規律を守る。

昨日、書くのを忘れてたことがありました。
深夜のFOMC議事録公表の時間にオーストラリアハイローでバイナリをしようとしたら、いきなりCLOSEDになりました。
深夜3時で終わりみたいです。せっかく起きてたのに無駄でした。(笑)

ドル円は、一気に107.66付近まで落ちましたね。
今朝から戻しの動きで昨日の安値から100pips以上の戻しが早くもありましたが、私は寝坊したせいで、すっかり出遅れました。
トレーダー仲間の一人は今朝からオージー円のロングでホックホクでうらやましかったです。(笑)

ドル円は今のところ109円で跳ね返されてますね。
どこかのタイミングでもう一度安値トライ(107円台)に行くように思うので、ここからクロス円のロングもしにくい気がしてます。
ただ、オージー円は82.30まで、もう一度トライに行くようにも思うので、頭の中が整理しきれていません。
が、自分の形になれば、ロングエントリーもチャレンジするつもりではいます。
オージードルが日足の20SMAを下に抜けてはいるのですが、完全な下げトレンドになってるという状況には見えないので、オージードルの動きも気にしつつという感じでいます。
ユーロ円もオージー円と同様。ユーロドルはまだ上の方でもみ合ってるだけの状態なので、トレードは避けたいと思ってます。

で、今のところ、バイナリをしてまして。。。12勝7敗中。荒れてます。今日のバイナリはもうやめときます。
久しぶりにFXでチャンスがあれば、やりたいと思ってます。
ちなみに、昨日のバイナリは、14勝6敗。終盤の4回が無駄に負けた感じでした。(笑)
FXは昨日もしませんでした。(汗)

昨日の続きで、勝てなかった頃の話。

私はFXを始める前に株もやっていたことがあり、何もわからずの状態だったので怖くて、必ず、ポジションを持ったあとは逆指値を入れてました。
逆指値にささるばかりでしたが。(笑)
怖いので逆指値を入れるのは当たり前だと思ってますが、ポジションを持ったあと、逆指値を入れていない人の考え方が理解できません。
何が起こるかわからないのに。
リーマンショックで大損した人の中にも、耐えて耐えて結局強制ロスカットになったりした人もいますよね。
私からすれば、考えられなかったです。
リーマンショックのときは、私は普通に負けてた時でしたが、リーマンショックのせいで負けたとかそんな記憶もないぐらいです。(笑)

FXを始めてからも同じように逆指値は必ず入れてました。単純に-20pipsとか-10pipsとか試してました。
そして、逆指値にささるばかり。(笑)
そんなこんなをしつつ、検証してました。

そして、含み益が出たあとの手じまいのタイミングがわからず、結果的に損切になり。。。
適度なところで利確できなかった。いつでも伸びると思ってたんですね。(笑)
それと、損切の的確なポイントを意識していなかった。単純に-10pipsとか-20pipsだけでしたから、直近の高値安値なんて知ったこっちゃない。そんな感じでした。(笑)
もみ合っていても、この方向に「抜けるだろう」という発想しか持てず、結果的に、もみ合ってる天井、底での損切。
「それを抜けたら・・・」という考え方もわからなかったんです。
最初から抜けることを期待してただけなんですね。(笑)

勝てていない人は同じような経験をしたり、考え方がわからなかったりしてると思います。

悪いところをとにかく改善するだけなので、深く悩みすぎても時間の無駄になってしまいます。

私の負けてたころの話を簡単に書いてみました。もっといろいろ原因はあるのですが、これまで書いたことを改善するにはということで、私なりに考えたことを簡単にまとめてみました。

  • インジケーターに頼りすぎてた→ローソク足を見よう(値動き、チャートパターン)

  • 天井掴み、底掴み→押し目、戻りを待とう。(小さい時間足でタイミングを見たり、トレンドライン、サポレジ、移動平均線など反転しそうなところ)

  • 反転のタイミングを狙うことを知っていながらできなかった→チャンスが来るまで待とう

  • 5分足だけでやっていた→大きな流れに乗ろう(大きな時間足を見たり、相場観を持とう)

  • オーバートレード、ポジポジ病(やけくそになったトレード含む)→回数が少ない方がリスクは小さいし、儲かる。楽ちん。連敗したら休む。その日の最大損失を決め、それ以上トレードしない。

  • 損切のポイントを意識してない、わからない→直近の高値安値を意識したり、トレンドライン、水平線、移動平均線など、逆に抜けたら危険というポイントを意識してからエントリーする。狙う利益に対して、リスクが大きくならないように。
    例:20pipsの利益を狙うのに、-50pipsのリスクを負うのは時間の無駄であり、非効率的。であれば、-50pipsの覚悟をして+20pips狙うより、早めに損切し、逆の方向で20pipsの利益を取った方が効率的。狙う幅や金額によって、損切のポイントとエントリーのポイントが最低でも「損益:利益」が1:1、1:2のリスクになるところでエントリーするように考える。

  • 利確のタイミングがヘタ→いつも同じ流れとは限らない。それまでの値動き(ローソク足)がレンジかトレンドか。場面場面で微益でやめたり、やめる理由がないのであれば伸ばす。やめる理由を自分なりに理解し、決める。ターゲットの目安をチャネルラインや水平線、PIVOT、フィボナッチなど、なんでも良いので目安を想定する。

他にも資金管理(枚数管理)など、考えなくてはいけないことがたくさんあります。場面場面によって、枚数を変えたり、儲かってきたからと言って、枚数をいきなり倍にしたりしないことであったり。
それだけでも、リスクを小さくする、マイナスが膨らまないように工夫することができます。

簡単にまとめるとこんな感じですが、それを規律として守ることが大事です。守れないときは負けるだけです。
これを読んで、待てないんだよなー、守れてないなー、と感じる人は「待つ、守る」ということをよくよく考えてみてください。
儲けたい、負けたくないという欲を持ったり、考えたりせずに、常に淡々とチャートに向き合ってみてください。

自分の悪い行いのせいで負けてるトレードもあると思います。
それに気づかずにいたり、気づいていても改善しようとしないでいると、いつまでも勝てません。
気づいたことはすぐにメモするなり、Evernoteに書くなりしましょ。(Evernoteは便利)
関連記事
タグ: #考え方 #リスク管理

勝てなかった頃の話。

昨日は15分足のクロス円がヒゲだらけでやる気が起きず、バイナリをしようとしましたが、どれも好きな形、タイミングがなく、昼間はできませんでした。
夜はオジドルをやって、トータルでは8戦8勝、いい流れに乗れました。

今日もバイナリ三昧。7戦7勝中です。
なんとなくバイナリのコツがつかめてきたな?という感じですが、自信を持てる感じまではまだ行ってません。ここらで調子こくとやられますからね。(笑)

ドル円があっという間に108円台突入。やっと、明確なドル売りの状況になってきたような。。。
ドル円はドル売り円買いですが、ユーロドルやオージードルは際立って、ドル売りの動きでもなく、上げきらない状況でした。
今はとにかく素直に流れに乗ってた方が良いですね。って、いつもですが。(笑)

さて、たまーにメールでお問い合わせをいただく中で、私と同年代の方もたまーにいらっしゃいます。
がんばっている同年代の方は特に応援したくなります。
そして、老若男女問わず、FXの経験が3~6年経つのにまだ勝てないというメールもよくいただきます。

そこで、私が勝てなかった頃のことを思い出しつつ、今日は書いてみようと思います。

5年以上、勝てないのにまだやろうとしてる方のことは、ある意味すごいと思います。
よっぽど負けてなくて、続ける気力があれば、そのまま続けても良いと思いますが、やはり、人間。性格などからFXとの相性もあると思います。
あきらめも肝心。

私がコンスタントに勝てるようになったのは3年目。丸々2年は負けっぱなし。
細かい経緯は、右側にあるカテゴリの「プロフィール」を読んでいただければ。
あ、ついでですが、「億トレーダー」とも言われますが、私の場合は一年に「億」を稼いでるわけではありません。積み重ねてそうなってるということですので誤解のないように。(笑)

その負けっぱなしの2年を振り返ると。。。
「プロフィール」にも書いてますが、とにかくインジケーターに頼りすぎて聖杯探しをしてた。簡単に言うとそんなことになると思います。
それと、一番の原因は、リスクを考えたトレードをしていなかったということです。

天井掴み、底掴み。ただ勢いにあるところについ乗っかってしまった。その直後は想像できるようにエントリー方向とは逆に動きまくり、損切の嵐。(笑)
それでうまく行ったときもありますが、それは単純にビギナーズラックですね。
結果的には勝てなかったという事実。
押し目、戻りを待つという発想自体なかったです。(笑)
ただ、反転のタイミングを狙えば勝てそうというイメージだけはありました。が、そのタイミングまで待てなかった、大きな流れを意識するということもなかった。
上だろうが、下だろうが、「すぐ儲かる」と思ってたんですね。それが、その時には知らなかった「オーバートレード」「ポジポジ病」という単語。
そのころは、5分足だけでやっていたので、特にそういう傾向になってました。
今思うと5分足だけでやってたから負けっぱなしだったんですね。。。
スキャルピングのやり方を知っていたなら、それなりにやり方を考えたのかもしれませんが。
基本的に「楽に大きく」儲けたいというのがあったので、スキャルピングは考えもしませんでした。
「楽に大きく」と言っても、一発狙いではなく、それなりに。(笑)

今日はこの辺でやめておきます。続きはまた明日。(笑)
関連記事
タグ: #考え方 #リスク管理

月曜の祝日

おはようございます。
世の中は3連休の方もいらっしゃると思います。皆さんお出かけしてますか?

先週はFXよりバイナリトレードが多い週でしたが、バイナリもFXもプラスで終われました。FXはたいした利益でもなく。。。バイナリも苦労した割には予定より儲からなかったかなという感じです。(笑)

19日(土曜日)は私の誕生日でした。おめでとうのコメントをくれた方々に感謝です。
年齢そのものの数字は気にしてなかったんですが、改めて聞かれたりすると、急に数字が気になり、あー、年とったなーーと実感。
気持ちはまだ30代なんですけどね。(笑)

きょうも朝からバイナリをしつつ、FXの方ではオージー円をショート中です。
この「バイナリをしつつ」と書いてる時点で、FXを優先していないということがよくわかりますね。(笑)
ま、FXをするにはちょっと注意が必要な時間帯だったこともあるのでこれはこれで良しとしてます。

さて、前回、戻り売りのことについて質問という形で書かせていただきました。
回答していただいた方の内容はほとんど一緒でした。

質問の意味としては、単純にストップをどこに置くかということでした。
皆さんからいただいた内容としては、直近の高値より若干上にストップを置くという考え方から、浅め、広めという判断でしたね。
私の基本的な考え方としては、エントリーする時、中期移動平均線より上か下かを判断基準にしています。たとえば、25SMAより上か下かということになります。
下降トレンド中に25SMAより下でエントリーする場合は広め。上でエントリーする場合は浅め。それと直近の高値を参考に広くするか浅くするか判断してます。
上昇トレンド中の場合はその逆です。

どの時間足においても、やはり中期移動平均線の上で動き始めたり、下で動き始めたりすると、トレンドが変わる可能性もあります。
そのため、リスクを考えるのもシンプルに判断するルールを決めることで、そのあとトレンドが変わったと判断できる、素直にそのように考えられる状態を作ることで、いつまでもそのポジションに執着せず、新規にエントリーするときの思い込みを排除することができます。
ただ、中期MAを逆に抜けただけではトレンドが変わったとは判断できないので、大きい時間足やチャートパターン、サポレジも考慮し、その時点でどう対応するのかを考えています。

だんだん暖かくなりつつありますね。今朝はこちらは寒かったですが、昼間は暖房は必要ないぐらいの暖かさになりつつあります。
今週は特に目立つ指標もなく。
ドル円はトレードはしませんが、注視しておこうと思います。

【3/21~ 今週の主な指標など】
内容は変更される場合があります。
下記以外にもありますが、個人的に注意するものだけ掲載しています。
赤文字は、あとから追加や修正した内容です。

3/21(月)
休場:日
10:45 中)MNIビジネス指数
11:00 NZ)クレジットカード支出
17:30 香)消費者物価指数
23:00 米)中古住宅販売件数

3/22(火)
9:30 豪)住宅価格指数
14:15,30 豪)RBAスティーブンス総裁演説
18:00 独)IFO景気動向指数
18:30 英)CPIコア/PPIコア
19:00 独)ZEW景況感調査
22:00 米)住宅価格指数
23:00 米)リッチモンド連銀製造業指数

3/23(水)
20:00 米)MBA住宅ローン申請指数
23:00 米)新築住宅販売件数
24:00 欧)消費者信頼感指数

3/24(木)
11:00 日)日経PMI判断指数
16:00 独)GFK消費者信頼感調査
17:00 仏)製造業PMI
17:30 独)製造業PMI
18:00 欧)製造業PMI
18:30 英)小売売上高
21:30 米)新規失業保険申請件数/耐久財受注
22:45 米)製造業PMI

2016/3/25(金)
休場:独、英、仏、豪、NZ、香
8:30 日)全国CPI
16:45 仏)GDP
21:30 米)GDP/個人消費/GDP価格指数
関連記事
タグ: #テクニカル #考え方 #移動平均線 #リスク管理

昨日のネタについての疑問は。。。

昨夜のドル円は、110.80を付けたあと、急騰しましたが、結局、私的にはなんで上がったのかわからずじまい。(笑)
原因を知ってる方はコメント欄にでも書いて教えていただけるとうれしいです。

その時、楽天証券では、1500pipsのスプレッドが広がるという異常事態。(笑)
私も口座はあるんですが、システムがいまいち使いずらく使ってませんでした。画面の見栄えとかは好きなんですが。。。
その後、楽天証券側でレートの修正があり、チャートも普通な感じに表示されてますね。
ポジションを持ってた方などに対しての資金の戻しも多少はあったようですね。
ただ、それだけでは済まない問題でもありますが。
ま、楽天を応援してる私としては今後このようなことがないことを願い、良いシステムになることを願うだけです。


今日は今のところ、バイナリで12勝8敗という荒れたトレードになってます。(笑)
FXの方はノートレードです。

昨日の戻り売りのポイントで疑問になりそうな部分について。
それぞれのポイントでリスクの取り方として、ストップを浅目とか広めとか書いてみましたが、そのことについて、皆さんはどのように思われたか気になるところです。それはつまり、リスクが大きいところ、小さいところをどのように考えるかということにつながるわけで、なぜ、ここでは広め、ここでは浅めという疑問がわいてくれたらこれ幸いなんですが。(笑)

とりあえず、今日はそれを質問ということにしたいと思いますので、コメント欄、あるいはメールにて書いていただければ。
あくまで私的なリスクの取り方、考え方なので、自分の考えとは違うが、こんなふうにタクさんは考えてるんだなーということを書いいただけたらうれしいです。(笑)
回答の期限は今日中ということで。

ではでは、今日もがんばりましょ!
関連記事
タグ: #考え方 #お知らせ #リスク管理

たいしたことないネタです。

最近、暖かかったり、寒かったり、季節の変わり目を感じます。
風邪をひかないように、みなさん気を付けましょう。
今日は、突然、遠くから気仙沼まで来てくれた友達がいて。。。
あまり時間がなかったので、話もあまりできませんでしたが、うれしい出来事でした。
東日本大震災からまもなく5年になるということもあり、南三陸町の防災庁舎は是非見せておきたいと思い、案内してきました。
その後は、気仙沼まで戻り、俳優の渡辺謙さんが経営するカフェを外から見ただけ(休みか、貸し切りみたいな雰囲気だったので(笑))。
そして、復興商店街を2箇所見て回り、3箇所目の復興商店街でラーメンを食べて帰っていきました。
お寿司でもごちそうしようかなと思ったんですが、魚介類が苦手ということで。。。(笑)
お寿司。。。おいしいのに。。。残念。
そんなことしかできませんでしたが。。。
それよりも、人と会って話すのってやっぱり良いですね。
普段、スカイプとかで話したりすることはありますが、やっぱり、リアルに会って話すのと全然違いますよね。その時の空気感や雰囲気。
近くの友達と会って話すのも楽しいですが、楽しいというのはその場の雰囲気だけであって、慣れてしまっているせいか、心から思うことってそうそうないですが、なかなか会えない人と会って話せるというのは本当に幸せなことだと感じた日でした。
「人が好きだ」という人がたまにいますが、「あー、こういうことを感じてるんだなー」と思ったりしました。また一歩大人になった気がします。(笑)

さて、先週、私のトレードは、月、火、金曜日は満足な結果。水曜日はまあまあ。木曜日は少し。という感じでしたが、マイナスの日はなく、相場様に儲けさせていただいたという感じです。
最近の記事でよくチャートパターンについて書くことが多いですが、金曜日に15分足でオージー円、ドル円で下降ウェッジ(覚えたて)のように見えたところがあったのですが、ダマシがあったりで難しい判断でした。
ウェッジ型のラインの引き方は難しいですね。引き方や時間帯のタイミングによっては、ダマシが何度もありそうな感じに思えました。
そのダマシを見極めるには、やはり、ブレイクしたからと言って乗っかるのではなく、大きな時間足や流れも考慮しつつ、ちょっと止まって流れを様子を見たりすることも大事ですね。
ちなみに、私はその下降ウェッジからの抜け出しには乗っかりませんでした。運が良かったというべきですね。(笑)

ちょっと話は変わりますが。。。
勢いに乗っかるというトレードはよくあると思いますが、細かい動きを見ていると、そこから伸びそうかどうかというのもなんとなく経験則で感じ取れることがあります。
乗っかるにしても、それまでのサポレジやチャートの形から、乗っからずに様子を見て、戻りや押しを待った方が良いという場面もあります。
それまでの動きが伸びすぎているのであれば(長い陰線や陽線が数本続いたあとなど)、我慢して次のチャンスを待った方が無難な時もあります。その辺の判断は損するも得するも紙一重です。
いずれにしろ、基本的には、戻りや押しを待って待ってトレードした方がリスクを抑え、利益を狙えるチャンスは高まります。
そして、利確のタイミングも早すぎず、我慢することが大事な場面もあります。
とにかく、我慢するということは、いろんな場面であとあと有利に働く大事な要素になるということですね。

さて、今週の相場どうなりますやら。
先週、ユーロ円は、2月11日の安値をブレイクしてきました。ドル円は同じ2月11日の安値をトライに行く雰囲気ですが、111円台は日銀のレートチェックがあっただの噂で反応したりしたので、特に円がらみの通貨を中心にショートポジションは気を付けたいと思ってます。
ユーロドル、オージードルは日足の20SMAから跳ね返る動きで先週は終わりましたが、どちらも一目均衡表の雲の上で動いてる状態なので、下がるとしても、一旦もう少し上げたいという状況にあるような気がします。が、その辺はあまり思い込まずに、その日のチャートに素直にデイトレするつもりです。

ではでは、おやすみなさい!

【2/22~ 今週の主な指標など】
内容は変更される場合があります。当日の指標はTwitterに書いてます。
下記以外にもありますが、個人的に注意するものだけ掲載しています。
赤文字は、あとから追加や修正した内容です。

2/22(月)
11:00 NZ)クレジットカード支出
17:00 仏)製造業PMI/非製造業PMI
17:30 独)製造業PMI/非製造業PMI
18:00 欧)製造業PMI/非製造業PMI
22:30 米)シカゴ連銀全米活動指数
23:45 米)製造業PMI

2/23(火)
16:00 独)GDP
18:00 独)IFO景気動向
24:00 米)中古住宅販売件数/消費者信頼感指数/リッチモンド連銀製造業指数

2/24(水)
9:30 豪)賃金コスト指数
16:45 仏)消費者信頼感指数
21:00 米)MBA住宅ローン申請指数
23:45 米)非製造業PMI/総合PMI
24:00 米)新築住宅販売件数

2/25(木)
9:30 豪)民間設備投資
16:00 独)消費者物価指数
18:00 欧)マネーサプライM3
18:30 英)GDP
19:00 欧)消費者物価指数コア
22:30 耐久財受注/新規失業保険申請件数
23:00 住宅価格指数

2/26(金)
6:45 NZ)貿易収支
8:30 日)全国消費者物価指数
16:45 仏)消費者物価指数/GDP
19:00 欧)消費者信頼感
22:00 独)消費者物価指数
22:30 米)GDP
24:00 米)個人所得/ミシガン大学消費者信頼感指数
関連記事
タグ: #トレード #できごと #リスク管理 #押し目/戻り

両建は禁止にしてます

昨日のトレードは昼間はステキ。夜はダサい。みたいなトレードでした(笑)。
ふりかえると、ユーロでやられ、オージーに昼も夜も助けられたという感じでプラスで終われました!

今日はまだノートレードです!実は寝坊してしまいまして。。。^^;
てことで、これからまったりチャート眺めまーす!(笑)

昨日の順張りの続きについて書ききれていないことがあると思ったのですが、メールで回答した内容を見ても、もれた内容ってそれほど無く、意外とまとまってたなということで続きはなくなりました(笑)。
何かご質問等あればコメント欄かお問い合わせフォームからご遠慮なく!

ってことで、今日は両建についての私の考え方。
両建については、賛否両論いろいろありますよね。FX会社によっては両建ができないシステムになっていたり、両建するかしないかの設定があったり。両建をうまく使ってそれを手法としてトレードしている人や、単純に利益確定、保全のために両建する人。
両建も使い方次第では有効な手段だとは思います。が、単純に利益保全のための両建てならしないほうがいいと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今の私の考え方としては両建は禁止にしてます。FXを始めた頃は、含み損が増えてきてアワワアワワ状態になったときに、「あ!両建すればいいんだ!そしたら、とりあえず、利益がこれ以上損することはない!タイミング見て片方ずつ切っていこう!」なんて考えてトレードしてたこともありましたが、今はメリットよりもデメリットの方が大きいなと思ってます。

もし、含み損を抱えている状態で両建をしようとするなら、その時点で損切りしてしまい、次のチャンスを待ったり、両建する分の証拠金を他のトレードに使った方が効率的だと考えます。

たとえば、含み損が-10万円になったとして、その時点で両建した時点で、相場がどんなに動こうが、-10万円のままですよね。
その-10万円をタイミングを見てプラスになるように手仕舞いしていくわけですが、その手法自体がかなりめんどくさいと私は思います。(笑)
頭の中では「まだ下がるかな、そろそろ上がるかな、普通ならここでロングだからショート分は手仕舞いしてしまおう」と、そういう考えになるぐらいのチャートの形になるまでどれぐらいの時間がかかるんでしょうか。

利益保全のために両建する人は、それがわからないから両建しているんだと思います。これ以上持ってたらどれぐらいマイナスになるかわからない、だから、両建するんだと思うんですよね。
もし、今の相場がポジションと全く逆のトレンドで勢いがあると判断できるなら、ドテンしてしまった方が両建するより早く利益を挽回できると思います。

あるいは、損切りして別の通貨ペアに投資した方が断然利益を生みやすくなると思います。

マイナスのポジションに執着しているのは無駄な時間だと思いますし、とっとと結論を出して、そのあとゆっくり相場を眺めてチャンスを狙い、利益を生み出しやすい相場や通貨ペアを探してトレードをすれば良いと思います。


-------- コメント一覧 --------
Commented by ともか at 2012-11-16 14:11 x
通貨ペア選びは本当に大事ですね、先週同じクロス円にしてもレンジ幅の狭いペアを選び、トレンドが出ているのに微益・・・な取引が2回もあり、あれ困ったとなりました^^;他の方が取引されていた別ペアの動きがうらやましかったです^^今週も今日まで、頭を使って・・・ですね、承知しました。
Commented by fxtaku at 2012-11-16 20:12
■ともかさん、こんばんはー!
通貨ペア選びは私にとっては一番重要なんですが、うまく行かないこともあるので、それはそれとしてそんな日だったんだということであきらめます(笑)。チャンスはいくらでもありますからね^^

関連記事
タグ: #考え方 #リスク管理

ナンピンも考え方しだい。

今日はブログの更新が遅くなってしまいました^^;
昨日のトレードは、大統領選開票でいい感じに上下してくれて楽でしたね。ファンダメンタルズ派の人は若干苦労したのかな。。。私は久しぶりに100pips取れました。よかたよかた。(笑)

今朝は、ユーロドルショートで微益。今はユーロ円ショート中です。

今日のユーロ円、ユーロドル、オージー円、オージードルについては、私なりのターゲットがまだ未達なので下げ目線で、今のところのターゲットは、
ユーロ円=101.40
ユーロドル=1.2692
オージー円=82.85
オージー円=1.0380
です。時間軸を考えると、もう少しでそのターゲットも変わってきますが、オーダー状況やサポレジも気にしつつ、行ける所まで行きます(笑)。

今日はナンピンについて、私の考え方を書いてみようと思います。
ナンピンについてはそれぞれの手法でメリットであったり、デメリットであったりすると思います。
私の中では、基本的にはナンピンは禁止にしてます。
というか、ナンピンするタイミングの無いルールだからですが(笑)。

私はエントリーしたら、エグジットするまで追撃注文もナンピンもするところがなく、一度の取引で損切りするか利確するか、どちらかになるまでそのままにするというのが基本ルールになってます。途中で一部利確というようなやり方もしてません。
しかも、-20pipsが損切りの目安なので、そんな幅でナンピンしてたらリスクが大きいだけです。
ナンピン許容派の人は、まずは資金的に余裕があること、低レバレッジでしていること、そのトレードに自信がある時などの理由からナンピンもされているんだと思います。

また、ある程度ストップ幅を広めにとり、中長期的に資金管理がしっかりできているなら、勝率100%も現実的です。(ロスカットにならないぐらいの低レバレッジでエントリー、ナンピンして利益が出るまで持っておくなんていうやり方であれば可能)

ナンピンするぐらいなら最初からそのロットでエントリーした方が気持ちも楽だと私は思ってます。
あるいはとっとと損切りし、次のチャンスを待った方が資金効率の面から考えてもメリットがあると思います。

いずれにしてもナンピンも使い方しだいでは有効的な手法ですが、リスク管理、資金管理を考えた上、相場を冷静に判断しなければならないのはナンピンをしてもしなくても同じことです。

リスクが大きくなるだけのナンピンのメリットが私にはいまいち理解できません(笑)。
私の結論としては、ナンピンなんかしなくてももっと楽に利益を取るトレード方法を考えた方が効率的だと思ってますし、何より、そのトレードにこだわってナンピンするのがその時点でほんとによいものなのか、素直に相場を見てみたら、損切りしてドテンするか、そのまま様子を見た方がリスクを小さくし、リターンを大きくするチャンスがあると思っています。
関連記事
タグ: #テクニカル #リスク管理 #資金管理

我慢してルール通りに。

昨日はレンジもレンジ、方向感のないやりにくい相場でした。とりあえず、微益ですがプラスで終われたので良かったです!

さて、今日は昼前後に日銀の金融緩和が発表されることで注目されてますが、サプライズがあるのか無いのか、既に織り込み済みなのかどうか。。いろいろ思惑のありそうな今回の発表ですね。とりあえず、大きな動きになりそうならうまく乗っかりたいところです。。。冷静な判断で!
とりあえず、今はユーロ円のロングポジです。流れ次第ではこのまま日銀を乗り越えたいところですが、適宜、ストップをずらしつつ行こうと思います。

いろんな指標、特に重要指標は大事です。私のルールでは基本的に重要指標の1時間前から新規注文は禁止にしてます。1時間前に注文を入れても1時間下がりっぱなしになったらますますリスクが大きくなってしまうので。
そして、5分ぐらい前から動きに注意してます。先日、重要指標時の対応方法について書きましたが、あんな感じで。

私のメインのチャートは15分足ですが、同時に1時間足のチャートを開いてます。その1時間足のチャートは4時間足にしたり、日足にしたり、いろいろ変えて全体の流れを把握します。15分足は常にそのままです。エントリーのタイミングを見ているのでこれを変えたりして、元に戻すのを忘れたりしたらチャンスを逃したりすることになりかねないので。。。それもリスク管理の一つです。

また、エントリーのタイミングはとにかく我慢我慢です。私はシステムトレードに近いやり方なのでルールが明確です。なので、ルールにはまらない限りはエントリーしない、これが基本です。ルールにはまったとしても、全体的な流れを見ながらあえてタイミングをずらしてみることもあります。そのままスルーすることもありますが。
また、押し目や戻り売りのタイミングも含め、エントリーする判断に迷うような時は手を出さない。次のチャンスまで待ちます。
無駄なトレードを減らし、できるだけ確率の高いところでエントリーしたい。

チャートを見ていると手を出したくなりますが、とにかく自分のパターンになるまでは我慢我慢です。


-------- コメント一覧 --------
Commented by ともか at 2012-10-30 17:09 x
今日”は”できました。この”は”が”も”になるようにがんばります^^
Commented by fxtaku at 2012-10-30 19:25
■ともかさん、こんばんはー!
今日は良かったねー。だんだん慣れてくれば、なんてことなくなるからね!がんばっぺ!
関連記事
タグ: #エントリー #リスク管理 #考え方 #システムトレード

プロフィール #8 「損切りを考える」編

(9/26-3/4p)

検証結果から考えると、自然に資金管理やリスク管理に結び付いていきます。
たとえば、平均利益(1取引あたりの利益):平均損失(1取引あたりの損失)を比べてみれば、損小利大なのか損大利小の方法なのかがわかりますし(リスクリワード)、ストップ幅をちょっと小さくしてみたらどれぐらいの利益が改善されるか、そんなことも考えてみたりしました。
小さくしてみたら・・・という部分については、単純にそれだけでは判断できません。逆にストップ幅を広くしてれば、ストップにかからずに儲かっていた時もあるかもしれませんから。
しかしながら、そんなふうに考えたのではキリがなくなってしまい、中長期でポジションを持つ手法に変えないといけなくなるので私はスパッと切る方を選びました。
ストップで切られても入りなおすチャンスがあるのであれば、入りなおして、チャレンジして良い結果が出るのであれば、そのやり方を考えた方が良いと。
要は損切りしても、それを挽回できる範囲におさめること。それが大切だと感じました。
また、最大損失や最大ドローダウンも知ることにより、資金管理、リスク管理の役に立ちます。
自分のやり方ならどれぐらいの含み損を抱えたらロスカットになる、そういうことも想定しておくと安心だと思います。私の場合はドローダウンはあまり気にしてませんでした。理由は、よっぽどのへまをやらかさない限り、ロスカットになる確率はゼロに近く、デイトレなのでストップ幅も狭かったですし、注文と同時に常にストップとリミットは入れていましたし、連敗したとしても、ある程度連敗したらその日はやめて次のチャンスを待ち、そんなやり方をしている限り、大きなドローダウンは無いと想定できたので。
スイングトレードの人は特にドローダウンは意識しておくべきだと思います。

ではでは次回へ!
関連記事
タグ: #リスク管理 #考え方

プロフィール #7 「リスクリワード」編

(9/26-2/4p)

さて、引き続き検証は続けてました。
その中で、それが資金管理、リスク管理に自然につながってることに気づきます。
当時はレバレッジ250倍という高レバでやってました。
何も知らない怖いもの知らずの時期でした(笑)。
その分、始めた頃の資金の減り方が早かったわけですが・・・^^;
今は実効レバで2~3倍ぐらいです。

検証することによって、自分のストップ幅が適正なのかどうか、平均利益がどれぐらいかがわかり、そのことが、資金を減らすだけのものなのか、少しでも増えて行くものなのか考えることができました。
また、リスクをどれぐらいのものを常に抱えて取引しているのか、それが目に見えてわかります。
リスクが大きい割に利益が小さいのでは効率的にあまり良くない。
リスクが小さくて利益を大きく狙えるような取引であればそれが一番いいわけですよね。
リスクが大きくても勝率がよっぽど高ければそういうやり方もあるとは思いますが、取引してる中で楽に淡々とできるのは、リスクが小さければ安心してチャートを眺めていられます。

たとえば、1カ月の収支で見た場合、

Aさんは、総利益が100万円、総損失が90万円、差し引き10万円の利益。
Bさんは、総利益が20万円、総損失が10万円、差し引き10万円の利益。
Cさんは、総利益が3,000万円、総損失が1,500万円、差し引き1,500万円の利益。
Dさんは、総利益が3,000万円、総損失が2,500万円、差し引き500万円の利益。

ここで皆さんに質問。誰が効率良いと思いますか?あるいは誰のようなやり方が良いように見えますか?(複数回答可)
あえて答えは言いません。客観的に見て明らかだと思うので。(プロフィットファクター)

今回はここまで。また次回!
関連記事
タグ: #リスク管理 #考え方
プロフィール

fxdetaku3

Author:fxdetaku3
管理画面

タクと申します。
常に淡々とトレードするほうが楽チン♪
普段取引している通貨ペアはユーロ円、ユーロドル、オージー円、オージードルの4通貨でデイトレ、FX専業です。
ファンダは苦手。システマチックにテクニカル重視の順張り。
とにかく、FXを楽しみましょう!




メールフォームはこちらをクリック。



【ガチンコFX】
FXライター高城のFXの儲けの極意は勝者に訊け」で、私のことが紹介されました。
高城さんの最新の記事はコチラ。
「ガチンコFX」では、奈那子さん西原さん羊飼いさんのコラムもあります!

【ご注意】当ブログの内容に関し、その正確性、有用性、確実性その他いかなる保証もするものではありません。ご利用により万一何らかの損害が発生したとしても、私は一切責任を負いません。真似をしようとせず、考え方が参考になれば幸いです。

カテゴリ
タグ
最新コメント
最新記事
月別アーカイブ
リンク
訪問者数
TOTAL: 無料カウンター
TODAY: 電話占い YESTERDAY: パワーストーン

本日のPV数