短期バイナリはどうだろ。

いや~、ブログの更新がなかなかできず、すみません!
まだしばらく忙しいですが、できるだけ更新するようにがんばってみます。。。
アクセス数もだいぶ減りましたが。(笑)

今日もバイナリのお話。

勝率から見るオーバートレードをしないための考え方として、こんな考え方もあるんじゃないかというお話。

たとえば、オーストラリアHIGHLOWの短時間バイナリで、1,000円の賭け金で、一日の勝率が6割とし、スプレッド ON DEMANDで行った場合。
10回のトレードで6回の勝ち、4回の負け。
1,000x6=6,000円の勝ち。
1,000x-4=-4,000円の負け。
トータルでは、+2,000円の儲け。

勝率6割では、10回トレードし、その勝率の結果となった場合、2,000円の儲けにしかなりませんね。

ここで考えてみたいことは、つまり、それは2連勝した場合の儲けと変わらないということです。
であれば、勝率6割の人は2連勝したら、その日はもうしないほうが良いという考え方もできるのでは。

勝率6割の人が一日に20回トレードしたとしても、
1,000x12=12,000円の勝ち。
1,000x-8=-8,000円の負け。
トータルでは4,000円の儲け。
つまり、4連勝したらその日はやめたほうが賢いかもしれない。

では、同じく1.8倍のトレードで勝率6割では。。。
800x6=4,800円の勝ち。
1,000x4=4,000円の負け。
トータルでは、800円の儲けにしかならない。つまり、1回勝った分しか儲からないことになります。
一時的に連勝し喜んでいても、勝率6割のトレードしかできないのであればこんな割合でしか儲からないのだ。
苦労した割には・・・。という感じですね。

単純計算では上記のような結果になりますが、たとえば、場面によっては、賭け金を増やしたり、連続でエントリーということもあり、そうなると2連勝や4連勝以上の結果をだすこともありえますね。
が、しかし、連勝して喜んでも、トータルでの結果が勝率6割などとすれば、結局、苦労した割には報われていない、と認識した方が良い。
短気バイナリで、回数をこなして勝率が高いと言えるのは8割以上。
それ以下であれば、とにかく回数を減らし、真剣に増やしたいのであれば、増やすことを目的とするならばプラスになった時点でトレードをやめ、資産を増やしていくという考え方を持ったほうが効率的に思います。

つい目先の1.8倍、2倍の見返りにばかり目を向けてしまい、実質的な結果からは目をそむけ、一時的な儲けに調子をこいたり、きちんとした資金管理を行わず、オーバートレードしていたのでは報われない。

それから、仮に、勝率6割の人が4連敗したら。。。
最初に4連敗し、その後、6連勝はできるだろうか。
可能性としてなくはないが、かなり難しいのではないだろうか。
FXであれば、1回のトレードでの損失、利益の数字はいつも同じではなく、大小の差があるので、1勝2敗でもプラスにすることはできます。
が、オーストラリアHIGHLOWの短時間トレードの場合、常に一定の利益、一定の損失の中で儲けを出すことになり、連敗したあと取り戻すのはなかなか至難の業。
簡単に取り戻そうとするなら、賭け金を上げることだが、かなりリスキーになってくる。賭け金をあげず、慎重に別の時間帯でリスタートするなり、その日はやめたほうが良いと思います。

別の時間帯を選択する場合、これといった指標の発表がなければ、最低でも30分はチャートを眺めるだけで、イメトレの時間にしたい。(チャートを一旦閉じるのも選択肢)
とにかく無理はしないこと、必死になりすぎないこと。

短時間バイナリでオーバートレードは、FXのオーバートレードよりもさらに儲からないように思う。
そのため、やはり、ルールは必要。
回数や時間帯、どれだけ儲かったら、あるいはどれだけ損をしたら、その日のトレードはやめるといった基準は定めておき、FXのトレード同様に規則正しく、こつこつと貯めることを考え、それを継続するように心がけてみよう。

いずれにせよ、短期バイナリはギャンブルであり、お遊びということを忘れずに。

30 Second Binary options タグ:

久しぶりすぎますね。

ブログがすっかり経済指標だらけになってしまいました。すみません。
久しぶりに更新します。

久しぶりの更新は、バイナリのネタで。
最近、メールでバイナリをやられてる方からのメールが多くて、バイナリのネタが少ない私にはとってはこちらもがんばらないといけないですね。(汗)

オーストラリアハイローでは、いつのまにか30秒制限のトレードも始まりましたね。
30秒トレードで、私も少しやりましたが、1分足チャートとTickのガン見で7勝1敗でした。
時間のたりない人にはおもしろいかもしれません。

バイナリの短時間トレードは、短時間で連勝できれば、それなりに利益を積み重ねることができますが、寝動きの幅ではなく、時間で決まるものであるため、タイミングがとても重要です。
逆張りであれば、サポートやレジスタンスラインからオシレーター系のインジと組み合わせてピンポイントで狙いやすく勝てる確率は高いと思いますが、順張りの場合は勢いがない状態ではリスキーなトレードになります。

普通のFX取引であれば、多少のドローダウンがあったとしても、気にしなくてもよい場面はいくらでもありますよね。
ただ、短時間のバイナリトレードでは、エントリーと逆方向に動かれると一瞬で負けます。
単純に流れに乗ってエントリーすれば儲かることもありますが、バイナリの場合は、短時間で逆に動く可能性が低い確率の時を狙うという考え方がFXのトレードよりもかなりシビアです。
となると、逆張りが有利にも思えます。

順張りの短時間バイナリで儲けようとするなら、チャートの形や勢いがあるときの見定め、経験則も大事です。

私は、最近は1分のトレードはやめて、3分や5分でバイナリをすることが多くなりました。
順張りでバイナリをするなら、それぐらいの時間は最低でも必要という考えに至ったため。
ですが、30秒トレードはたまにはいいかなと思ったり。(笑)
30秒でのトレードは1分足チャートとTickを見ながら逆張り的にエントリーしますが、オーストラリアハイローのTurboスプレッドでやれば、勝率5割以上でマイナスになることはなさそうにも思います。
もちろん、やり方しだいですが。
チャートの形が良くなり、勢いがあるときの30秒トレードはとても楽しいです。(笑)

私は、連続クリックでエントリーすることはほとんどありません。一つ一つのトレードが完了したあとに改めてチャンスを窺います。
普段、そんな感じでやっているため、突然そんなことをして勝てば、もちろん利益も大きくうれしいですが、負けた場合のことを考えると、金額が当然のことながらいつもより大きく感じてしまい、メンタル的にも不安定になりがち。
慣れないことはしないほうが良いということですね。(笑)
これは私の絶対的なルールの一つになってます。
勝つことばかりでなく、負けた場合にどう向き合うのか、向き合えるのかということを考えるのもFXでもバイナリでも重要なことです。

30 Second Binary options タグ: #バイナリオプション

エントリーのタイミングは正時だけではないです

インジケーターの配布についてご理解いただけてない方からのコメントがしつこくあります。
コメント欄からいただいた時点ですでにご理解いただけていません。
もう一度「インジケーターの配布について」のページをよく読んでご理解ください。

また、私のインジケーターはさほど変わったものではありません。ネットで探せば、似たようなものは出てきますので。(笑)


そして、久しぶりにマイルールのネタ・・・

ずいぶん前だったと思いますが、私のルールでエントリーのタイミングを見る場合、

「正時(xx時00分)のタイミングでエントリーとなるようなので、1時間ごとにチャートを見てますか?」

というご質問をいただいたことがありました。

私のルール通りに15分足チャートに入れて観察していればわかることなんですが、必ずしも正時にエントリーということではありません。

ご質問いただいた方は、たぶん、確定後のエントリーという見方をされていたのだと思いますが、私は必ずしも確定後ということにはこだわっていません。
状況によっては、確定まで待つこともありますが、チャートの形などから確定まで待たずに、そのルールにはまり始めた段階でエントリーすることもあります。

海外市場などの開場時間からの寄り付きの動きを考えれば、正時にエントリーチャンスが多くなるのは当たり前にも思います。
(00、15、30、45のいずれでエントリーしたかという分析はしたことがありませんが)
あるトレーダーさんは、正時だけ狙ってトレードする人もいます。


例として、いずれも正時以外の画像。

20160724.jpg

いずれも足が確定するのを待つのではなく、チャートの形を確認しつつ、前の足の安値を抜け始めたところや、他の時間足や中長期MAの位置、傾きも意識しながら成り行きでエントリーします。

私のエントリールールにはまる頃は、たいていは何かしら情報やシグナルがチャートに表れています。
ダブルトップ、ダブルボトム、三角持ち合い、サポレジ、トレンドラインなどから抜け出したあとであったり、オシレーター系のインジケーターがダイバージェンスを表していたり。
ダウ理論の高値安値の切り下げ/切り上げを基本に考え、それが明確に表れているそのトレンド方向にトレードすることを基本にし、そのタイミングで背中を押してくれる相性の良さを自分なりに考え、目視でわかりやいようにしたものと自分では思ってます。

また、例は説明のためにわかりやすい形を選んでますが、実際は悩ましいタイミングでのエントリーもあります。
あまりに迷うような形は見送ります。

時間的なエントリーのタイミングとしては、形が整えば時間(正時)には関係なくエントリーするということです。
タグ: #エントリー #時間帯 #移動平均線

うまい方法なんていっぱいある

昨日は、トレンドのない動きでしたね。日本が祝日ということもあり、夕方ぐらいまではあまり動きがないと思い、NY時間から期待して待ちましたが、
レンジ内の動きが気になり、トレードしたくなる形にならず、トレードはせず、自由に過ごしました。(笑)

オンライン勉強会は月に一度やろうということで計画してますが、8月の予定はまだ決まってません。
内容はなんとなくですが決めているのでスケジュールを調整中です。

さてさて。。。今日のネタは。

メールやコメントでいただくよくあるお問合せ的なものとして、
「何かうまい方法はありませんか?」
という内容のものです。

こういう質問は一番困ります。
具体的にどんなことをしているのかわからない人に単純にそんな質問をされてもまず答えようがありません。
メールに簡単に書けるほど単純な答え方は、私にはできません。(笑)

世の中には、教科書的なやり方というものがあり、大きなくくり方をすれば、それが「うまい方法」だと思います。

20160718.jpg
ざっくり、皆さんが思い当たるようなことをあげれば、上記のようなことが「うまい方法」の一部になるはずです。
つまり、これ一つという「うまい方法」はないわけで、それぞれやりやすい方法を模索して、自分に合ったものを見つけたり、
気付いたりする中でいろんな方法が決まってきます。

皆さんの頭の中には、その一部でも「うまい方法」が組み込まれているわけで、それを活かすも活かさないもその人の努力しだいではないかと。
ただし、どれを活かすかという選択は難しいものです。簡単なものではないので勝ち組、負け組と別れていくわけですよね。
いろんなやり方を自分なりにさらに味付けして工夫し、最終的にはエッジの効きそうな場面やトレードを避けるべき場面の判断を自分なりにルール化することが大事です。

今日も上がりそうだ、上がってるからすぐ買うとかというよりも、

押し目なのか、
リスクが高い場面であれば、押し目を待ったり、
その押し目をどの辺にするのかといった目安を付け、
そのチャンスが来るまで待つ。

トレード前の心構えとしてはここが大切な部分ではないかと。
それをするために、いろんな「うまい方法」の中から有効なものを随時選んだり、手法をシステマチックに考えるのは個人それぞれの役目です。

毎日同じ動き方をしないのが相場であり、常にトレンドが出るわけでもありません。
損切の位置もターゲットとする位置も、その日はうまく行ったとしても、次の日ははずれることもあります。
もちろん、うまく続くときもあると思います。

一つの時間足を見るだけでなく、大きめの時間足を見て大局的にターゲットやストップの位置を決めるのも有効です。

他人に頼ろうとする前に、聞いたこと見たことのある他人の話なども思い出せば、いろんな気付きや追及すべき課題がその人の中に今あるのではないかと。
それに気づいていないだけ、あるいは勉強がたりないのでは。
そんなふうに思います。

毎日が勉強です。私ももう勉強しなくて良いなんて思っていません。
有名なトレーダーさんたちも勉強をしていないということはありません。
気付いたことがあれば、検証することもありますし、試すこともあります。

あきらめずに努力した人はきっと報われると思います。
常に冷静なトレードを心掛け、一攫千金を狙うようなレバレッジをあげてトレードすることなく、
あせらず、地道に勉強し、経験していく時間が大きな財産になっていくと思います。
タグ: #考え方

ポジティブに努力を。

またまたブログの更新をさぼってます。。。(汗)

先日、7月2日と4日にオンラインで勉強会を行ないました。
2日は土曜日ということもあり、夜遅くまで話し込んでしまいました。。。
4日は平日のしかも月曜日という週初めということもあり、日をまたがずに終わりましたが、
まだまだ話したりなかったなーという感じでした。

ただ、参加していただいたメンバー全員が、本当に真剣に取り組んでいるという意思が伝わってきて、うれしい気がしました。

いろんな悩み事はあるものですが、とにかくネガティブにならずに、前向きにこれからも取り組んでいただきたいと思いました。

為替取引自体はシンプルなものです。
上がるか下がるか、それにどう対応していくのか、いろんなルールを自分に課すことが大事なことだと思います。
規則がなければ、トレードしていいとき、悪いときの判断ができません。
また、自分の得意な形を見つけることもできません。

トレードしていいとき、悪いときの判断を的確にするために、自分の得意な形や不利な形を自覚することで、無駄なトレードを省き、勝てる確率が高いときだけ狙うことが、少しでも資産を増やすことになると思います。

そのためにも、具体的に自分のトレードを数字で分析したり、得意、不得意な場面をチャートで振り返ってみたりする時間は、慣れてくると楽しい時間になります。
その時間を苦にするようであれば、それ以外の努力をすることも考えられますが、まずは自分のトレード分析から始めなければ、そのあとの困難に向かっていく精神を保つことも難しいことかもしれません。

「だめだだめだ」と自分を責めることは逆にネガティブになってしまい、負の連鎖を招きます。
自分を責めるより、自分の何が悪かったのか反省することのほうがのちのち良い方向に向かう気がします。
また、自分は悪くなくて、たまたま相場が思った方向に行かず、たまたま負けたという場合もあります。
私は、負けたときは、だいたいそんなふうに考えるようにしてます。
自分のエントリーがルールどおりであれば、たまたま自分の手法に相場が合わず、負けただけのことと。
自分なりの規則があれば、負けたとしても、それで割り切ることは簡単です。その方が精神的にも楽です。 タグ: #できごと #考え方

トレードするからには自己責任

すっかり、ブログもメールの返信も遅くなってしまいました。
先月は、FX以外のことで忙しかったり、追い打ちをかけるように親が体調を悪くしてしまい、トレードもあまりできずにおりました。
バイナリオプションは、一日に2、3回程度やるぐらいの時間しかなく、落ち着いてチャートを見る時間がなく。

ま、そんな私の事情はさておいて。。。

2016-06-17追記
下記のオンラインによる勉強会は、メールにて案内した方のみ対象としており、募集は締め切りました。


7月に東京で実施予定だった勉強会は、そんな諸事情の関係で中止にしました。
その代わり、勉強したいという人のためにもなんかしなくてはと思い、オンラインによる勉強会を実施する方向でメールにて案内させていただきました。
オンラインによる勉強会といっても、やはり、私はセミナー形式よりディスカッション形式の方が好きなので、少人数でみんなが話せるような環境で行いたいという考えは変わらず。

たまにそういったことも内輪でやることはあるのですが、まったく会ったこともない方々とそういうことがオンラインでできるのか、どんな感じになるのか不安な面もありますが、とにかくやってみることにしました。
機会があれば、そういったことも継続していきたいと思います。

ブログの更新もままならない状況で、その間にコメントやメールもいただきました。お返事が遅れてる方には大変申し訳ありません。
その中に、コメント欄にこんなコメントを書かれてる方がいらっしゃいました。

「 最初に言えよ 真似して時間割いた人のこと考えろ
小出ししやがってよ」

この方は、こういう感情的になった時点ですでにトレーダーとして失格です。すぐにトレードをやめるべきです。
自己責任においてトレードをすべきなのは当たり前のことで、他人のせいにするとは。。。

私のブログやメールでも「マネしてます、してみます」という方がいらっしゃいますが、私はマネをしてくださいとか推奨は一切してません。
私のやり方を理解し、参考になればと思い、こうしてブログで書ける範囲で書いてます。
小出しにと言われてますが、一気に書けるものでもないですよね。

「真似して時間割いた人のこと考えろ」
真似してくださいと私が言っていたなら、責任はあるかもしれませんが、一切そんなこと言ったことがありません。
真似したのはこの方の考え方、この方の判断で真似してるだけですよね。

あくまで公開できる範囲で書いてるわけで、細かい手法やコツなど具体的に書いていない部分ももちろんあります。カテゴリの「プロフィール」の中でも、具体的な手法は非公開と書いてます。が、公開できる範囲で考え方としては書いています。

私が実際トレードしているところを見たわけでもなく、うわべだけのことを真似し、理解しようと勉強もせず、メールで問い合わせもいただいていないようなので(IPアドレスで確認)、そういうこともなく、小出しにしやがってと言われてもですね。。。(笑)
私なら、他人の手法を真似るとしても、自分なりに検証し、勝てそうだと納得できたらやりますね。

FXで儲けたいのであれば、自己責任が前提であることを理解してほしいですね。

自分のトレードを振り返り、自分なりに試行錯誤し、理解を深め、勉強しなければ、到底何も身につかないと思います。 タグ: #お知らせ #できごと #考え方

久々のRSIネタ。

朝晩、まだ寒いですが、皆さんのところはいかがですか?
温暖の差が激しいので体調を崩さないように気を付けましょう。

最近、バイナリのルールがだんだん明確になってきて、やりやすくなってきました。
ただ、今のルールだと1分期限がメインなので疲れ気味です。(笑)
5分期限だと、今の相場では難しい時間帯もあったりで、1分の方がやりやすいです。
ま、その辺の話はまた後日ということで。

今日は久しぶりにRSIのネタで。

以前、ダイバージェンスや隠れダイバーについて書いた記事があります。
ここをクリック

その中で、「隠れダイバーはトレンドの継続」と書いてました。
その記事を書いたころにもその件についてお問い合わせいただいてたのですが、
「隠れダイバーは、なぜトレンドの継続なのか?」というお問い合わせでした。最近になって、またその点についてご質問があったので補足しておきます。

その記事を読まれてない方は、先にその説明を読んでから、そのあとでこちらを読まれたら話がわかりやすいかもしれません。

「隠れダイバーはトレンドの継続」という話の前提として、トレンドが出ている時に押し目買いや戻り売りをするポイントになるので「トレンドの継続」という見方ができるという意味で書いたわけです。
「トレンドの継続=押し目買い/戻り売りのポイント」ということです。

たとえば、下降トレンド中に一旦戻しがあり、その戻しのあったところが隠れダイバー出現となった場合、戻り売りのチャンスになるという意味です。
上昇トレンド中であれば、一旦押しがあり、その押したところで隠れダイバーが出現となった場合、押し目買いのチャンスになるということです。

それはつまり、下降トレンド中に一時的に上昇してるとしても、そのまま上昇するかどうか判断するときに、下降トレンドに対しての隠れダイバーが出現すれば、そこからまた下がるかもしれない場面であり、「下降トレンドの継続」と判断し、そこからショートエントリーする、というような目安になるということです。
上昇トレンド中はその逆ですね。

レンジ相場であれば、ダイバージェンス同様、隠れダイバーの出現で逆張りロング、逆張りショートの場面でも考え方としては同じです。
ただし、ダマシにはもちろん注意です。が、エントリーポイントとしての判断をするには一つの目安になります。

ダイバージェンスも隠れダイバーも反転するかもしれないという形です。
ダイバージェンスは、トレンドが弱まっている状態。
隠れダイバーは反転するかもしれないという状態です。なので、押し目買い、戻り売りを考えられるポイントになるので、トレンド中に逆の動きがあったら、隠れダイバー出現で狙うのも一つの方法ということです。

ダイバージェンスも隠れダイバーも、値動きとオシレーター系のインジケーターがマッチングしていない状態です。
それは、何か変化が起こる兆しかもしれないということになるので、どちらも反転する「かもしれない」状態です。
そして、ダイバージェンスや隠れダイバーは一時的なものであったり、継続的なものであったり、その後の動きを判断するのは難しいですが、トレンドに沿った使い方をするのが良いと思います。

単純に書きましたが、隠れダイバーが出現したポイントに戻り売り、押し目買いとしての重なる条件が重なれば、なお有効的ということになりますので、興味のある方は以前の記事や右側メニューのRSI関係のタグから読んでいただければと思います。 タグ: #テクニカル #RSI #押し目/戻り

時は金なり。(先人から学ぶ#24)

最近、やっつけ仕事のせいで、なかなかトレードができませんでしたが、この土日でがんばって片づけました!
ということで、今週はFXに、バイナリに専念したいと思います。

先週の金曜日の午後に、日銀の関係者という方の記事で相場が大きく動きました。
私がポイントにしていた110.50はあっさり抜け、110.80手前で少し動きが鈍りましたが、結果的にさらにその上、ドル円はあっというまに111円台後半まで上がりました。次は114円台前半まで目指すのかという感じで見ています。
全体的にドル買い/円売りの状況で、クロス円は上がり、ドルストはどちらかという下降気味の形になってきました。
月曜日はどんな動きになるのか楽しみですが、あまり思い込まずに押し目や戻りを狙っていきます。

またリバモアネタです。

20160425.jpg
リバモアの言葉では「株取引」となっていますが、為替取引でも同じですね。
「時は金なり」という諺がありますが、まさにその通りですね。
このことわざには時間を大切にするという意味もありますが、トレーダーにとっては、特に「待つ」ということ、時間の経過と値動きを重ね合わせて見ることで、自分のイメージ通りの動きになっているのか、なっていないのか。
イメージ通りになっていないとしたら、逆方向への動きになったと判断できる状態なのか、まだ曖昧なところなのか。
その時間の経過とともにメンタル的なプレッシャーを感じずに、淡々とチャートを見て判断する必要があります。
考えをめぐらすことはトレードを始める前に分析をするという意味では必要なことですが、あとは、そのイメージ通りのタイミングまで待って、ポジションを持ったら、時間の経過に身を委ねてしまいましょう。
覚悟を決めて臨むことがシンプルなトレードをするきっかけになると思います。
上がると思うから買う、下がると思うから売る。
あとは時間が経つのを待つだけ。その後、どこかの時点でチャートを確認し、イメージ通りの形になったままなのか、想定外の形になり始めているのか。曖昧なところなのか。それ次第でどうするか判断基準を決めるだけです。

今週もがんばりましょ~!

【4/25~ 今週の主な指標など】
内容は変更される場合があります。
下記以外にもありますが、個人的に注意するものだけ掲載しています。
赤文字は、あとから追加や修正した内容です。

4/25(月)
休場:豪、NZ
17:00 独)IFO景気動向
23:00 米)新築住宅販売件数
23:30 米)ダラス連銀製造業活動指数

4/26(火)
21:30 米)耐久財受注
22:45 米)非製造業PMI
23:00 米)消費者信頼感指数
23:00 米)リッチモンド連銀製造業指数

4/27(水)
7:45 NZ)貿易収支
10:30 豪)消費者物価指数、中)工業利益
15:00 独)GFK消費者信頼感調査
17:00 欧)マネーサプライM3
17:30 英)GDP
20:00 米)MBA住宅ローン申請指数
23:00 米)中古住宅販売
27:00 米)FOMC金利

4/28(木)
6:00 NZ)RBNZ金利
8:30 日)失業率/全国消費者物価指数
8:50 日)鉱工業生産
10:30 豪)輸出入物価指数
12時前後? 日)日銀政策
15:00 英)ネーションワイド住宅価格
16:55 独)失業者数/失業率
18:00 欧)消費者信頼感
21:00 独)消費者物価指数
21:30 米)GDP/新規失業保険申請件数

4/29(金)
休場:日
7:45 NZ)住宅建設許可
8:05 英)GFK消費者信頼感調査
10:00 NZ)ANZ企業景況感
10:30 豪)生産者物価指数
12:45 豪)RBAデベル総裁補講演
14:30 仏)GDP
15:00 独)小売売上高
15:45 仏)消費者物価指数
17:30 英)住宅ローン承認件数
18:00 欧)失業率/消費者物価指数/GDP
21:30 米)個人所得
21:30 加)GDP
22:45 米)ミシガン大学消費者信頼感指数 タグ: #先人から学ぶ

やっつけ仕事が入ってしまい。

最近、もみ合いだったり、上げ方向、下方向のいずれかとしても素直な動きがあまり見られませんね。
ターゲット、利益幅を適度に決めて、エントリー、利確、損切、どの場面でも落ち着いて待ち、判断しなければならない、腕が試される相場でもあるような気がします。

私は、FXの方は最近はお休みしていまして、バイナリを少しやったりする程度です。
というのも、パソコン関係のやっつけ仕事をどうしてもということで頼まれてしまったので、なかなかトレードができません。

チャートの方もチラチラ見る程度ですが、ドル円は、日足で下降フラッグのような形になってきました。このまま上昇していくという判断にはまだ早い段階かもしれません。ただ、4時間足は一目均衡表の上限の雲を抜け始めました。110.50を抜けていくようであれば、まだ上もあるかもしれませんが、日足の20SMAが上にあるのでそこでもう一度下値をトライに行くようなイメージもあります。勢いよく抜けていくようであれば、110.50。110.80あたりがポイントになりそうに思います。

ユーロ円、オージー円はもみ合いですね。
オージー円に関しては、上げてきていますが、オージードルが今の段階では勢いもそれほどなく、迷ってるような相場に見えるのでオージー円単独で動くというより、オージードルがもたもたしてる間にドル円についていくという感じに思います。

ユーロドルは方向感がわかりませんが、デイトレであれば、タイミング次第でうまく取れそうに思います。

先日、勉強会の場所についてアンケートを取らせていただきましたが、やはりという結果で・・・。
東京でという希望が多かったので、東京で行うことにしました。
詳細は、まだ先になると思いますが、決まり次第、メールやブログで案内いたします。
前回、ディスカッション形式で行いましたが、意外と楽しくおもしろくやれたので、今回もまたそんな感じでできればなあと考えてます。
いろんな話をしたり、聞いたりする中で気づきがあったり、友達になったり、懇親を深める機会になると思います。もちろん、飲み会も予定してます。(笑)
人数が多くなると、誰と話したら良いのかというきっかけもなかなか作りにくいと思いますので、「こじんまり」というスタイルは続けていきたいと思ってます。

今日もがんばりましょー! タグ: #考え方 #お知らせ #チャートパターン

タイミングよく(先人から学ぶ#23)

金曜日は、午前中でバイナリを終えたあと、夕方からオージー円をショートしてましたが、21:30頃、ほぼ建値で終わってしまい、そのあとは、チャートが汚かったのでやる気も失せて終わりにしました。

バイナリはここぞという勢いがあるときだけ1分や5分の期限でやれば苦労せずに短時間で儲かるので、今後は勢いがつきそうな場面だけ選んでやろうと思ってます。
私的には見慣れた15分足でここからならという場面を選んでやったほうが、やりやすいです。

今日はリバモアネタ。
20160410.jpg
これは見た通りのことですね。
FXにしろ、バイナリにしろ、タイミングは大事。特にバイナリの場合は、時間の制約があるのでタイミングしだいです。
あとは、そのことをどれぐらい意識して待てるか、待てないか。
待つことは本当に大事ですね。

さて、金曜日の時点で、ドル円、ユーロ円、オージー円は下げ下げ。ユーロドル、オージードルは日足でレンジを抜けきらない状態。
ただ、オージードルについては4時間足が下げ方向にも見えますが、日足のレンジを抜けていないということも気にしつつ。

そして、今週は豪の雇用統計とBOEの金利が気になります。

【4/11~ 今週の主な指標など】
内容は変更される場合があります。
下記以外にもありますが、個人的に注意するものだけ掲載しています。
赤文字は、あとから追加や修正した内容です。

4/11(月)
8:50 日)機械受注
10:30 中)指標車物価指数/生産者物価指数、豪)住宅ローン約定件数

4/12(火)
10:30 豪)NAB企業景況感指数
15:00 独)消費者物価指数
17:30 英)消費者物価指数コア
21:30 米)輸入物価指数
27:00 米)財政収支

4/13(水)
7:45 NZ)食品価格
8:50 日)マネーストックM3/国内企業物価指数
9:30 豪)消費者信頼感指数
11時前後? 中)貿易収支
15:45 仏)消費者物価指数
18:00 欧)鉱工業生産
20:00 米)MBA住宅ローン申請指数
21:30 米)小売売上高/生産者物価指数コア
23:00 加)カナダ中銀政策金利
27:00 米)ベージュブック

4/14(木)
10:30 豪)雇用者数/失業率
18:00 欧)消費者物価指数
20:00 英)BOE政策金利/BOE議事録
21:30 米)新規失業保険申請件数/消費者物価指数コア

4/15(金)
11:00 中)GDP/鉱工業生産/小売売上高
13:30 日)鉱工業生産
21:30 米)NY連銀製造業景気指数
22:15 米)鉱工業生産
23:00 米)ミシガン大学消費者信頼感指数 タグ: #先人から学ぶ
プロフィール

fxdetaku3

Author:fxdetaku3
管理画面

タクと申します。
常に淡々とトレードするほうが楽チン♪
普段取引している通貨ペアはユーロ円、ユーロドル、オージー円、オージードルの4通貨でデイトレ、FX専業です。
ファンダは苦手。システマチックにテクニカル重視の順張り。
とにかく、FXを楽しみましょう!




メールフォームはこちらをクリック。



【ガチンコFX】
FXライター高城のFXの儲けの極意は勝者に訊け」で、私のことが紹介されました。
高城さんの最新の記事はコチラ。
「ガチンコFX」では、奈那子さん西原さん羊飼いさんのコラムもあります!

【ご注意】当ブログの内容に関し、その正確性、有用性、確実性その他いかなる保証もするものではありません。ご利用により万一何らかの損害が発生したとしても、私は一切責任を負いません。真似をしようとせず、考え方が参考になれば幸いです。

[PR]

¥1000 min trade: city scape

カテゴリ
タグ
最新コメント
最新記事
月別アーカイブ
リンク
訪問者数
TOTAL: 無料カウンター
TODAY: 電話占い YESTERDAY: パワーストーン

本日のPV数