト(http://docs.mql4.com/constants/objectconstants/wingdings)から確認するか、あるいはMT4の「ツール→metaeditor(メタエディター)」を開いたら、「ヘルプ→MQL4 Reference」を開きます。
そして、検索窓に「wingdings」と入力し検索するとその下のリストに「Wingdings」が出てきますので、それをダブルクリックして開くとコード表が表示されます。

【色の設定について】

a0289380_111389.jpg

#0 = RSIのライン
#1 = AlertHighのライン
#2 = レベル50のライン
#3 = AlertLowのライン
#4 = SubLevelHighのライン
#5 = SubLevelLowのライン タグ: #インジケーター #MT4 #RSI

MT4 MA_ns 配布

今朝は、オージーが元気かなと思いましたが、この時間帯、いつも通りまったりですね。
今日はまだトレードせずに、タイムサイクルの研究中で、ちょっとヒントがあって楽しくなってます。(笑)
タイムサイクルもいろんな判断方法がありますね。これまた深いです。

オリジナルインジケーターの配布は、今日のも含めてあと3個の予定です。

インジケーターの配布につきまして、下記の記事に配布方法や注意事項がございますのでご確認ください。
http://fxdetaku3der.blog.fc2.com/blog-entry-196.html

今日はMA_ns、残りは、RSI_Alert_ns、RCIです。

ということで、MA_nsのインジケーターは、これ一つで6本までの移動平均線を表示させられるようにしました。
マルチタイムの設定もできるようにしてありますので、15分足に他の時間足の移動平均線を表示させることもできます。

a0289380_13364469.jpg

画像は15分足チャートです。
赤、白、茶、ピンク色は、15分足の短中長期線。
黄色は1時間足の短期線。
緑色は、4時間足の短期戦。

シフトさせるパラメーター項目もあります。

チャートを表示させたときに、マルチタイムのMAが、きれいな階段上に表示されない場合があります。
(MT4起動時や、インジケーターを入れた時など。)
その場合、そのチャート上で、「右クリック→更新」の操作をすると普通に表示されます。

MAラインにマウスカーソルを合わせると下記のように設定項目を確認できます。

a0289380_13374993.jpg

Aの画像の「MA1(5,1,60)」は、左から「MA1がパラメーターが5、EMA、60分足」の意味です。
Bの画像の「MA2(20,0,0)」は、左から「MA2がパラメーターが20、SMA、今見ている時間足」の意味です。


【パラメーターの設定について】

a0289380_1338547.jpg

画像の青枠内にあるように、MA_Mode、TimeFrame、PriceModeの設定値について書いてありますので、お好みで。
赤まるで「MA1」と書かれていますが、パラメーターの画面には、MA6まで同じ内容で設定します。
表示させない線は、MA_Periodを「0」にします。
デフォルトでは、MA1、MA2にそれぞれ9と20のSMAを設定してます。

■MA_Period = MAのパラメーター
■MA_Mode = 移動平均線の種類。画像の青枠内を参考に。
■TimeFrame = 時間足。「0」は現在見ている時間足。他は、画像の青枠内を参考に。
■PriceMode = 移動平均線の元となる値。画像の青枠内を参考に。
■MA_Shift = シフトさせる値(数字が大きいほど、右側にずれる。DMAとして使いたい場合など)

【色の設定について】

#0 = MA1の色
#1 = MA2の色
#2 = MA3の色
#3 = MA4の色
#4 = MA5の色
#5 = MA6の色


-------- コメント一覧 --------
Commented by トム at 2014-07-21 19:30 x
はじめまして、教えてください
MT4がバージョン670になりまして
カスタムインジの取り込み方が分かりません
 
お手数ですがお願いします。
Commented by fxtaku at 2014-07-21 19:59
■トムさん、初めまして。
下記の記事を参考にしてみてください。
http://fxdetaku3der.blog.fc2.com/blog-entry-158.html
http://fxdetaku3der.blog.fc2.com/blog-entry-154.html
http://fxdetaku3der.blog.fc2.com/blog-entry-155.html
Commented by トム at 2014-07-21 22:46 x
takuさん、早速の対応ありがとうございました。出来ました。
今回のバージョン670は知って使いこなせば便利だと思いました。
Commented by fxtaku at 2014-07-21 23:08
■トムさん
取引機能面でもおもしろい機能が追加されてますね。
私はリアルのMT4口座は持っていないので使いませんが^^;
Commented by ごんさん at 2015-07-14 11:07 x
はじめまして、Takuさま。いままで、fxを2年に渡ってやってきましたが、損失が250万にまでふくれあがってしまったとき、Takuさまのガチンコの記事を繰り返し読み、取り戻そうと思いました。
スキャルしか信じられるものがなく、また、勉強すれば努力はうらぎらないと信じて、延々とスキャル研究をしてきました。2年経ち、スキャルでは、アルゴに勝てない、という当たり前の事実に気づきました。
そのとき、はじめて、Takuさまのシステムなら、信じられると思いました。(自作でTakuさまのシステムを作成し、検証)本当に勝っている人の発信している、システムです。そして、基本通りの勝ち方を教えてくれると、そのように思いました。ファンドのロスカット刈りに勝ために、Takuさまのトレードを自分の中に、しっかりと育んでいきたいと思います。
Commented by fxTaku at 2015-09-16 21:09
■ごんさん、こんばんは。
拙いブログを読んでいただき、ありがとうございます。
私の手法はシステムといえるほどのシステムではないので、半分裁量で、その裁量の判断の方が大きいかもしれません。
ただ、形がはまれば、迷わず行きます。(笑)
少しでも参考になればうれしく思います。
タグ: #インジケーター #MT4 #移動平均線

MT4 DiRSI_ns 配布

昨日の午前中は、今日の配布用インジケーターの準備をしていたのでトレードはせず、そのあともトレードしにくい流れで、結局、微益2回で終わりました。。。
オージーは深夜に動きましたね。残念ながら営業時間外。

さて、今日は、インジケーター配布第三弾で、DiRSI_nsです。
このインジケーターはサブウィンドウにDMIとRSI(RSIは値のみ)を表示させるものです。

インジケーターの配布につきまして、下記の記事に配布方法や注意事項がございますのでご確認ください。
http://fxdetaku3der.blog.fc2.com/blog-entry-196.html

DMIの使い方について、下記の過去記事で書いてますので参考にしてみてください。
http://fxdetaku3der.blog.fc2.com/blog-entry-122.html

このインジケーターは昨日のADX Signal_nsとセットで使っています。ADX Signal_nsのニコちゃんマークが結果的にクロスしなかった場合の確認用と、もみ合いの度合い、手仕舞いの目安にしてます。
また、RSIの値を2種類(短長期など)表示させてます。(ラインは表示されませんので、RSI_Alert_nsを重ねて使ってます。(MT4標準のRSIでももちろんOKです))
RSIの値は表示/非表示の設定ができるようにしてます。

a0289380_928469.jpg

※メインウィンドウのニコちゃんマークはADX Signal_nsのインジケーターです。

a0289380_8492776.jpg

画像Aの説明。
・±DIの強弱がはっきりしていてトレンド状態の目安が良好なとき、ニコちゃんマークを表示。
・-DIが+DIよりも強く、目安とするレベルを-DIだけが超えている状態。(ニコちゃんマーク表示条件)
・+DIは-DIよりも弱く、目安とするレベルを超えていない。
・RSI1、2のそれぞれがアラートレベルを超えているとき、爆弾マークを表示。

画像Bの説明
・±DIの強弱が強く拮抗しているときや両方とも弱っているときに波線マークを表示。
・「-DI」の文字だけがピンク色の状態は、+DIよりは-DIが強い状態。
・±DIの「値」がグレー色の場合は、目安とするレベルをクリアしていないとき。
・RSIがアラートレベルを超えていない通常の表示。

±DIの部分をまとめると、
・「±DI」の文字は、どちらか強い方がカラー色。
・±DIの「値」は、目安とするレベルを超えているときカラー色。

a0289380_99284.jpg

a0289380_99522.jpg

【全般の設定について】

a0289380_984462.jpg


■下限設定/上限設定 = レベルの表示範囲を設定。デフォルトは 0/100 に設定してあります。
0/100 に設定してる理由は、下記の画像で説明します。

Cが0/100。Dは下限/上限、両方のチェックをはずして自動表示の状態です。
私は普段はCの状態ですが、これにRSIを重ねて表示させているため、Dの状態では見にくくなってしまうのでこの設定にしてます。

【パラメーターの設定について】

a0289380_99522.jpg

■ADXPeriod = ADXのパラメーター(ADX Signal_nsと併用する場合、パラメーターを合わせます)
■DiAlert1 = DMIのアラートレベル1。(DiAlert2より大きい数字)
■DiAlert2 = DMIのアラートレベル2。(DiAlert1より小さい数字)
※DiAlert1とDiAlert2の間に±DI両方があるときに様子見したい。というような使い方をしてましたが、最近はその使い方はしなくなり、両方とも同じ数字にしてます。(アラートレベルが一つで良い場合は、両方とも同じ数字にします)
■DiAlert = ニコちゃんマークの色
■ShowRSI1 = RSI1の値を表示/非表示(true=表示、false=非表示)
■RSIPeriod1 = RSI1のパラメーター
■RsiAlertHigh1 = RSI1のアラートレベルHigh側
■RsiAlertLow1 = RSI1のアラートレベルLow側
■ShowRSI2 = RSI2の値を表示/非表示(true=表示、false=非表示)
■RSIPeriod2 = RSI2のパラメーター
■RsiAlertHigh2 = RSI2のアラートレベルHigh側
■RsiAlertLow2 = RSI2のアラートレベルLow側
■TxtBaseColor = DMIの文字基本色(RSIの基本色はありません)
■TxtAlertHigh1 = -DIより+DIが大きいときの「+DI」の文字色。+DIの値がDiAlert1より大きい時の「+DIの値」の色。
         RSI1/RSI2の値がレベル50より大きい時の文字色。
■TxtAlertHigh2 = RSI1の値がRSIAlerthHigh1より大きい時の文字色。RSI2の値がRSIAlertHigh2より大きい時の文字色
■TxtAlertLow1 = +DIより-DIが大きいときの「-DI」の文字色。-DIの値がDiAlert1より大きい時の「-DIの値」の色。
         RSI1/RSI2の値がレベル50より小さい時の色。
■TxtAlertLow2 = RSI1の値がRSIAlerthLow1より小さい時の文字色。RSI2の値がRSIAlertLow2より小さい時の文字色。

【色の設定について】

a0289380_99284_20160301133530e41.jpg

#0 = +DIのライン色
#1 = -DIのライン色

【レベル表示の設定について】
■デフォルトでは、「22」だけ。

a0289380_12214770.jpg

【マークの表示条件について】

■DMIのニコちゃんマーク表示条件
(1) +DI >= DiAlert1 且つ、-DI < DiAlert2
(2) +DI < DiAlert2 且つ、-DI >= DiAlert1
※つまり、±DI両方がDiAlert2以上、又は±DI両方がDiAlert1以下の場合は、波線になります。

DiAlert1とDiAlert2が同じ場合は、
(3) +DI >= DiAlert1,2 且つ、-DI < DiAlert1,2
(4) +DI < DiAlert1,2 且つ、-DI >= DiAlert1,2
※つまり、±DI両方がDiAlert1,2以上、又は±DI両方がDiAlert1,2以下の場合は、波線になります。

上記(1)~(4)のいずれかが該当した時にニコちゃんマークが表示されます。上記以外は波線マークが表示されます。

■RSIの爆弾マーク表示条件
(1) RSI1 >= RsiAlertHigh1
(2) RSI1 <= RsiAlertLow11
(3) RSI2 >= RsiAlertHigh2
(4) RSI2 <= RsiAlertLow2

上記のいずれかが該当した時に爆弾マークが表示されます。 タグ: #インジケーター #MT4 #RSI #ADX/DMI

MT4 ADX Signal_ns 配布

昨日は、ユーロドルを15時半ごろショートし、22時過ぎに利確しました。昨日はその一回だけのトレードでした。
今日は、エントリーのタイミングを逃してしまい、今のところトレードしてません。

さて、今日は、インジケーター配布第二弾で、ADX Signal_nsです。
このインジケーターはメインウィンドウにニコちゃんマークを表示させるもので、サブウィンドウに表示させるADX、DMIとは別のものです。
また、オリジナルといっても、同じようなインジケーターは転がっていて、マークがニコちゃんになっているだけですが。(笑)

インジケーターの配布につきまして、下記の記事に配布方法や注意事項がございますのでご確認ください。
http://fxdetaku3der.blog.fc2.com/blog-entry-196.html

DMIの使い方について、下記の過去記事で書いてますので参考にしてみてください。
http://fxdetaku3der.blog.fc2.com/blog-entry-122.html

---------------------------------------------------

2015-12-28 update
ニコちゃんマークをローソク足からどのぐらい離して表示させるか、その値を設定できるようにしました。

---------------------------------------------------

このインジケーターは±DIがクロスし始めでニコちゃんマークが出現します。
ローソク足が確定後ではありませんので注意してください。
つまり、クロスし始めで出現はしたものの、ローソクが確定後、結果的にクロスしなかったという場合でも、ニコちゃんマークは表示されたままになります。
たとえば、下記の画像を見てみると。。。

a0289380_11551543.jpg

赤いニコちゃんマークは売りシグナル。緑のニコちゃんマークは買いシグナル。
ローソク足のところにニコちゃんマークが表示されていますが、±DIがクロスして出現するものなので、基本的には、赤ニコちゃん、緑ニコちゃんが交互に表示されなければいけません。
が、画像の Aのところでは赤ニコちゃんが連続。Bのところでは緑ニコちゃんが連続、Cのところでも緑ニコちゃんが連続で表示されているので、この中のどれかがローソクが動いてる間にクロスし始めたものの、結果的にローソクが確定後はクロスしなかったということになります。
サブウィンドウのDMIと比較してみるとわかると思います。
Aと①のところは、左側の赤ニコちゃんが結果的にクロスせず、表示が残ったままになっていて、右側の赤ニコちゃんがクロス確定。
Bと②のところは、左側の緑ニコちゃんが結果的にクロスせず、表示が残ったままになっていて、右側の緑ニコちゃんがクロス確定。
Cと③も同じで、Cの左側緑ニコちゃんが結果的にクロスせず、Cの右側緑ニコちゃんは④でクロス確定。
ということになります。

このまちがったニコちゃんマークを消す操作は、今表示させている時間足のチャートを別の時間足に一旦表示させて、また元の時間足に戻すか、あるいは、メインウィンドウで右クリックでメニューを表示させ、下記の画像のように「更新」というところをクリックすると確定しなかったニコちゃんマークは消えます。

a0289380_11555235.jpg

そうすると、下の画像のようにクロス確定後のニコちゃんだけの表示になります。

a0289380_1156718.jpg

サブウィンドウにADX、DMIを表示させて確認しながら使う場合、DMIの計算式も業者によって微妙に違ったりすることもあるので、ニコちゃんマークとMT4標準のADXは波長が合いますが、他のADXのインジケーターだと合わないこともあるかもしれませんので、その辺は確認が必要です。
確認する際、パラメーターを合わせることを忘れずに。


【パラメーターの設定について】

■ADXbars = ADXのパラメーター
■CountBars = 何本分のローソク足まで表示させるか。デフォルトは「300」になっていますので、過去300本分のローソクまでシグナルを表示させ、それ以上過去の部分については表示されません。
■UseSound = ニコちゃんマークが出ると同時にアラート音を鳴らす(true=鳴らす、false=無音)
■useMail = アラートをメールで通知する(true=通知する、false=通知しない)。通知する場合、MT4のオプションメニューにあるメールの設定が別途必要になります。
■SoundFile = wav形式のサウンド音を好きなものにすることができます。
■MarkSize = ニコちゃんマークの大きさです。
■MarkOffset = ニコちゃんマークをローソク足からどのぐらいの距離に表示させるかの値です。デフォルトは「30」になってます。(チャートウィンドウの大きさによって、ローソク足と距離が近かったり、遠かったりしますのでご注意ください)

※サウンドファイルについては、複数のチャートにこのインジケーターを入れておくと、どの通貨ペアのものが鳴ったのかわかりにくいので、私は「オージー円」「ユーロ円」などと、そのまま読み上げ音声のような感じで聞けるように音声ファイルを作り、それを個別に割り当ててます。
作り方がわからない、めんどくさいという方は、下記のサイトからダウンロードできます。
http://d.hatena.ne.jp/fai_fx/20091106/1257433252

【色の設定について】

#0 = 買いシグナルの色(ローソクの下に表示されるニコちゃん)
#1 = 売りシグナルの色(ローソクの上に表示されるニコちゃん) タグ: #MT4 #インジケーター #ADX/DMI

インジケーターの配布について

配布するインジケーターは私のオリジナルです。
再配布禁止です!

※各インジケーターのパラメーターのデフォルトは、私が実際に設定しているものとは違います。
※ごく一般的なインジケーターを見やすく、使いやすくするためにカスタマイズしているだけですので、特殊なものでは全然ありません。ただ単純にインジケーターを欲しいという方は他のサイトで見つけてください。
※インジケーター屋ではありませんので、使いこなせないなどのお問い合わせやサポートはいたしかねます。
※不具合に関しましては、私自身が使用している環境では問題無いものと認識しております。そのため、不具合についてのお問い合わせにも対応いたしかねます。

ご連絡いただく際、どのインジケーターがほしいと明記していただくようお願いいたします。
明記されていないと、通常のメールとして返事してしまいますので。。。
折り返し、添付ファイルにて送らせていただきます。ただし、お送りするまでに時間がかかる場合もありますのでご了承ください。
また、いつもブログをご覧いただいてる方への感謝の気持ちという意味で配布を開始したのものです。当ブログ内の記事についてのご感想、あるいはご自身の悩み事や自己紹介的なことなど、FXトレードやバイナリオプションについてなど。
そのインジケーターを欲しい理由。現在使っていて私のインジケーターの方が良いと思う点や、使ったことがなかったが、あれば良いなと思っていたら見つけた、などなど、必ず、何か書いていただくようお願いいたします。
私は、インジケーター屋さんではありません。インジケーターの配布を目的としてもいません。
これをきっかけに交流を深められたら良いなという考えで配布をしております。

インジケーター目的の、ただ単純に欲しいという方や主旨をご理解いただけていないと判断した場合にはお送りいたしませんのでご了承ください。(アクセスログも取っています)


ご連絡をいただいてから24時間以内には送るようにしておりますが、一週間経っても、こちらからなんの連絡もない場合は、断られたと思ってください。
また、こちらのメールアドレスは gmail.com のアドレスを使用します。迷惑メール対策で、アドレス、ドメイン指定などをされているとお送りすることができませんので、迷惑メールフォルダに届いていないかなどの確認もお願いいたします。

インジケーターが欲しい方は、ここをクリックしてメールフォームからご連絡ください。
コメント欄からは受付けませんので、必ずメールフォームをご利用ください。

【配布中のインジケーター】
※ファイルの拡張子はすべてex4です。
■DailyData_ns
■ADX Signal_ns
■DiRSI_ns
■ATRx_ns(現在は配布しておりません)
■MA_ns
■RSI_Alert_ns
1本版 RCI V2.1、  ■2~4本版 RCI V2.2
※RCIにつきましては、1種類のみとさせていただきます。ご要望の際は、何本版、アラート付き、アラート無し、いずれかを指定してください。 タグ:

MT4 DailyData_ns 配布

【オリジナルインジケーター DailyData_ns V1.5】
再配布禁止です!

今日はお約束のインジケーター配布です。
第一弾は、意外と一番お問合せの多かったこのインジケーター。

インジケーターの配布につきまして、下記の記事に配布方法や注意事項がございますのでご確認ください。
http://fxdetaku3der.blog.fc2.com/blog-entry-196.html

このインジケーターは、情報系のもので、私なりに活用方法があるのですが、それを説明して変に先入観を持たれて、トレードに影響があっても困るので説明は省略しておこうと思います。
どうしても聞きたい、影響は受けないから大丈夫(笑)という方は、メールにてお問合せいただければと思います。
また、チャートの背景色は黒として作成してあるので、それ以外の背景色にして使われてる方には見にくいところもあると思います。
(画像をクリックすると拡大画像で見れます)

a0289380_2285071.jpg

①前日のデータ
Prev.Day High/Dif.= 前日の高値/現在のレートとの差
Prev.Day Low/Dif.= 前日の安値/現在のレートとの差
Prev.Day Range/Dif.= 前日の値幅/当日現在の値幅との差
Prev.Day Close=前日の終値

②当日のデータ
Range Color Per.25,50,75,100,125 = 下記Av.Rangeに対して、当日の値幅(その下のRange)を割合から色分け。
Av.Range/25 = 平均レンジ/平均レンジの25%
Range/Av.Dif = 当日の値幅(Av.Rangeに対して当日値幅の割合が色分けで表示される)/平均レンジとの差
from high = 当日高値と現在レートの差
from low = 当日安値と現在レートの差
Change = 当日始値と現在レートの差
High = 当日高値
Low = 当日安値
SPREAD = スプレッド

③日足のローソク足

④当日始値から、±20p、±50p、±100pのライン

⑤前日の高値(Previous Day HIGH)、安値(Previous Day LOW)

⑥当日始値

⑦当日の高値と安値のライン

※平均レンジの計算式
(前日のレンジ+過去5日間の平均レンジ+過去10日間の平均レンジ+過去20日間の平均レンジ)/4

それから、下の画像のように、桁ずれで表示されるところがあります。
これについてはいろいろ調べているのですが、改善策が見つかっていません。
どなたかご存じの方がいれば教えてください。
とりあえず、桁ずれして見にくいという場合は、一旦、別の時間足のチャートを表示させ、元の時間足に戻せば正常に表示されます。
MT4の最新のバージョン(Build 670)は、この現象が出なくなったような気がします。

a0289380_2291631.jpg

パラメーターの設定について。

a0289380_2293091.jpg

■ShowBar = ③日足のローソク足を表示/非表示(true=表示、false=非表示)
■CandleShift = ③日足のローソク足を現在のローソク足から右に何本ずらして表示させるか。大きい数字ほど右に寄ります。
■ShowInfo = ②当日のデータを表示/非表示(true=表示、false=非表示)
■ShowPrevInfo = ①前日のデータを表示/非表示(true=表示、false=非表示)
■ShowTodayOpen = ⑥当日の始値を表示/非表示(true=表示、false=非表示)
■ColorOpen = ⑥当日の始値のライン色
■ShowPrevHLline = ⑤前日の高値、安値のラインを表示/非表示(true=表示、false=非表示)
■ColorPrevHLline = ⑤前日の高値、安値のライン色
■ShowChangeLine = ④当日始値からのレート差のラインを表示/非表示(true=表示、false=非表示)
■ColorChangelineHigh = ④当日始値からのレート差の高値側ライン色
■ColorChangelineLow = ④当日始値からのレート差の安値側ライン色
■ShowTodayHLline = ⑦当日の高値と安値のラインを表示/非表示(true=表示、false=非表示)
■ColorTodayLineHigh = ⑦当日高値のライン色
■ColorTodayLineLow = ⑦当日安値のライン色
■SpreadThreshold = ②当日データの一番下にある「SPREAD」が指定したスプレッド幅以上になったときに赤文字で表示させます。(通常はグレー色)

色の設定について。
色の設定は、③日足のローソク足についての色設定のみとなります。

a0289380_229441.jpg

#0 = 陽線のヒゲ色
#1 = 陰線のヒゲ色
#2 = 陽線の実体色
#3 = 陰線の実体色 タグ: #インジケーター #MT4 #時間帯 #サポート/レジスタンス

久しぶりのネタは。。。

すっかりブログの方がさぼり気味。
土日だけでも更新しなくては思いつつ、検証や読みたい本があったりと
なかなかブログのほうまで更新できずにいました。(言い訳!)

ま、なんでも良いのでというご意見もありましたので、とりあえずというネタで(笑)。

最近は、ボランティアが中心の生活になってしまい、トレードの方もあまりできず、
トレードをしたらしたで、欲求不満のポジポジ病になり、リズムがすっかり狂ってしまいました。
どちらかというマイナス先行であとからなんとか挽回という流れがここ数日続いてました。
挽回といっても、プラスでは終わるのがしんどいぐらいマイナスを抱え、
一日トータルではなんとか小さめのマイナスで終わらせられたという感じでした。

最近は東京時間がよく動いてますよね。なので、ボランティア中とはいえ、
なんとかその時間に乗っかりたい欲求にかられ。。。
スマホも購入したことですし、なんとかトレードできる環境を作りました。

スマホには、「TeamViewer」というアプリを入れました。
これは、自宅のPCの画面をスマホで見れるというアプリでなかなか優れもの。
しかも無料!!3G回線でもそれなりに見れそうな感じです。
もちろん、PCにもこのソフトを入れます。このソフトの詳細についてはググってみてください(笑)。
PCの画面をスマホでもいじれますし、マルチモニターの画面もスマホ側で切り替えて見ることができる、
この機能は、マルチモニターで普段トレードしている自分にとってはポイントが高いです。

そしてそして、私の好きなシグナル、ADX_signal_nsで画面にニコちゃんマークや音で知らせるものでしたが、それにメールアラートの機能を追加しました。
これでチャンスは逃さない!!と思っているのですが、ボランティアしながらではなかなか難しいので気休めになってしまいそうですが、無いよりはマシ!!

メールアラートでシグナル受信、TeamViewerでチャート確認、トレードアプリでエントリー。
タイミングは、かなりずれてしまいそうですが、とりあえず、これで今週は試してみたいと思います!

ちなみにメールで受信される内容はこんな感じ。

a0289380_2033583.jpg

タイトルには、DMIのシグナルですよ!というのがわかるようにしました。
「DMI 売り ユーロ円 15分足」という感じです。
内容の意味は、
「売りシグナル ユーロ円。
BIDレート [時間]・・・売りシグナルの場合はBID、買いシグナルの場合はASKを表示。
Time Frame・・・シグナルを出したチャートの時間足
ADXbars・・・設定してあるADXのパラメーター」
ここまでがシグナルの内容。

ちょっと遊び心でコメントを入れてみました。日本語だと文字化けしてしまうので英文で。
「取引を楽しもう。きっと、いいことあるよ。」
という意味です。

こんなコメントもあったほうがただシグナルを受信するよりは楽しみもあるかなーと(笑)。

こんな感じで今週はがんばってみます!


-------- コメント一覧 --------
Commented by jumon at 2013-04-23 08:47 x
ご無沙汰してます。お元気そうでなによりです!ここのところ、ポジションに対する執着心(インジはこのへんでいっぱい②と教えてくれているのに利確を待ちすぎる)が強くなり、以前より内容が悪く、さらに周囲の成長が輝いてみえるのもありだいぶ焦っています。エントリーはだいぶ条件揃ってきたからこのへんでいいかなとすぐに入れるのに、ルールが甘いのか利確だとこれは限界値だけど、あれがまだ余裕あるからと思いあぐねているうちに逆いったり。心理的にはエントリーとエグジット、逆の方がいいのでしょうか。また今度お尋ねします~まだまだ寒い中の作業、両立大変でしょうが今週もがんばっていきましょう!
Commented by fxtaku at 2013-04-24 09:05
■jumonさん、おはようございます!
名前を見たとき、一瞬、頭のまわりをクエスチョンマークがポンポンポンと3個ぐらい点灯しましたよ!(笑) ローマ字で書かれるとわかりませんね(笑)。何も焦ることないですよ!他人はあくまで他人です。自分のやり方、自分が一番、自分のやり方をするだけです。利益を伸ばそうとするのは良いことだし、ただ、引き際が大事なのはこの世界ですよね(笑)。欲をもたず、ターゲットがテクニカル的にポイントがあったり、その時の状況で判断するだけですよ!欲を出してしまうとそこに落とし穴が・・・(笑) 私は、ターゲットはあくまでIFOで設定した中で考えるのを基本にしてますが(+50p)、それでもまだ伸びそうだと自分で思ったなら、結果的に+20pで終わるか、+30pで終わるのか、あるいは建値付近で終わらせるのか、その時の状況しだいで考えてます。なので、一旦利益が出て、そこから逆に-20pとか-30pとか動かれても我慢して持つこともあります。割り切ってしまうと楽ですし、割り切るには欲を出さないこと。それで冷静に判断できると思います(^0^)
がんばりましょう~~~!
タグ: #MT4 #ツール #ADX/DMI

MT4の便利インジケーター#9

今日はスカイプで話したりしてるうちにタイミングよく入れず、結果的にスキャルっぽいトレードになってしまいました(笑)。本日のトレードは終了でまた明日早起きしてボランティアに行ってまいります。
雪が降って結構積もったので、明日は道が混雑しそう。。。

さて、今日のインジケーターですが、思い立って昨日のATRをまたカスタマイズしました。

a0289380_22223710.jpg

昨日の説明と重複する部分がありますが、簡単に説明。

「Curr ATR」=現在の足での値。
「Prev ATR」=1本前の足での値。
「Prev2 ATR」=2本前の足での値。
というふうに見ます。
表示場所は、左上、右上、左下、右下のいずれかに設定ができます。
フォントサイズ、フォント色も変えられます。

と、ここまでが昨日の説明。
さらに今回は、ATRの値を倍数(整数)にした場合の値も表示をさせるようにしました。
たとえば、画像では元々のATRの値を2倍にしたものを左側に、元々のATRの値を右側に表示させてます。
元々の値(1倍)の時は、昨日の画像と同じようにその値だけ表示させるようにし、左側の数字は表示させないようにしてあります。倍数の値は整数単位で何倍でも設定できます。

ATRの利用方法として、ストップやリミットの目安とするときに、元々の値を2~3倍にして使うということもあるので、それを一目でわかるようにしました。計算が苦手な方もこれでばっちり(笑)。


-------- コメント一覧 --------
Commented by taka at 2013-02-07 21:42 x
 こんばんは〜タクさん
スカイプで話していてタイミングがって僕邪魔じゃなかったですか!?いろいろ話していて頂いていたので。。。もし僕でしたら、本当に気にせずトレードして下さい。僕も途中で納品とか行ってますし。すいません、いつもありがとございます。少し気になったので。
Commented by fxtaku at 2013-02-08 05:53
■タカさん、おはようございます!
スカイプで話してたのはタカさんだけじゃなくて、他の人とも話してましたし、よくあることなので全然気にしないでください!(笑)。都合が悪ければ返事しませんから。(笑)
タグ: #MT4 #インジケーター #ATR
プロフィール

fxdetaku3

Author:fxdetaku3
管理画面

タクと申します。
常に淡々とトレードするほうが楽チン♪
普段取引している通貨ペアはユーロ円、ユーロドル、オージー円、オージードルの4通貨でデイトレ、FX専業です。
ファンダは苦手。システマチックにテクニカル重視の順張り。
とにかく、FXを楽しみましょう!




メールフォームはこちらをクリック。



【ガチンコFX】
FXライター高城のFXの儲けの極意は勝者に訊け」で、私のことが紹介されました。
高城さんの最新の記事はコチラ。
「ガチンコFX」では、奈那子さん西原さん羊飼いさんのコラムもあります!

【ご注意】当ブログの内容に関し、その正確性、有用性、確実性その他いかなる保証もするものではありません。ご利用により万一何らかの損害が発生したとしても、私は一切責任を負いません。真似をしようとせず、考え方が参考になれば幸いです。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
タグ
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
訪問者数
TOTAL: 無料カウンター
TODAY: 電話占い YESTERDAY: パワーストーン

本日のPV数