バイナリは資金管理がより重要


昨日の続きで、バイナリでの儲け方として資金管理が重要だと気付いた方はこれからもバイナリで儲かる可能性はあると思いますが、そうでない方はバイナリは向いていないかもしれません。。。


1分などの短期バイナリなら、1~2回勝てば良しとすべしという考えに共感していただけた方がどれぐらいいるかわかりませんが、では、もう少し長めのバイナリで資金が余裕のある人の場合、どんなやり方ができるか。


例えば、一日に10,000円儲けたいという場合。

もちろん、一回あたり10,000円賭けられるのであれば、どんなやり方でも達成できる可能性はあります。
さらにさらに、もっともっと余裕がある人であれば。。。

短期バイナリでは自信がないが、もう少し長めの時間であれば少しは。。。と思う人が1回あたり10,000円賭けることができるのであれば、制限時間内に1.5倍の利益が出た時点で転売すれば、5,000円の儲けですから、それを2回やればいいですよね。勝率6割でも十分可能性のある数字です。


さらに、1回あたり20,000円賭けられるのであれば、同様に1.5倍で転売すれば10,000円の儲けなので1度で済みます。


あるいは、利益が1.1倍や1.2倍にできる可能性の高いタイミングで儲けられる自信があるのであれば、資金に余裕がある人は賭け金を増やしたり、回数を増やすかで目標の10,000円を達成できる可能性もありますよね。
10万円を一度に賭けられるのであれば、1.1倍になった時点で転売すればそれで達成ですね。
オーストラリアハイローの場合、1.1倍ぐらいには1pipsも動けば達成してしまうので気楽にできますね。


バイナリはFXに比べれば、リスクリワードは大きいですが、その分、FXよりもシビアな資金管理がとても重要で、うまく運用すれば魅力的なものだと思います。
資金は少ないが安定性を求めたり、資金を多く持っているなら、FXを勧めます。

関連記事
タグ: #バイナリオプション

短期バイナリの現実的な儲け


資金の少ない人からの1分の短期バイナリでのご質問が多いので、現実的なことを理解してもらおうと思い、今日はそんなネタです。


1分などの短期バイナリで儲けるには、FXよりも明確な利益の目標金額を設定することが重要だと感じます。目標金額を設定することで、必要な資金、トレード回数、期限の選択も明確にできます。


たとえば、1分の短期バイナリで、
1回あたりの賭け金が1,000円で月に10万円の利益を目標にした場合。
(20営業日/月で計算)
10万円÷20=5,000円/日
という計算になりますよね。


それを勝率から考えてみると。。。
先日、勝率が6割なら、1~2回勝ったらやめたほうが良いという記事を書きました。
それを踏まえ、書いていきます。


勝率6割の人が、一回当たり1,000円の賭け金で5,000円儲かるには最低でも5連勝しなければならないことになります。が、スキャルと違い、短期バイナリでの5連勝はかなりしんどいと思います。


単純に6割で計算してみると。
15回x60%=9回の勝ち、残り6回の負け。
差し引き=3回分の勝ち=3,000円のプラス。
まだまだ足りませんね。


20回x60%=12回の勝ち、残り8回の負け
差し引き=4回分の勝ち=4,000円のプラス。
もう少しがんばらねばなりません。


25回x60%=15回の勝ち、残り10回の負け
差し引き=5回分の勝ち=5,000円のプラス。


つまり、連勝しない限りは単純計算で25回の取引をしなければなりません。
スキャルピングであれば、苦にならない程度の回数ですが、短期バイナリという短い時間制限のある中でのトレードとなると、実際にやった人であればよくわかると思いますが、かなりしんどいと思います。
ということは、勝率6割の人が1,000円の賭け金で一日に5,000円儲けてやろうなんていうのはある意味無謀であり、非現実的な目標だと思います。


勝率6割の人が1,000円の賭け金で一日に儲けられる金額は、せいぜい1,000円~2,000円程度が精神的にも肉体的にも楽に達成できる可能性のある数字だと思います。


一日5,000円とか10,000円儲けたいという場合はもっと資金を貯めてからやったほうが現実的な目標になってくると思います。


資金にもっと余裕があれば、1分の短期でも、もう少し長い時間のバイナリでも儲ける方法はいくつかあります。
短期バイナリで1回あたり5,000円、10,000円を賭ける余裕があるのであれば、勝率6割でも1、2回勝てば儲けられる額となりますが、もう少し余裕のある長めの時間でやる場合はどうか。


それは次回!

1000 min trade: city scape
関連記事
タグ: #バイナリオプション

単純なチャートの形


トレードしやすい、あるいは自分の好きなチャートの形、エントリーしやすい形というのはありますよね。

_like.jpg


FXでトレードするのであれば、この画像のどれでもやり方によってはできます。
「3」は、短時間に上下してますが、ある程度のレンジで動いているので、スキャルならできそうな気がします。(私はスキャルはしませんので、気がするだけですが)
が、ハイローの1分などの短期には向いていません。ノイズが多すぎるような場面での短期バイナリで勝てる確率は小さいと思った方が良いです。
無駄なエントリーやポジポジ病的なエントリーを避けるという意味もあります。


「1」「2」は、FXでも短期バイナリでもわかりやすくて、やりやすい形だと思います。
「1」は実際の相場ではなかなか見ることができない形ですけどね。


いずれにせよ、チャートパターンが色々ある中で、自分の好きな形や押し目、戻りポイントを探しやすい、見つけやすい場面でエントリーすることを心がけることで、小さいリスクでトレードをすることは可能です。
そのためにも、決してトレードしたいしたいと思わずに、消極的にチャートを眺め、狙いを定めた形やポイントに来た時だけを狙う。
普段からそんな心がけをしておくことは基本中の基本と言えます。





関連記事
タグ: #考え方 #バイナリオプション

バイナリのトレード


昨日、簡単に私のバイナリトレードのやり方を書きました。
今日は、一昨日、夕方から参戦したバイナリトレード(13勝2敗)について書いてみます。
全てユーロ円でした。
FXのエントリーのタイミングについての参考にもなると思います。


【ルール】
順張りのみ。
5SMAが9SMAを抜けている方向。(クロス確定後、又はみなし確定後=レンジ以外の時)


長い足のあとのエントリーはしない。
特に移動平均線から離れたブレイク時。


レンジのときは様子見。ブレイク後のみ、流れに沿ってエントリー。サポレジで髭が出て、跳ね返されたような場合も、方向に沿った陽線や陰線が出ても様子見。

Hilo trend


太いオレンジ色の線は5SMA。細い茶色の線が9SMA。緑色は20SMAですが、あまり気にしません。


「A」枠の部分ですが、ルール通り、長い陽線であること、直近のサポートライン付近から跳ね返され下ひげが出ていたため、トレードせず。
その後、赤い四角の中にサポートラインの赤線を引いてますが、その辺のもみ合いとなっているため、この辺は様子見でした。


その後、さらに長い陰線でブレイク。ですが、ここは次のチャンスを待ちます。
下降トレンドと判断している場合、一旦戻し(陽線)が現れ、その後、陰線が確定後、次の足でエントリーするというのが私のルールの要になります。


「X」印のところでそのルールがはまったのでエントリーしましたが、失敗。


「B」枠部分では、「長い足のあとのエントリーはしない。特に移動平均線から離れたブレイク時」のルール通り様子見でした。


その後、5SMAが9SMAの上にクロスし、上方向を狙う形になりました。
上昇トレンドと判断している場合、一旦押し(陰線)が現れ、その後、陽線が確定後、次の足でエントリーしました。
その後、「C」枠部分に行くまでに3回ありました。


画像を見て、なんとなくわかった方もいらっしゃると思いますが、つまり、一番好きなパターンが、一旦5SMAを髭でもなんでも一旦下に抜けたり、上に抜けたりしたあとです。
上昇トレンドの場合、陰線があって、5SMAを一旦下に抜けて、そのあと5SMAから離れないところで上に陽線でブレイク。次の足でハイエントリー。
下降トレンドの場合、陽線があって、5SMAを一旦上に抜けて、そのあと5SMAから離れないところで下に陰線でブレイク。次の足でローエントリー。


そして、連続でのエントリーは基本的にしません。連続でやるとする場合は、上昇トレンドであれば、陽線が連続4本まで。下降トレンドであれば、陰線が連続4本までなら連続でエントリーすることもありますが、単発勝負の場合も、上記の例のような場合でも、エントリーしようとしたときに、すでに陽線、又は陰線が4本続いたあとはエントリーしません。


「C」枠部分でもルールにはまる形がありましたが、RSIが完全に70を超えていたので様子見でした。


その後、5SMAが9SMAより下に抜け始め、RSIの70からの反転でしたので、ここは長い陰線のあとでしたが、エントリーしてみました。
この場面は失敗してもしょうがないと自分に納得させてのエントリーでした。が、結果オーライのトレードでした。


その後の「X」印で失敗。ですが、ルール通りです。陰線もこの時点では連続で2本目のあとでしたので私としてはOKの場面でした。
(これが5本目とかなれば様子見です。)


その後もルール通りのトレードです。右端のところでは、2回連続のエントリーがあり、もう一回エントリーしても良いと思えましたが、調子をこかないようにするためにここでやめました。(笑)

Hilo range


このあとも同様のやり方で狙えるところは狙いました。
説明するのに本当にちょうどよい相場でした。
こちらの画像の中では、5回のトレードがありましたが、いずれも少しもみ合ったりしたあとのエントリーで結果オーライでした。
赤枠で囲った部分は、サポートラインをブレイクしましたが、この時点で陰線が4本連続しているため様子見。


右端のエントリーは、おまけのエントリーです。普段なら陰線2本目でエントリーし、3本目も続けてエントリーというのはたまにあったのですが、いきなり4本目でエントリーはあまり良いトレードがなかったので気分的には負けても良いつもりのエントリーでした。
ただ、チャートの形が、戻して長めの下げ、戻して長めの下げという繰り返しということもあり、勝ち越しという余裕もあったのでおまけでした。(笑)


私のやり方の肝は、先ほども書いたように、ハイを狙うのであれば、一旦押し(陰線確定)があり、その後、5SMAを上にブレイクで陽線確定後、次の足でエントリーがベストなので、狙う方向の足が陽線で2本目というのがやりやすいですね。(ローを狙う場合はその逆)


そして、2連敗した後は、そのあと別のスイングができるまで様子を見ることにもしています。


あとはレンジの見極めだけは慎重におこない、消極的に良い形になるまで淡々と待ちます。

関連記事
タグ: #バイナリオプション #トレード

バイナリの単純なルール


昨日は、タイミングよくチャートを見ていなかったり、やりにくかったりで、FXのトレードはしませんでした。

久しぶりに1分バイナリをやっみてました。
久しぶりにやったせいか、余計なことを考えずに素直にトレードできたおかげで13勝2敗でした。
というか、やりすぎ感たっぷりですが。。。


FXで自分の手法に合わせにくい相場の時に暇つぶし感覚でやるぐらいで、参考になるかどうかわかりませんが、最近のルールを書いておきます。

オーストラリアハイローの1分のバイナリです。


順張りのみ。
5SMAが9SMAを抜けている方向。(クロス確定後、又はみなし確定後=レンジ以外の時)


長い足のあとのエントリーはしない。
特に移動平均線から離れたブレイク時。


レンジのときは様子見。
ブレイク後のみ、流れに沿ってエントリー。
サポレジで髭が出て、跳ね返されたような場合も、方向に沿った陽線や陰線が出ても様子見。
(長い時間のバイナリであれば、サポレジで逆張りのエントリーもあると思います。)


ATR(ピリオド:5)が「1.0」未満のときも様子見。


次の足が、狙う方向になりそうなイメージを持つ。


スキャルや普通のFXトレードであれば、儲けられる場面でも、1分のバイナリでは、時間内の動きにより左右されるため、ローソク足の確定を待ってエントリー。
足が確定する前の途中からのエントリーはしない。
次の足が陽線か陰線か、イメージしやすい時が単純明快。
途中からでは、エントリーしたその足の次の足までイメージしなくてはならない。が、途中からのため、その次の足の動きがどうなるかわからない。


FXであれば、多少遅かったり、勢いに乗って少し逆に動かれても方向の判断さえ間違えていなければ、勝てる確率も高いが、時間の制約がある中でのトレードであるため、時間、ローソク足(形)から慎重にタイミングを選ぶことが重要と考えてます。

具体的な例を書こうと思いますが、長くなりそうなので、昨日のトレード内容と合わせて次回書きます。


30 Second Binary options
関連記事
タグ: #バイナリオプション

やる気になれば。。。

久しぶりのブログ更新です。本当に久しぶりすぎて見ていただいてる人もかなり減りました。それはそれで気楽で良いです。(笑)

まず、お知らせから。
ロンドンFXの美子さんが2冊目となる本を出されました。
本日からAmazonなどから発売されてますので、ぜひ読んでみてください。
私も注文しました!
スイングトレーダー、ファンダメンタルズ派には特にオススメです。

「ずっと稼げるロンドンFX (ファンダメンタルズ取引の実践テクニック) 」
ずっと稼げるロンドンFX (ファンダメンタルズ取引の実践テクニック)


さてさて、久しぶりの更新のきっかけとなったのが、最近いただいたメールです。
「資金が10,000円なら、FXと短期バイナリではどちらがオススメか?」なんていう質問をいただきました。

結論から言うと、どちらがオススメとはっきり言うことはできません。やり方によってはどちらでも儲けられると思います。
また、それまでの経験がどれぐらいあって、どんなことをされてきたのかが書かれていないので、どこまでどんな話をしたら良いのかということも判断しづらいところです。

FXであれば、日本のFX業者を利用する場合、10,000円で1万通貨の取引はできませんから、千通貨単位以下でトレードすることになります。
メジャーな通貨ペアであれば、だいたい2,000通貨ぐらいまでは適度なリスクを取り、トレードは可能ですね。

1,000通貨の取引であれば、1pips=10円の儲けとして、一日に50pips儲かったら500円の儲け。100pipsで1,000円の儲けです。
一日に50pipsを損しても500円のマイナス。100pipsを損しても1,000円のマイナス。
ということは、10,000円の資金があれば、そのあとも継続して十分トレードできます。

2,000通貨の取引の場合は、一日に50pipsを損した場合、1,000円のマイナス。100pipsを損したら2,000円のマイナス。
もし、-100pips、2,000円の損を出してしまったら、残りは8,000円。ぎりぎりでもう一度2,000通貨の取引ができるかできないかというラインになると思います。
そうなると、挽回するのもメンタル的にしんどくなりそうな気がします。その後、さらに負けてしまったら、資金を追加しない限り、2,000通貨の取引はできなくなります。

同じように資金10,000円でオーストラリアハイローの短期トレードをする場合、最低で1,000円の賭け金が必要。

一度に1,000円ずつ賭けてれば、全て連敗しても10回はできますが、10,000円の資金ではすぐになくなってしまう可能性もあります。10回のチャンスがあればなんとか勝てるかもしれません。一回勝ち越せば1,000円の儲けにはなるので、FXの1,000通貨取引よりはリワードは大きいです。
ただし、負けた場合のリスクも忘れずに。ココ重要です。

資金が少なく短期で儲けたいなら、バイナリオプションのほうが魅力的ですが、一日にどれぐらい儲けたいのか、月にどれぐらい儲けたいのか、これから先続けていきたいのか、それによって、その時のやり方は変わると思います。

やみくもに「儲けたい「いくらでも儲かればいい」と行き当たりばったり的な考え方をせず、テクニック的なことだけでなく、利益目標や将来的なこともよくよく考え、継続性のあるものを選択し、計画することで、今はFXが合ってるのか、バイナリが合ってるのか、おのずと見えてくると思います。

資金に合わせた利益目標を立てること。
そして、資金をすぐ減らしてトレードできなくなるようなことはせず、継続してトレードできるように資金を計画的に使うことです。
長くトレードをするためにも、負けてもまた挽回のチャンスを待てます。
失ってからでは、そのチャンスを待つこともできず、継続してトレードできなくなるほうが悲しくなるはずです。

30 Second Binary options
関連記事
タグ: #バイナリオプション #考え方

久しぶりすぎますね。

ブログがすっかり経済指標だらけになってしまいました。すみません。
久しぶりに更新します。

久しぶりの更新は、バイナリのネタで。
最近、メールでバイナリをやられてる方からのメールが多くて、バイナリのネタが少ない私にはとってはこちらもがんばらないといけないですね。(汗)

オーストラリアハイローでは、いつのまにか30秒制限のトレードも始まりましたね。
30秒トレードで、私も少しやりましたが、1分足チャートとTickのガン見で7勝1敗でした。
時間のたりない人にはおもしろいかもしれません。

バイナリの短時間トレードは、短時間で連勝できれば、それなりに利益を積み重ねることができますが、寝動きの幅ではなく、時間で決まるものであるため、タイミングがとても重要です。
逆張りであれば、サポートやレジスタンスラインからオシレーター系のインジと組み合わせてピンポイントで狙いやすく勝てる確率は高いと思いますが、順張りの場合は勢いがない状態ではリスキーなトレードになります。

普通のFX取引であれば、多少のドローダウンがあったとしても、気にしなくてもよい場面はいくらでもありますよね。
ただ、短時間のバイナリトレードでは、エントリーと逆方向に動かれると一瞬で負けます。
単純に流れに乗ってエントリーすれば儲かることもありますが、バイナリの場合は、短時間で逆に動く可能性が低い確率の時を狙うという考え方がFXのトレードよりもかなりシビアです。
となると、逆張りが有利にも思えます。

順張りの短時間バイナリで儲けようとするなら、チャートの形や勢いがあるときの見定め、経験則も大事です。

私は、最近は1分のトレードはやめて、3分や5分でバイナリをすることが多くなりました。
順張りでバイナリをするなら、それぐらいの時間は最低でも必要という考えに至ったため。
ですが、30秒トレードはたまにはいいかなと思ったり。(笑)
30秒でのトレードは1分足チャートとTickを見ながら逆張り的にエントリーしますが、オーストラリアハイローのTurboスプレッドでやれば、勝率5割以上でマイナスになることはなさそうにも思います。
もちろん、やり方しだいですが。
チャートの形が良くなり、勢いがあるときの30秒トレードはとても楽しいです。(笑)

私は、連続クリックでエントリーすることはほとんどありません。一つ一つのトレードが完了したあとに改めてチャンスを窺います。
普段、そんな感じでやっているため、突然そんなことをして勝てば、もちろん利益も大きくうれしいですが、負けた場合のことを考えると、金額が当然のことながらいつもより大きく感じてしまい、メンタル的にも不安定になりがち。
慣れないことはしないほうが良いということですね。(笑)
これは私の絶対的なルールの一つになってます。
勝つことばかりでなく、負けた場合にどう向き合うのか、向き合えるのかということを考えるのもFXでもバイナリでも重要なことです。

30 Second Binary options
関連記事
タグ: #バイナリオプション

短期バイナリをするときに。

ついに、ドル円が111円割れ。夕べは一瞬でしたが、110円も割れてました。
堅かった111円をこれだけ明確に割ったとなると、本格的な介入もしばらくはないかもしれませんね。私の感覚的には107円台に入ってくるまではなさそうに思いますが、ストップを忘れずに入れておくよう心がけましょう。
私は、成り行き新規注文と同時にOCO決済も自動的に入るようにしてあるので忘れることはないので、逆にそんなふうにできない取引システムは私としては使いにくいです。

相場の方は、昨日書いたように想定内の動きになってます。
それぞれのポイントとなる場所を全て抜けたような感じなので何事もなければ、いずれも下げ下げ。この状態であれば、クロス円は狙い目ですね。

今日も短期バイナリに集中してますが、やはりタイミングが大事で目が離せず、疲れます。(笑)
オーストラリアハイローにかかわらず、バイナリオプションのパソコン版取引システムはブラウザで取引するのがほとんど。
時間をかけてじっくりやるのであれば、ブラウザの窓をいくつも展開することはないですが、短期バイナリの場合、できるだけタイミングを逃したくないので、私は二つの窓を開いて使い分けてます。
下の画像はデモ版で、Internet Explorerを並べてみました。(普段はFirefoxを使ってます)

20160406.jpg
左は、スプレッド ON DEMAND/5分/AUDJPY。
右は、ON DEMAND/1分/AUDUSD。
というような感じで窓を別々に開いてうまく使い分けるのも良いと思います。(ログインした状態で新規ウィンドウを起動すれば、このような形で取引できます。)

今日は週のまんなか水曜日。サラリーマン時代は「毎週水曜日は定時退社日」でした。(笑)
バブルがはじけてからそんなこともありました。強制ではなかったですが、経費節約の一環でどうしてもそうなってしまいましたね。今はどうなんでしょうね。

ということで、また!

1000 min trade: city scape

関連記事
タグ: #バイナリオプション

バイナリの試練は続く。(笑)

先週の雇用統計以降、ドル売りが活発化してますね。
昨日の私は、バイナリだけしてました。回数はかなりこなしました。(笑)
62勝48敗。金額的にはそれほどでもなかったんです。なぜかというと、5分のシステムでトレードしたのが多く、途中で売却することが多かったので。今回もいろいろと勉強になる部分が多かった日でした。
まだまだ試練は続いてます。(笑)

相場の方は。。。
(画像は左が4時間足、右が日足)
ドル円

下方への勢いがつきそうに思いますが、日足ではレンジをはっきりとブレイクしたわけではないので、今日以降の動きに注目してます。

20160405_us.jpg
ユーロ円

日足では、一目均衡表の雲の上限に跳ね返された形。20SMA付近にいますが、ドル売りの強さがユーロドルに影響されるか、ドル円に影響されるか、単純についていくのは判断がなかなか難しいように思います。
4時間足的には下方向ですが、一目均衡表の雲に突入しており、日足の20SMA付近の動きということも考えると、ユーロドルの上げに影響されてまた上に向かう可能性も十分考えられます。
デイトレのショートポジションは利食いのタイミングが悩みどころかもしれません。

20160405_ej.jpg
ユーロドル

4時間足では、高値圏でもみ合ってますね。日足ではローソクの形があまり良くないように見えますのでロングをしかけるのもタイミングが難しい場面。勢いが今は少しないように思います。
が、もみ合っていることも考えつつ、ポジション取り、手じまいのタイミングをうまく判断したい場面。

20160405_eu.jpg
オージー円

下げの勢いが4時間足、日足でも見て取れます。ただ、オージードルがもみ合っているので、その影響がどこまであるか。オージードルの強弱にも注目しておきます。

20160405_aj.jpg
オージードル

4時間は、20SMAを下抜けして、下降してます。ただ、すぐ下には一目均衡表の雲があったり、120SMAがあったりでその辺に注目。日足ではRSIがダイバーになってます。20SMAが下に構えてます。ここを下抜けしていくかどうか注視しつつ、ショートポジションであれば、その辺で手じまいするかどうかを考えるイメージでいます。RSIがダイバーになっていること、20SMAの角度が変わり始めていることも考えると、一旦20SMAを下抜けするイメージもあります。

20160405_au.jpg

さて、今日はお昼頃にRBAの政策金利が発表されます。FXのほうはそれまで様子見。バイナリでチャンスがあれば楽しんでおこうと思います。(笑)

今日もがんばりましょ~!
関連記事
タグ: #バイナリオプション #テクニカル #考え方

アゲアゲですね。

今日の昼間はやりにくい動きがあったり、やりやすかったり。夜になってユーロが動き出したりと、トレード的には良い場面も悪い場面もあったという感じでした。
私は、バイナリの方だけやってました。今日はタイミングよく見れず、エントリーしたときに限って、値が止まったり、上下したりと。。。
結果的には負けてしまいました。。。残念。
バイナリを始めてからは、トータルで初めて負けました。。。
ユーロドルの夜からの上げで少し挽回したのですが、負けがかなり先行してしまい、挽回できずに終わってしまいました。
ま、こんな日もあるということで割り切ってます。

ドル円は昼間のうちに114円行くのかと思いましたが、失速してしまいましたね。日足的には今のところ上髭が出ていますが、またトライに行く可能性も十分ありますし、4時間足的にもまだ押し目が狙えそうな感じの形。

ユーロ円、ユーロドル、オージー円、オージードルは上げてきそうな形になってきましたね。
ユーロ円、オージー円に関しては、間近にレンジの高値があるので、抜けていくのかどうか注視しておこうと思います。
ユーロドル、オージードルに関しては、上は余裕がありますね。
いずれも、ドルの動きには気を付けながらという感じで。

さて、私は明日からというか、今日(3/29)から、友達に誘われて短期でボランティアのお手伝いに行ってきます。
震災から5年が経過し、仮設から引っ越す方が今年は多いらしく、そのお手伝いに。
どちらかというと、新しい引っ越し先でのお掃除やら整理やらそんな感じのお手伝いのようです。
荷物の運搬は業者がやりますからね。

おやすみなさい。
関連記事
タグ: #トレード #バイナリオプション #お知らせ
プロフィール

fxdetaku3

Author:fxdetaku3
管理画面

タクと申します。
常に淡々とトレードするほうが楽チン♪
普段取引している通貨ペアはユーロ円、ユーロドル、オージー円、オージードルの4通貨でデイトレ、FX専業です。
ファンダは苦手。システマチックにテクニカル重視の順張り。
とにかく、FXを楽しみましょう!




メールフォームはこちらをクリック。



【ガチンコFX】
FXライター高城のFXの儲けの極意は勝者に訊け」で、私のことが紹介されました。
高城さんの最新の記事はコチラ。
「ガチンコFX」では、奈那子さん西原さん羊飼いさんのコラムもあります!

【ご注意】当ブログの内容に関し、その正確性、有用性、確実性その他いかなる保証もするものではありません。ご利用により万一何らかの損害が発生したとしても、私は一切責任を負いません。真似をしようとせず、考え方が参考になれば幸いです。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
タグ
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
訪問者数
TOTAL: 無料カウンター
TODAY: 電話占い YESTERDAY: パワーストーン

本日のPV数